トップ > 体験談

諦めないこと、決断力、そして​人脈

00

名前:小田原 秀(おだわら すぐる)さん
参加コース:ベトナムインターンシップ
留学期間:2014年8月〜9月
インターン先:日系出版会社
千葉県出身 大東文化大学 3年生(当時)
壁につまずいても工夫をしてどうにか立ち回ることで壁を乗り越えられると感じた

02

インターン時の経歴を教えてください

大学3年法学部政治学科

プログラムに参加しようと思った理由は?

海外インターンは日本のインターンよりも本格的で新入社員と同じような扱いを受けてがんがん働く聞いたことがあったため、最初から海外インターンに興味があった。

ベトナムを選択した理由は?

海外インターンには興味があったが、自分の英語力の低さは自覚していたため、ネイティブの英語圏に行くのは無理だと判断し、アジアの日系企業へ行こうと考えた。その中でベトナムは今ものすごく発展段階にあり、親日ということで行ってみたいと思った。

同プログラムで達成しようと思っていた目標は?

営業職だったため、契約を一件でも取ること

インターン先での具体的な仕事内容を教えてください

一人で飛び込みの広告営業、営業の合間の時間にデータ処理(エクセル、ワード(費用対効果のまとめなど))、HP編集等を実施した。
02

苦労した事は何ですか?また、その苦労をどのように克服しましたか?

英語クライアントへの営業。英語力が欠けていたため、営業なんてもってのほかだと思っていたが、事前に準備し話せなくて自分で作った資料を読んでもらうなどして、必要最低限のことだけでもやれるようにした。逆に日系企業でも「日本語が使えて楽勝だ」などと思っていたけれども、日系だからこそ飛び込みに対して対応してくれなかった。ここではわざと受付で英語がわからないふりをし、日本人が出てくるまで待つ。といったように工夫して話にこぎつけるなどして克服した。

特に印象に残っている出来事(良かった点、ビックリした点、苦労した事など)は何でしたか?

2件契約をとることができたこと。友達がいきなりタクシーでぼったくられたこと。

インターン体験によって得たものはどんなことですか?

諦めないこと、決断力、そして人脈。壁につまずいても工夫をしてどうにか立ち回ることで壁を乗り越えられると感じた。

滞在先について教えて下さい

最高でした。ホテルの社長さんがいろんなことを案内してくれたり、なんでも教えてくれたり、みんな家族のような感じで過ごしました。

休日はどのように過ごしましたか?

インターンのメンバーでいろんなところへ出かける。会社の上司と出かける。
02

今後の展望や将来の夢を教えてください

今回は英語ができなくても工夫によって何とかなったけれども、それは短期間で仕事をしているからこそできた付け焼刃な対策であり、長期的に見たらまだまだだと感じたので英語力をもっと伸ばしたいと感じた。IBPのプログラムに参加したいと思う。

海外インターンシップを考えている方にアドバイスを御願いします。

一ヶ月という期間インターンシップすることは日本では難しいと思う。しかし、一ヶ月という期間だからこそ、その業種の深いところの仕事まで経験し、いろんな考えを得られると思う。そして、英語力で迷っている人は是非ベトナムをお勧めしたい。英語ができなくても、根気や工夫で立ち回ったりして、結果を残すことができる。そして、いろんな可能性に気づくこともできると感じた。この経験は絶対に無駄にはならないと思う。

Print Friendly, PDF & Email