大学院に留学する

留学先の都市

オーストラリアの都市/大学の所在地

都市名をクリックすると都市情報が見れます

パース アデレード バララット ワーナンブール メルボルン ブリスベン ゴールドコースト シドニー ウーロンゴン キャンベラ ホバート

オーストラリアをgoogle mapで見る




オーストラリアデータ

面積: 7,692,024平方キロメートル(日本の約20倍)
人口: 約1,971万人(2002年国勢調査)
首都: キャンベラ(人口約32万人)
人種: アングロサクソン系等欧州系人等
在留邦人数: 52,970名(2006年)
主要言語: 英語
宗教: キリスト教(英国国教会、プロテスタント、カトリック等)
政治: 立憲君主制
議会: 二院制(上院定員76/下院定員)
元首: エリザベス二世(英国女王)。ただし、通常は連邦総督が代行
気候: 地域により大きく異なるが、シドニー、メルボルン、パースなど温帯性気候の地域は気候がはっきりしていて比較的穏やか。
時差: オーストラリアには3つの時間帯があり、日本との時差は地域により1時間プラスから1時間マイナス。
メルボルン、キャンベラ、シドニーなどの東海岸地域は1時間プラス。アデレード、エアーズロックなどの中央部は30分プラス。パースなどの西海岸は1時間マイナスとなる。また、サマータイムを実施するメルボルン、キャンベラ、シドニーなどでは、通常毎年10月最終日曜から3月第1日曜までは2時間プラスとなる。
主要貿易相手国: 日本、米国、中国、ニュージーランド、韓国を含むアジア諸国等
日本との関係: オーストラリアにとって、日本は第1位の貿易相手国。経済や観光、教育を通して日本との交流が盛んで、つながりも深い。政府は多文化政策の一環として、国民が英語以外の言語を学ぶことを奨励しており、アジアを重視するお国柄も手伝い、アジア圏の言語学習者は多く、中でも日本語は最も人気がある言葉として知られる。
通貨: 為替レートを見る(Yahoo)
地域: 6つの州と1つの準州、首都特別地域に分かれ、全ての州が知事、州首相、大臣からなる州議会を持つ。
周波数: -

オセアニア大学院6つの特徴 大学院のシステム 英語のフォローアップシステム 世界が認める高い教育水準 学費と生活費(物価) 留学先の都市
SPECIAL CONTENTS 成功させる留学Q&A 就職サポート 体験談 オフィスで相談 メールで相談 カウンセラーブログ 英文レターサンプル ICC提携大学 大学・大学院 合格判定の申し込みはこちら マレーシア留学

大学院留学TOP


ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階
株式会社 ICCコンサルタンツ ※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員

一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者