公式出願窓口 ICCについて

公式出願窓口ができること

ICCは公式出願窓口として以下のサービスを無料で提供しています。

留学カウンセリング

ご希望の大学についての留学相談に対応します。
カウンセリングはご予約の上、最寄りのICCオフィスまでお越し下さい。電話やオンラインカウンセリングも承っておりますのでご活用下さい。

こんなポイントについてもご相談下さい

大学から提供される最新の情報と、多くの学生を送り出してきた実績から、オーストラリアの大学院留学事情、大学及び専攻選びのポイント、入学条件や入学方法、入学基準に満たない方向けの英語準備コースを含むパスウェイプログラムの内容、手続きの進め方、各種専攻についての情報提供、費用概算などについてもご希望に応じて情報を提供します。

出願書類確認と出願代行

出願に必要な書類に不備がないか確認します。また認証(Certify)が必要な書類もICCで認証のうえ受理し、大学に送ります。

認証とは?

Transcripts(最終成績証明)、Graduation Certificate(卒業証明)、IELTS/TOEFLのスコア、その他資格書類(教員免許等)などが本物であるかどうか、証明することを認証(Certify)といいます。
オーストラリア・ニュージーランドの大学はたとえTOEFLやIELTSなどのテストセンターから直接送られてきたオリジナルの成績表でも、認証機関で手続きをうけてから提出するように指示することがあります。
公式出願窓口であるICCは大学から証明書類の認証を許可された数少ない認証機関です。(公式出願窓口以外では、大使館や領事館が認証手続きをすることができます)

※ごく稀に一部の書類を認証できない場合があります。

公式出願窓口から出願するメリットとは?

出願書類はICCが受領確認サインをした上で、大学のアドミッションオフィスに送付します。ICCが受け付けた出願書類にはICCの受領確認情報が記載されているため、審査状況のトラッキング(追跡)はICCでもできることになります。これにより、個人で出願した場合に起こりがちな「問い合わせても返事がない」といった事態を防ぎやすくなります。
また、審査過程にアドミッションオフィスで証明書類や学歴等についての混乱が生じた場合(日本の情報が理解できない場合等)や、さらに詳細の情報が必要になった場合にも、ICCに問い合わせが入ることがあります。
このように、情報の誤解により本来合格すべき出願者が不合格になるといった不適切な事態を防ぐこともICCの公式出願窓口としての役割です。

入学許可書の取得

合否が確定した時点で、通常は大学からメール等で出願者とICCに連絡が入ります。大学によってはオンラインで審査状況を確認することもできます。
「審査に要する時間」は大学と専攻により大きく異なります。以下は一般的な目安として参考にして下さい。

  • コースワークは3~10週間
  • リサーチ、Ph.Dは8~16週間
  • 志願者の多いトップスクール(Group of 8)はより時間を要する傾向にある
  • Group of 8に属さない大学は比較的回答が早い
  • 書類に不備がある場合は時間を要する

ICCを窓口として出願された方には、ご希望により以下の追加サービスも提供しています。

  • 滞在先手配のアシスト(無料)
  • 渡航前オリエンテーション(無料)
  • 出願コースリサーチ(有料)
  • 推薦状、エッセイ、レジュメ添削(有料)
  • 翻訳サービス(有料)
  • 学生ビザ申請代行(有料)

追加サービスの詳細

出願書類についての添削が必要な方には有料にて添削サービスを提供します。

大学院 出願対策サポート

志望動機(University Essay)

大学院へ出願する際へのエッセイ対策。ライティングの基本、入学審査官へアピールする効率的なエッセイのまとめかたの指導。

  • 1回コース 45分×1 ¥24,000(税別)
  • 3回コース 45分×3 ¥60,000(税別)
履歴書(Resume/CV)

大学院へ出願する為の英文履歴書作成対策。自分の個性を生かしたレジュメの作り方、数枚以内に納め審査員に分かりやすく効果的にアピールするレジュメの指導

  • 1回コース 30分×1 ¥16,000(税別)
  • 1回コース+レジュメ代行作成 30分×1 ¥22,000(500ワードまで、ワード数を越える場合には費用が適宜上がります)
  • 3回コース 30分×3 ¥40,000(税別)

費用には消費税8%は含まれていません。

翻訳サービス(有料)

教員免許、戸籍謄本/抄本、その他資格証明の翻訳が必要な場合、翻訳サービスを提供します。 翻訳料は書類により異なりますが、1通につき6,000円(税別)~です。

Application Preparation Supports for Postgraduate Studies
大学院 出願対策サポート

University Essay

Strategic essay for graduate school application, basic writing teaching included, how to put some ideas together into effective way appealing to admission officer, based on essay theme and topics. Session is on the basis of individual on Skype, session schedule will be determined case by case.

  • 1 session 45mins×1 24,000yen (+Tax)
  • 3 session 45mins×3 60,000yen (+Tax)

大学院へ出願する際へのエッセイ対策。ライティングの基本、入学審査官へアピールする効率的なエッセイのまとめかたの指導。

  • 1回コース 45分×1 ¥24,000(税別)
  • 3回コース 45分×3 ¥60,000(税別)
Resume/CV

How to create a strategic resume/CV for University application, how to build up own resume/CV with a strong message in a few pages to be stood out and grab the attention of admission officer.

  • 1 session 30mins×1 16,000yen (+Tax)
  • 1 session + resume writing service 30mins×1 22,000yen (up to 500 words, more than 500 words will be available)
  • 3 session 30mins×3 40,000yen (+Tax)

大学院へ出願する為の英文履歴書作成対策。自分の個性を生かしたレジュメの作り方、数枚以内に納め審査員に分かりやすく効果的にアピールするレジュメの指導

  • 1回コース 30分×1 ¥16,000(税別)
  • 1回コース+レジュメ代行作成 30分×1 ¥22,000(500ワードまで、ワード数を越える場合には費用が適宜上がります)
  • 3回コース 30分×3 ¥40,000(税別)

All fees do not include 8% Consumption Tax
費用には消費税8%は含まれていません。

公式出願窓口について 公式出願窓口ができること 提携校一覧
SPECIAL CONTENTS 成功させる留学Q&A 就職サポート 体験談 オフィスで相談 メールで相談 カウンセラーブログ 英文レターサンプル ICC提携大学 大学・大学院 合格判定の申し込みはこちら マレーシア留学

大学院留学TOP


ICC国際交流委員会
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16-3 エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階
株式会社 ICCコンサルタンツ ※2016年3月1日より社名が株式会社テンプ総合研究所から変更となりました。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 / 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員

一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者