【連載3回目】グリフィス大学の語学研修プログラムとは?~テスト編~

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の青木太一と金森裕実です。私たちが参加している IBP ビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの1学期目の語学研修プログラムについて、全5回にわたってご紹介しています。

第3回目は、語学研修プログラムのテスト勉強に関してご紹介します。

<過去の連載>
【連載1回目】グリフィス大学の語学研修プログラムとは? | Global Vision
http://www.iccworld.co.jp/ibp/globalvision/life/2479.html
【連載2回目】グリフィス大学の語学研修プログラムとは?~科目編~ | Global Vision
http://www.iccworld.co.jp/ibp/globalvision/life/2571.html


青木 太一(あおき・たいち)
横浜国立大学 経営学部 4年

2017年3月よりIBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースに参加中。学部授業ではアジア学を中心に勉強し、課外活動では日本でのダンス経験を活かし、オーストラリアでも University of Queensland のダンスサークルに所属している。10月末からゴールドコーストにてインターンシップを予定。


金森 裕実(かなもり・ゆみ)
上智大学 総合グローバル学部 4年

2017年3月よりIBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースに参加中。大学では主に観光学とマーケティングを勉強し、学部授業と並行して日英バイリンガル小学校でのボランティアも行っている。10月末からは、オーストラリアのレインボービーチにある旅行会社にて12週間のインターンを予定。

語学研修プログラムのテスト勉強は日本の大学受験勉強並み?

(図書館では、日ごろから多くの学生が勉強しています。この日は日曜日にもかかわらずたくさんの学生の姿が…)

この IBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースは、(1)語学研修、(2)学部授業、(3)インターンシップの3学期から構成されています。2学期目の学部授業を現地の学生と一緒に受講するためには、1学期目の語学研修で一定の成績を修める必要があります。

前回の記事で紹介したように、語学研修プログラムの4つの科目それぞれの課題や小テストで必要な成績を修めることができたら、晴れて語学研修プログラム合格!!...…と簡単にはいかないのがこのオーストラリア、グリフィス大学コースです。

参考)【連載2回目】グリフィス大学の語学研修プログラムとは?~科目編~ | Global Vision
http://www.iccworld.co.jp/ibp/globalvision/life/2571.html

実は最終的な成績のうち、課題(Assignments)や小テストが占める割合は平均すると約50%(CT:40% LU60% RP:40% IS:60%) にしかなりません。つまり、最後のテストで失敗してしまうと、9週間必死に頑張ってきた努力がすべて水の泡になる可能性も…。

最終テストの内容は、課題や小テストと同様に大学での正規授業を意識した形態になっています。4つのうち3つのテストでは様々なエッセイを書き、残りの1つは文法などの基礎的な知識を試されます。

3つのライティングは、それぞれなんと2時間もかけて行われます(国語や英語のセンター試験を思い出して、くらっと来たのは私だけじゃないはず)。ライティングのテストとはいっても、その場で自分の意見を述べるだけでなく、教科書を読み込んでいなければ解けない問題が出題されるため、テスト前の準備がとても重要になってきます。

私は、普段から課題を終わらせるために、16時ごろから図書館が閉まる深夜0時まで勉強していましたが、テスト期間中は14時から図書館で勉強し0時からは寮に帰って夜中の2時まで勉強していました。その期間中に図書館にいけば、IBP生との遭遇率100%なんていう噂も…?

一見つらそうなテスト勉強にも、実はたくさんのメリットが…?

(連日のテスト勉強で疲れがたまり、勉強中に居眠りをする友達を激写!)

もしかしたら「これは大変そうだ…」「私にはハードルが高いかも…」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?実際に私の友達のなかには「今までのテスト勉強のなかで一番勉強したかも…」と言っている人も。
 
しかし、このテストはただ単にハードに作られているわけではなく、学期目の学部授業のテストの予行演習になっているんです。その理由を何個か紹介していきます。

1. 様々なテストの種類を知ることができる。

オーストラリアの大学にも、日本の大学と同じように持ち込み可能なテスト(Open book exam)と、持ち込み不可のテスト(Closed book exam)があります。この語学研修プログラムでも科目によって、持ち込み可能なテスト、持ち込みができないテスト、選択問題などの種類があり、それぞれに対応しながら準備しなければいけません。このような様々な種類のテストに合わせて勉強することで、学部授業でどんなテストが課されても、焦らずに準備ができるようになります。

2. 長いテスト時間(約2時間)でも集中力を保つことができるようになる。

日本の大学では1時間半ほどで行われるテストが多いですが、ここ、グリフィス大学では2時間かけて行われることがほとんどです。実際に私のとった科目のうちの1つでは、70問の選択問題と500文字のエッセイを2時間で解かなければいけないテストがありました。語学研修プログラムで2時間ほどのハードなテストを乗り越えることによって、学部授業で生き抜く力をつけることができます!

