エアライン留学とは?

About

エアライン合格を目指した
カリキュラム

エアライン業界への就職を徹底的に意識したカリキュラム構成です。英語とカスタマーサービススキルを学び、最後に空港などのサービス業でインターンシップにチャレンジします。空港でのインターンシップに向けて面接があるため、英語での面接対策もしっかり指導を受けられます。

本格的インターンシップでカスタマーサービスを体験

国際空港で空港をご利用のお客様への接客や、特定の航空会社所属で地上職のアシスタント業務など、到着から出発まで空港のお仕事やカスタマーサービスの現場を体験します。空港でのインターンシップの他に、一流ホテルやショップングモールでのインターンシップも可能です。
※インターンシップとは、空港での無給ボランティアを指します。

1年以内の留学で身につける「英語力」と「自信」

前半は、語学学校にて英語の底上げをすると共に、カスタマーサービススキルを身につけ、後半の3ヶ月はインターンシップを経験。6〜12ヶ月という短期間でエアライン合格への高い語学力と確かな自信を身につけます。

選べる研修地

研修先は2都市。アメリカ西海岸のワシントン州シアトルとカリフォルニア州サンディエゴです。いずれも美しい英語が話され、治安の落ち着いた住みやすい都市として知られています。プログラム内容も研修地ごとに特色があるため、ご自身の目的や英語力、好みに応じて研修先が選べます。

就職にも強いエアライン留学

エアライン業界では、高い英語力と専門知識に加えて異文化理解やコミュニケーション能力が求められ、採用試験で合格を勝ち取った人は海外経験者がほとんど。AIPは単なる語学留学と違い、語学研修とホスピタリティ研修、加えて海外の空港でのインターンシップが経験でき、就職活動において大きなアドバンテージを得られます。

エアライン就職者のほとんどが留学を経験

留学経験者87% 留学経験なし13%

合格者30名のうち、26名が留学経験者。TOEIC保持者の平均スコアは833点。
▶︎ 有効アンケートアンケート回答者30名

留学経験者87% 留学経験なし13%

合格者15名のうち、13名が留学経験者。TOEIC保持者の平均スコアは844点。
▶︎ 有効アンケートアンケート回答者15名

留学経験者70% 留学経験なし30%

合格者27名のうち、19名が留学経験者。TOEIC550点が合格資格ラインだが、面接はほとんど英語で行われている。
▶︎ 有効アンケートアンケート回答者27名

動画で見るエアライン留学

エアライン業界では、高い英語力と専門知識に加えて異文化理解やコミュニケーション能力が求められ、採用試験で合格を勝ち取った人は海外経験者がほとんど。AIPは単なる語学留学と違い、語学研修とホスピタリティ研修、加えて海外の空港でのインターンシップが経験でき、就職活動において大きなアドバンテージを得られます。

AIPとは

エアライン業界で必要とされる資質、そして英語力を身につける為のエアライン留学プログラム(AIP)の紹介

シアトルコースについて

住みやすい環境で、スターバックスを生み出した国際都市、シアトルで学びます。トレンド発信エリアにある学校で学びます

サンディエゴコースについて

温暖な気候とビーチに恵まれた、エキゾチックで魅力的なサンディエゴ。長めの留学期間でじっくりと英語力と専門スキルを身につけます

プログラム内容、受講生体験談

インターンシップの為の英語力とスキルを磨くAIPのプログラム内容と受講生からのプログラム、インターンシップでの体験談
※インターンシップとは、空港での無給ボランティアを指します。

© 2016 ICC. All Rights Reserved.