【社会人留学】ワシントン大学でマーケティングを実践的に学ぶ

こんにちは。Global Vision シアトル支局の石田麻実と黒瀬友梨です。私たちは、それぞれ日本で社会人を数年経験した後、2017年9月よりIBP ビジネス留学プログラムに参加しています。

前回の記事(ベルビューカレッジ編ワシントン編)では第一クオーター(9〜12月)について、それぞれどのようなスケジュールで一週間を過ごし、何を学んでいるのかについてご紹介しました。今回は第二クオーターの授業内容、そしてプログラム以外でどの様なことに挑戦したのかを、前回同様に社会人目線でお伝えしていきます。キャリアチェンジ組ならではの、”日本で社会人を続けていたら挑戦できなかったこと” も綴っていきます!留学をお考えの社会人の方に、少しでも役立つ記事となれば幸いです。


石田 麻実(いしだ・あさみ)

日本の4年制大学を卒業後、富山県での社会人生活を経て、2017年9月よりIBPビジネス留学プログラムベルビューカレッジコースに参加中。



黒瀬 友梨(くろせ・ゆり)

関西の4年制大学を卒業後、滋賀県での社会人生活を経て、キャリアチェンジを目指し2017年9月よりIBPビジネス留学プログラムワシントン大学コースに参加中。

これまでの記事はこちら:

【社会人留学】1年でさまざまな経験を通して自己分析するなら、ベルビューカレッジ

【社会人留学】ビジネスに特化して学ぶなら、ワシントン大学

【社会人留学】ベルビューカレッジで社会人にオススメの学部授業とは?

2学期のスケジュール

ワシントン大学プログラムの第2クオーターは、主に3つの授業で構成されています。

(2017年9月出発 第二クオーター時間割 ※カリキュラムは変更になる可能性があります)

私が参加した9月出発時は参加人数が多く、2クラスに分かれ、ランダムに午前か午後かに振り分けられました。その結果、私は第2クオーターは午後クラスになり、午前に空き時間ができました。

第2クオーターになると、この空き時間の使い方も人によりかなり分かれてきます。学生団体、インターン、ボランティア、イベントへの参加、資格の勉強など、授業ではビジネスについてしっかりと学び、空き時間を自分の好きな事や、やりたい事探しに使う人がほとんどです。

① Global Marketing

(3か月間同じチームで切磋琢磨した仲間と。最終プレゼンを控えた土日に図書館の一部屋を借りて入念にリハーサル。)

ワシントン大学コースは国際ビジネスの事を主に勉強します。第一クオーターでは広範囲に触れたのに対し、第二クオーターはマーケティングに特化し、深く知識を学びます。この授業は毎日受講するもので、3人の先生が交代で授業を行ってくださいます。

先生方は全員、マーケティングのスペシャリスト。国際ビジネスの場で長年ご活躍されていた方や、今なお現役で国際マーケティングのコンサルタントをされている方もおられます。プロから学ぶマーケティングはとても刺激的で非常に面白く、毎日が新しい発見の連続でした。

そして、この第2クオーターのもう一つの醍醐味がグループワークです。3か月丸ごと使って、シアトルにある会社のマーケティング戦略を作り上げていくというもの。4~5人のグループに分けられ、クラスメートと切磋琢磨しながらビジネスプランを作り上げていきます。そして毎週金曜日にはその週のテーマに沿ったプレゼンテーションを発表し、最終週は1時間にも及ぶチームプレゼンテーションを行います。授業は合計3時間あり、2時間の座学の後、それを踏まえて最後の1時間はチームでマーケティング戦略を練ります。授業中のディスカッション時間以外にも、空き時間を使い、チームで集まって話し合いをするクラスメートが沢山いました。

私が所属していたチームも、毎日沢山の話し合いを行い、時には、帰りが遅くなることも。様々な年代、国籍、バックグラウンドを持った仲間との話し合いは、私の視野をかなり広げてくれました。真剣に取り組むチームメイトと、どんな些細な疑問にも常に親身に答えてアドバイスを下さり、やる気を引き出して下さった先生のおかげで、この第2クオーターはとても濃い日々を過ごすことができました。チームメイトとはかけがえのない絆を築くことができました。

