トップ > 体験談

自分がマイノリティな存在になって初めて気づけることがたくさんあった

00

名前:岡村 智瑛花(おかむらちえか)さん
参加コース:ブリスベン
留学期間:4週間
インターン先:高級ホテル
国際学部 国際学科 2年生(当時)
08:00
出社、グラス磨き
10:00
モーニングティー準備、部屋のリフレッシュ
12:00
ランチの用意
13:30
お昼休憩
14:20
アフタヌーンティーの準備
15:00
会場の片付け、翌日のセット
16:00
退社
18:30
ホストファミリーと夕食

インターン時の経歴を教えてください

国際学部、国際学科、2年

プログラムに参加しようと思った理由は?

将来のために英語力とホスピタリティスキルを身につけたかったため。また、ホテルでのバイト経験があったので、日本のホテルと比べてみたいと思った。

なぜブリスベンを選択しましたか?

英語圏で治安が良かったから。ブリスベンだからというよりは、ここのホテルでインターンしてみたいと思ったから。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

会場の準備、会議室のリフレッシュ、お客さんの対応、グラス磨き

インターン中に心がけていたことは何ですか?

次の仕事を待つのではなく、自分から聞きに行くこと。毎日どんなことでもいいから自分から質問することを心がけた。

苦労した事は何ですか?また、その苦労をどのように克服しましたか?

様々な英語があり、お客さんの英語が聞き取れない事に苦労した。紙に書いてもらい、聞き取ったままの英語を覚えて職場の人に理解してもらう事で対応した。

滞在先はどうでしたか?

とてもフレンドリーな家族で、よくホストマザーの友人が遊びに来ていた。なんでも親身に考えてくれた。大まかなルールはあったが、自由に過ごせて生活しやすかった。

休日はどのように過ごしましたか?

最初の方は一人で観光していたが、インターン先でできた友達と遊びに行ったりもした。滞在先に別の留学生と出かけることもあった。

02

特に印象に残っていることは何ですか?

バスのアナウンスがないので降りる場所をちゃんと見ていないと降りそびれてしまう。Lovely という言葉を使う頻度が多いなと感じた。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

自分にできることとできないことがわかった。自分の英語には自信がなかったけど、お客さんの要望に受け答えできたり、自分で気づいて行動できたりしたことで自信が得られた。働くにあたり自分が何を重視しているのかがわかった。

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

仕事をする上で、自分が重視したい要素がわかったので、企業の選択肢を狭められると思う。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

自分にはできないと思っていた事ができたり、自分の英語が伝わったりする事で自信がつくと思います。日本から出て、自分がマイノリティな存在になって初めて気づけることもたくさんあったので海外インターンシップはおすすめです!

Print Friendly, PDF & Email