公式出願窓口 ICCについて

公式出願窓口について

認定を受けたOfficial Representative
オーストラリア・ニュージーランドの大学に代わって出願を受け付けます。

出願は手続き費用を頂かずにお手伝いいたします

ICC国際交流委員会はオセアニアの大学・大学院留学のパイオニアとして、20年に渡り皆様の留学を応援し、サポートし続けています。これまでICCを通し500名以上をオセアニアの大学院留学へ派遣してきました。人生において重要な決断とターニングポイントとなる留学を、ベストな選択が出来るためのコンサルティングを通し、皆様の将来設計を作るためのサポートを提供しております。

皆様の留学をサポートするカウンセラーは海外の大学、大学院への留学経験者です。これまで皆様の目的や希望に沿って個々にアドバイスをすることで、留学を成功に導いてきました。ICCが紹介する大学はバラエティ豊富な提携先となり、オーストラリアについては世界的にも評価の高い、Group of Eight(豪トップ8大学)全8大学と正式に提携している国内唯一の留学エージェントとなります。毎年、ICCでは大使館、州政府等からの協力、賛同のもとに留学フェアやイベントを開催し、皆様に留学をより身近に感じて頂く機会を設けております。また、ICCでは非常に優れた留学英語準備講座(ICCアカデミー)を持っており、効率的で的確な指導で皆様の大学院留学をより確実なものにしていきます。

オーストラリアとニュージーランド全ての大学は、留学希望者に対する情報提供とサービスの充実を目的に、大学が設ける基準に沿って公式出願窓口として留学エージェントを認定しています。
ICC国際交流委員会はオーストラリア・ニュージーランドの22大学から認定を受け、大学のRepresentative(代理人)として大学、学部に関する質問に答えるのはもちろんのこと、無料で出願手続きのサポートをします。

大学が設ける基準

オーストラリアとニュージーランドの大学は、各大学が設ける基準に基づき査定して、公式出願窓口を認定します。基準は大学により異なりますが、一般的にはエージェントの信用、実績、評判、専門性、スタッフの質などを総合的に判断し公式出願窓口として適性か否かを判断します。公式出願窓口を希望する全てのエージェントが認定を受ける訳ではありません。
一般的には名門大と呼ばれるGroup of 8の大学はその審査基準が厳しく、特にメルボルン大学、オーストラリア国立大学、シドニー大学、クイーンズランド大学などは公式エージェントの指定基準が高いことで知られます。

公式出願窓口としてICCが無料で行うサービス

無認可エージェントには注意!

巷にはあたかも大学から認定を受けている様に見せかけて、実は無認可であるエージェントがあります。オーストラリア・ニュージーランドの大学は公式出願窓口以外のエージェントからの出願書類を受理しないことがあるため、出願者は注意が必要です。

認定エージェントと無認可エージェントの見分け方

エージェントのHPではなく、各大学のホームページから確認するのが最も信頼性が高いでしょう。大学のホームページにはRepresentativeあるいはAgentのデータベースがあります。

  1. 大学ホームページのinternational student(留学生向けページ)を探します。
  2. 出願方法について記載されたページの中で'Representative'あるいは'Agent'と書かれたメニューやリンクボタンを見つけます。
  3. 一覧表の中から'Japan'を指定し、検索すると公式出願窓口を見つけることが出来ます。

公式エージェントの特長

正確、最新の大学情報を提供

公式エージェントには大学から常に最新の情報が送られています。これにより、公式エージェントは大学が公認する相談窓口として、正確かつ適切な情報を出願希望者に提供することができるのです。
また、公式エージェントだけがログインできる大学のホームページがあり、そこでも情報を確認することができるようになっています。

証明書類の認証機関

成績証明、卒業証明、語学力証明等の出願書類には正規の認証(書類が正式なものであることを証明すること)が必要になります。公式エージェントはその全てまたは一部を認証する権限を大学から付与されています。

出願サポート(無料)

留学希望者は公式エージェントを通じて、大学への出願ができます。公式エージェントを通じて出願するメリットは、出願書類の最終確認ができるほか、出願後のフォローアップも公式エージェントに依頼することができることです。

出願後の進捗をチェック

公式エージェントを通して出願した場合、大学への審査状況の問い合わせは公式エージェントを介してできます。公式エージェントは大学のAdmission Office(入学事務局)を含め、International Office(留学生事務局)、さらには各学部スタッフとも直接連絡が取れます。これにより、個人からの大学への問い合わせで起こり得る、返答に時間を要する/返答がない、といった事態を防げます。

大学担当者が定期訪問

大学のInternational Officeスタッフをはじめとする大学スタッフは、公式エージェントを訪問するために定期的に来日します。公式エージェントはそういった機会を利用して、個別の相談会や面接などを無料で実施しています。

政府公認の留学カウンセラーが対応

ICCの留学カウンセラーはオーストラリア政府公認の留学カウンセラー資格(PIER: Professional International Education Resources)およびEducation New Zealand 認定のNZ Specialist Agent資格保持者です。
これらの認定資格はオーストラリア、NZの留学をサポートする上で、一定の知識をクリアしている証明となり、安心してサービスを受ける事ができます。

公式出願窓口について 公式出願窓口ができること 提携校一覧
SPECIAL CONTENTS 成功させる留学Q&A 就職サポート 体験談 オフィスで相談 メールで相談 カウンセラーブログ 英文レターサンプル ICC提携大学 大学・大学院 合格判定の申し込みはこちら マレーシア留学

大学院留学TOP


ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階
株式会社 ICCコンサルタンツ ※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員

一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者