大学院に留学する

大学院のシステム

オーストラリア・ニュージーランドの大学院システム

オセアニアの大学は日本やアメリカの大学と学位のシステムや開講時期が若干異なります。 学位はAQF (Australian Qualifications Framework)で明確に資格のレベルが分かれています。そのため、例えばMasers degreeはどの大学で取得したとしても資格そのものに違いはなく、一律で修士号として認定されることになります。

Bachelor Degree(3年~5年)

学士号課程。通常日本の4年生大学卒業後に得られる学位。


Postgraduate Certificate(約6ヶ月)

大学院コースの一部で、Masterに直接入学するには、過去の履修経歴等が不足する場合、このコースを経由することでMasterあるいはPostgraduate Diplomaへの入学が可能になる場合もある。ただし、日本にはない資格のため、このコースだけを終了しても認知してもらうことが難しい。


Master Degree(1~2年)

修士号の総称。オーストラリアの修士号はCourse Work(コースワーク)と呼ばれる講義履修が主体のものとResearch(リサーチ)と呼ばれるPh.Dと似た研究主体のものがある。
Courseworkは学士号を取得していることが入学条件となり、Researchは学士課程でHonoursに相当する研究課程を終えていることが条件となる。
一般的に基本の大学4年を卒業し、その後Masterに進む場合にはコースワークを勉強する。

Bachelor Degree(Honours)(1年)

学士課程修了後に1年間リサーチを追加した学位。Bachelor取得時に成績が優秀な場合に進むことが出来る。終了後は直接Masterに進学できる。


Postgraduate Diploma(通常1年)

Certificate同様、大学院コースの一部。Masterに直接入学するにはGPAなどの成績が若干不足する場合、このコースを経由することでMasterへの入学が可能になる場合もある。ただし、日本にはない資格の為、このコースだけを終了しても認知してもらうことが難しい。


Ph.D(3年)

博士号課程。Supervisorとなる指導教授についてリサーチを進める。Honours、もしくは相当する学士号、または修士号を取得していることが入学条件。




入学時期と大学カレンダー

オーストラリア・ニュージーランドの大学は2期制の大学がほとんどですが、一部大学や専攻等によって、3期制を取り入れている大学もあります。

<2期制の場合>

前期をSemester 1, 後期をSemester 2と呼びます。
Semester 1は2月下旬から3月上旬にスタートし、6月下旬まで。
Semester 2は7月中旬から11月下旬までです。

<3期制の場合>

Trimesterと言い、Trimester1から 3まであります。
Trimester 1は3月上旬から6月上旬まで。
Trimester 2は7月上旬から10月上旬まで。
Trimester 3は11月上旬から2月上旬までです。

大学院入学前に英語研修を付ける場合、日本を出発出来る時期にもよりますが、以下の日程が一般的です。

11月上旬   10週間   2月下旬   翌年12月
英語研修開始   英語研修   大学院入学   卒業
4月下旬   10週間   7月中旬   翌年6月
英語研修開始   英語研修   大学院入学   卒業

※上記はあくまで参考例です。英語力によって、英語研修の期間は異なります。また、卒業時期は1年間でコース修了となる場合で試算しています。


オセアニア大学院6つの特徴 大学院のシステム 英語のフォローアップシステム 世界が認める高い教育水準 学費と生活費(物価) 留学先の都市
SPECIAL CONTENTS 成功させる留学Q&A 就職サポート 体験談 オフィスで相談 メールで相談 カウンセラーブログ 英文レターサンプル ICC提携大学 大学・大学院 合格判定の申し込みはこちら マレーシア留学

大学院留学TOP


ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階
株式会社 ICCコンサルタンツ ※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員

一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者