ただ学ぶだけでは無く、「実際に学んだことを踏まえ、意見をチームメイトと交換し、戦略を練る。それを形にして発表し、先生やクラスメートからフィードバックをもらう」というアウトプットの力も培うことができる授業です。

② Application And Interview Preparation
この授業は週に一度、行われます。ワシントン大学コースはプログラム終了後に OPT (Optional Practical Training) という形でアメリカで就労経験を積むことが可能です。そのため、早めに会社探しを行い、アプライしていく必要があります。

この授業では、アメリカでの会社探しのためのレジュメ、カバーレターの書き方、ネットワーキングスキルなどについて、経験豊富な先生から学ぶ事ができます。日本で新卒での就職活動を経験した私ですが、アメリカでの就職活動はやはり大きく違うところもあり、とても勉強になりました。

最後にはインタビューの練習もあり、毎回授業で作成するレジュメやカバーレターには先生からとても細やかなフィードバックが返ってきました。どのような構成が採用者の目に留まるのか、いかに自分の経歴を要点をかいつまんでアピールできる文章にするのか、自分自身の分析にも大いに役立つ授業内容です。また、他国のクラスメートとその国の文化を休憩時間に雑談で話す事もしばしば。アジアの国々とアメリカの就職活動や面接のスタイルの違いに意気投合して盛り上がったのを今でも覚えています。

① American Business Skills
こちらは第1クオーターに続く、IBP ビジネス留学プログラムのオリジナル授業です。前回同様に少人数でアットホームな雰囲気に加え、他の授業よりも発言する機会が格段に多く、英語を話してコミュニケーションを取ることに特化されています。現地のネイティブ講師と一緒にネイティブの方が使う英文の素朴な疑問や、アメリカに数か月滞在して感じる事など、同じ時期に渡航したクラスメートならではのトピックについてディスカッションを行ったりしました。

授業以外で取り組んだこと

(第二クオーター真っただ中の2月には中国の旧正月がありました。そこで台湾と中国のクラスメートを中心にチャイニーズニューイヤーパーティが開催されました。Airbnb を借りて大人数で盛大にお祝い。)

私はキャリアチェンジをするためにこの IBP ビジネス留学プログラムへの参加を決意しました。そのため、自分の可能性を広げるチャンスはできるだけ掴もうと、第二クオーターは、模索しながらも、ボランティアやイベントへの積極的な参加など、色々な事に挑戦してきました。

① 美術館で接客ボランティア

冬休みからダウンタウンのそばにある美術館でボランティアを開始。周りの方からの暖かいサポートを受けながらも、始めは自分に貢献できることがあるのか不安でした。しかし、同じシフトの方やお客様とのコミュニケーションを大切にし、会話を楽しみながら、自分にできることが日々増えていく喜びをかみしめ、今も楽しく働いています。前職でもお客様サービスに関わっていたこともあり、日本における接客とアメリカにおける接客の違いを肌で感じる機会はこの留学に来なかったら得られませんでした。

② マーケティング会社でインターン

同時に日系マーケティング会社にてインターンを開始。日本と海外を繋ぐ仕事に携わるのは私の大学時代からの夢であり、この留学を通して実現したい目標です。マーケティングリサーチアシスタントとして、日本の企業がアメリカ市場に進出するために必要な情報の調査に携わらせて頂いています。日本企業の海外進出に微力ながらも関われている事に、大きなやりがいと楽しさを感じています。海外に来て、改めて日本のテクノロジーや商品の素晴らしさ、大きな可能性を感じることができ、携わることすべてが学びと発見の連続です。

③ イベントやセミナーでネットワーキング

また、シアトルが位置するアメリカ西海岸には活躍されている日本人の方も多く、イベントやセミナーでお話を聞く機会も沢山あります。実際に海外でキャリアを積まれた方からのお話はとても興味深く、ますます国際社会への興味が沸きます。私自身も、日本で社会人をしていた頃に見ていた日本社会と日本の外に出て、海外から見た日本社会は大きく違うことに気づきました。そして現地で開催されるイベントにも積極的に参加しました。自分とは全く違う業界で活躍されている方や、バックグラウンドを持った現地の方から聞くお話はとても刺激になります。

