各航空会社のCAの制服事情

CAの制服はその航空会社の顔といってもいいほど、お客さんにとっても印象深いもの。また、CAを目指される方も、どの航空会社を志望するかを考えるときに、やはり制服も気にされる方もいるほど。

いくつかの航空会社の制服について調べてみました。

人気の高いシンガポール航空

伝統民族衣装のサロンケバヤ

ピエール・バルマンがデザイン。この制服のためにシンガポールガールを目指す方も少なくありません。

体にフィットして一人一人に合わせて作られる

採寸から仮縫い、仕上がり、と3回のフィッティング工程を経て一人一人に合わせて作られます。そのため、太っても、やせてもだめ。髪型も、また、体にフィットした制服ならではの美しい立ち居振る舞いのレッスンがあるそうです。

ただ、このサロンケバヤの制服、とても破れやすいとのこと・・・。一着必ず予備を持たなければならないルールがあるそうです。

サロンケバヤに合わせた装飾品・メーク・髪型

とても厳しく装飾品やメーク、髪型のルールが決められています。例えば、アイシャドーは本人の肌の色に合わせて青か茶色を使用。マニキュアも明るい赤。と決められています。

シンガポール航空を利用した方は特に、髪型が印象的ではないでしょうか。いわゆる夜会巻きといわれる髪型もアジアンテイストな雰囲気です。

制服の色でわかる階級

実はこの制服、色によって「階級」がわかるというもの。視覚によってお客様からも自分たちからもそれぞれの階級が一目でわかるシステム。これにより、それぞれの自覚を促し、サービス向上につながっているのでは、との一説もあります。

ちなみに、色と階級は下記のとおり。ちなみに男性の階級は下記と同様の色をネクタイで示しているとのこと。

  • 青 – 客室乗務員
  • 緑 – 指導客室乗務員
  • 赤 – チーフ
  • ワインレッド – 管理監督者

シンガポール航空のCAの応募条件

・18歳以上であること

・高い英語力(これがポイント。特にTOEICなどの点数は課せられません。英語が使いこなせることが大前提です。)

・身長が158cm以上

・短大または大学卒業以上の学歴

CAを目指す方に人気のシンガポール航空。日本人のCAは約150人ほど、と決して多くありませんが、ニーズに応じて随時募集がかかります。希望する方はこちらを随時チェックしましょう。

あなたのANA!?

「あなたのANA」というキャッチフレーズを考え、面接で披露したところ採用が決まった、という都市伝説があるそうです。

実際のコーポレートスローガンは「あんしん、あったか、あかるく元気!」

やはりCAを希望される方には根強い人気があります。

ちなみにANAの女性CAの制服はブラウスとスカーフは、ブルー、ツイード柄ブルー、ツイード柄ピンクがあるそうです。

ただし、シンガポール航空と違って、どの色のブラウスにするかは「その日の気分」。だそうです。階級によって異なることはないそうです。

LCCの制服

LCC系のエアラインは比較的ビビッとなカラーのものが多い印象です。

ジェットスターはオレンジ、バニラはスカイブルー、ピーチはコーポレートカラーのピンク。

ピーチは制服も飛行機もチェックインのための機械もぜーんぶピンク♡

 

国際空港でインターンシップができる留学プログラム

人気のエアラインインターンシッププログラム(AIP)。英語力強化、ホスピタリティ研修を含むこのプログラムは、外資系、日系の航空会社への就職を希望する方に人気です。

CAを目指される方は必見!

お問い合わせはラジオ大阪国際交流委員会まで。

2017-09-07 | Posted in インターンシップの留学No Comments » 

関連記事