3. 勉強癖が付く

日本の大学で3年間のらりくらりと過ごしてきた私は、勉強癖がすっかりなくなっていました。今振り返ってみるとこのテスト勉強は、学部授業に向けての良いリハビリになったと思います(この語学研修プログラムなしで学部授業をとっていたらもっと苦しかったはず…)また、知識を暗記すれば点数が取れる日本の大学のテストとは違い、オーストラリアではエッセイを書くことが多く、エッセイを書くためのテスト勉強に慣れることができたのも非常に良かったなと思います。

テスト勉強は忙しく大変だけど、良いこともたくさん!

第3回の記事では、語学研修プログラムのテスト勉強についてご紹介させていただきました。4科目をそれぞれしっかりと準備しなければ、学部授業に進むことができないため、そのハードさが伝わったかと思います。

確かにテスト勉強は大変ですが、すべてが学部授業の勉強につながります。せっかく留学するならしっかりと英語の勉強がしたいという人には、この IBP ビジネス留学プログラムグリフィス大学コースを絶対にお勧めします!
 
次の第4回目では、語学研修プログラムの特色についてご紹介します。次回もお楽しみに!

(この記事の情報は2017年10月現在に基づいて書かれています。)

<これまでの連載記事>

【連載1回目】グリフィス大学の語学研修プログラムとは?

【連載2回目】グリフィス大学の語学研修プログラムとは?~科目編~

留学生活

皆さん、こんにちは。ブリスベンオフィスの清水です。 ブリスベンでは年間で一番寒い時期が到来し朝方の気温が一桁台の今日この頃です。 さて今年も留学生とブリスベン駐在員の方々による交流会第3弾が某外資系監査法人オフィスのご協…

シアトルで活躍する日本人の方にお話を伺うこの企画、今回はシアトルでバイオベンチャー Acucela Inc. を立ち上げた窪田良さんにお話をお聞きしました。 話を聞いた人:窪田良(くぼた・りょう)MD, PhD Acuc…

イギリス英語と言えば、一昔前の BBC で使われていたような "クイーンズイングリッシュ"、あるいは"容認英語" と呼ばれる正統派英語のイメージが強いのではないでしょうか? ※エリザベス女王は "容認英語" の代表 でも…

現在ロンドンに留学中の外山聖(そとやま しょう)さんは、9月に留学をしたばかり。 そんな彼は今ロンドンのサッカーチームに夢中です。ビジネス留学であるIBPに参加しながら、スポーツにもチャレンジしている外山さんに、今の生活…

筆者はIBPビジネス留学を実際に体験した奥岡権人くん。彼の体験レポートを参考に、IBPのイメージを膨らませよう! こんにちは、IBPの卒業生の奥岡権人@ketokunsanです。 前記事では「留学行ったら人生変わった」み…

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の中村莉那と廣田誠治です。私たちは今 IBP ビジネス留学プログラムで、オーストラリアのブリスベンに留学しています。 留学する前、私たちは「実際に留学で得られる変化や…

  ウエストミンスター大学コース 50期生 創価大学経済学部経済学科3年(プログラム参加時)。留学前にもさまざまなプロジェクトや国際交流・リーダーシッププログラムなどを通して積極的に海外へ渡航し、土台を構築。留…

筆者はIBPビジネス留学を実際に体験した奥岡権人くん。彼の体験レポートを参考に、IBPのイメージを膨らませよう! こんにちは、立教大学4年の奥岡権人@ketokunsanです。 IBP修了生で、1年間オーストラリアのブリ…

筆者はIBPビジネス留学を実際に体験した奥岡権人くん。彼の体験レポートを参考に、IBPのイメージを膨らませよう! こんにちは、IBPの卒業生の奥岡権人@ketokunsanです。 最近は、衰えた英語力を取り戻したいのに、…

日本でアクティブに活動していたりすると、「留学先でもサークルやクラブを立ち上げてみたい」と思うことがあるのではないでしょうか?しかし、慣れない環境でどうやってクラブを立ち上げ、活動を広げていけば良いかわからない、という人…