ある日たまたまワークショップで席が隣だった方が長年、会社の人事部でご活躍されてている方で、なんとその場でレジュメを添削して下さったり、OPT探しのアドバイスを頂いたことも。この半年間もそうですが、これからも、気づきの一つ一つが自分の次のキャリアにつながると信じ、毎日を大切に過ごすように心がけていきます。

半年経って思うこと。もし会社を辞めて留学に来なかったら…

(ちょうど私たちが第二クオーターを受けているときに Amazon がシアトルダウンタウンに世界初の「Amazon go」をオープン。なんと、お店に入って商品を手に取り、そのまま退店できてるんです。アプリをインストールするだけで準備完了。お会計などはすべてアプリで管理。クラスでもかなり話題になりました。ちょっとした息抜きにクラスメートと行ってきました。)

一度、社会人として働いた後に、会社を辞めて留学をするということはかなり勇気がいる事ですし、簡単に実現できることでは無いかと思います。ただ、留学をしなければここまで自分の視野は広がりませんでした。アメリカに来てみると、新しい事を学んだり始めたりするのに、年齢も性別も国籍も関係ありません。自分次第で可能性は大きく広がります。

留学生活も半年がたち、折り返しといったところですが、この先もまだまだ新しい発見と学びの連続がありそうです!

石田さんと黒瀬さんが利用したIBP留学についてはこちら:
海外インターンシップとキャリア留学 IBPプログラム

留学生活

ベルビューカレッジコース 49期生 千葉大学法経学部法学科3年(プログラム参加時)。IBP 留学前にはイギリスのオックスフォードで4週間語学留学を経験。大の野球好きで、シアトル・マリナーズが拠点にするセーフコ・フィールド…

こんにちは。Global Vision シアトル支局の石田麻実と黒瀬友梨です。私たちは、それぞれ日本で社会人を数年経験した後、2017年9月よりIBP ビジネス留学プログラムに参加しています。 今回は、同じシアトルに留学…

こんにちは。Global Vision シアトル支局の石田麻実と黒瀬友梨です。私たちは、それぞれ日本で社会人を数年経験した後、2017年9月よりIBP ビジネス留学プログラムに参加しています。 前回の記事(ベルビューカレ…

留学の醍醐味の一つは、英語力の向上だけではありません。現地でさまざまな人とつながり、将来に役立つ人脈を開拓するのも、留学でできることの一つ。でも、留学生という立場でネットワーキングをするのは難しい、と感じている人も多いの…

現在ロンドンに留学中の外山聖(そとやま しょう)さんは、9月に留学をしたばかり。 そんな彼は今ロンドンのサッカーチームに夢中です。ビジネス留学であるIBPに参加しながら、スポーツにもチャレンジしている外山さんに、今の生活…

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の青木太一と金森裕実です。私たちが参加しているIBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの1学期目の語学研修プログラムについて、これから全5回にわたってご紹介し…

皆さん、こんにちは!ブリスベンオフィスの清水です。 先週末は日中の気温が40度を超え50年ぶりにホットな11月だったブリスベンです。 ただ真夏でも日本のような熱帯夜は少ないブリスベンですのでIBPプログラム参加をご検討の…

こんにちは、今日の記事は、Global Visionブリスベン支局の名取あかね、松岡華乃が担当させていただきます!   IBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの生活の様子について 学内 日用品スーパー 街の様子…

グリフィス大学コース 50期生 立教大学経営学部国際経営学科3年(プログラム参加時)。IBP留学前には、アメリカのシアトルやカナダのトロントで各1ヶ月間の語学・インターンシップ留学を経験した。3学期中から学部授業と並行し…

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の水本葉子と荒川琴音です。IBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースに参加している私たちのブリスベンでの生活の様子を紹介します。   IBPビジネス留…