国別現地滞在ガイド スイス

都市/州の概要

ホテル学校といえばスイスが挙げられるほど、スイスのホテル学校は世界的に有名。プロのホテルマン養成において世界最高峰と呼び声が高いスイスで、本場のホテルマネジメントを学ぶことができる。国際的な機関が集まるこの国では、複数の言語を教えている語学学校が多いのが特徴。

ジュネーブモントルー

※↑下線の付いている地名をクリックすると都市情報が見れます

国データ

面積: 4.1万平方キロメートル(九州本島よりやや大きい)
人口: 770万人(2008年)
首都: ベルン
人種: 主にゲルマン民族、その他外国人約20%
在留邦人数: 8,499人(2009年)
主要言語: 独語(63.7%)、仏語(19.2%)、伊語(7.6%)、レート・ロマンシュ語(0.6%)、その他(8.9%)
宗教: カトリック約41%、プロテスタント約35%、その他
政治: 連邦共和制(26の州(カントン)により構成される)
議会: 上院及び下院の二院制
元首: ドリス・ロイタード大統領(兼環境、運輸、エネルギー、通信大臣)(キリスト教民主党)(2010年1月就任、任期1年)
気候: アルプスが国土を東西に横断しているので、アルプスの南側と北側、山間部と平野部では気候が大きく異なる。アルプスの南側は比較的温暖。北側は他の北ヨーロッパ国同様、秋から冬にかけて曇りがちの日が多く寒い。6月末〜9月が夏。12〜3月が冬。春、秋は短い。
時差: -8時間(3月最終日曜日から10月最終日曜日まではサマータイムとなり、時差は-7時間)
主要貿易相手国: 輸出は約60%、輸入は約80%が対EU諸国
日本との関係: 1864年に修好通商条約を締結。伝統的に友好関係。2005年4月の日・スイス首脳会談において、広く二国間の経済関係強化のあり方につき両国の政府間で共同研究を行うことで合意し、2005年10月末に共同研究第1回会合が開催された。
通貨: 為替レートを見る(Yahoo)
地域: 小さい国の中で、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つの公用語が使われるために、エリアによって町の雰囲気が違うのがスイスの特徴。首都はベルンだが、経済や文化の中心となっているのは、国際空港があるチューリッヒだ。
周波数: -

スイス関連リンク

スイスで実施しているICCプログラム一覧

スイスホテルマネジメント留学プログラム

世界最高峰のホスピタリティ教育に学ぶ。

ホテル教育の本場、スイスの専門スクールでホテルマネジメントを学びます。業界未経験者から業界人までに対応した様々なコースが提供されており、ホテル業界を目指す高校生や大学生、そしてキャリアアップや転職、海外就職を目指す社会人にお薦めです。プログラムには、スイスでの有給インターンシップが含まれます。

対 象:社会人・大学生・高校生
渡航国:スイス(モントルー)
期 間:1年・2年・3年