【社会人留学】ビジネスに特化して学ぶなら、ワシントン大学

こんにちは。Global Vision シアトル支局の石田麻実と黒瀬友梨です。私たちは、それぞれ日本で社会人を数年経験した後、2017年9月よりIBP ビジネス留学プログラムに参加しています。

今回は、同じシアトルに留学しながら異なったコースに所属する私たちが、それぞれどのようなスケジュールで一週間を過ごし、何を学んでいるのかについてご紹介します。留学をお考えの社会人の方に、少しでも役立つ記事となれば幸いです。


石田 麻実(いしだ・あさみ)

日本の4年制大学を卒業後、富山県での社会人生活を経て、2017年9月よりIBPビジネス留学プログラムベルビューカレッジコースに参加中。



黒瀬 友梨(くろせ・ゆり)

関西の4年制大学を卒業後、滋賀県での社会人生活を経て、キャリアチェンジを目指し2017年9月よりIBPビジネス留学プログラムワシントン大学コースに参加中。

前回の記事はこちら:

【社会人留学】1年でさまざまな経験を通して自己分析するなら、ベルビューカレッジ

ワシントン大学の特色

(第1クオーター授業最終日。席が近く、ディスカッションでよく同じグループになった友達と)

① ビジネスに特化したカリキュラム
ビジネスを中心に学ぶ事が前提のコースとなっているので、出発前にビジネスの知識(専門用語など)を本などで勉強しておくといいかもしれません。とくに私は、これまでの職歴や大学での選考がビジネスとは離れていたので、独自に本を買って読むなどしました。

② 社会人向けのプログラム
他国から参加しているクラスメートは社会人が多く、バックグラウンドは様々。自分とは全く違う職歴のクラスメートとの会話はとても刺激的です。

③ ダウンタウンの中心にキャンパス
近くにはカフェや図書館はもちろん、大きな会社のビルが立ち並んでいるため、都会の日常を体感することができます。朝、ほとんどの人がコーヒーを片手に通勤通学している風景は、シアトルらしさがでていて私のお気に入りのひと時です。授業は半日しかない曜日もありますので、空いた時間を使ってボランティアに参加したり、学生団体に所属したりする IBP 参加者も沢山います。

1学期のスケジュール

第一クオーターは、主に3つの授業で構成されています。

(2017年9月出発 第一クオーター時間割 *カリキュラムは変更になる可能性があります。)

① Foundation of Global Business
国際ビジネスの基礎知識をまんべんなく学ぶ授業で、4日ごとに先生もトピックも変わります。以前有名なIT企業につとめて実際に国際ビジネスの現場にいたという先生も。国際貿易やマーケティングの基礎、会計など、次々と違うトピックを勉強していくので、毎回とても新鮮です。授業の方法も先生によって様々です。座学が中心の授業もあれば、ほとんどがグループディスカッションという授業も。

私は出身学部も前職も国際ビジネスとはかけ離れていたため、出発前にビジネスの基礎知識をしっかりと付けておくべきだったと反省しました。しかし、どの授業の先生もとっても親切。授業中や休憩時間に分からないことを質問しに行くと、こちらが納得するまで丁寧に教えてくれます。

① Business Presentation Skills
プレゼンテーションの授業です。Writing の授業と選択制になっていて、出発前に受講したい方を選ぶことができます。ビジネスの場において、分かりやすく効果的なプレゼンテーションを行う力は必要不可欠。この授業では、3か月かけて効果的なスライドの作り方やプレゼンターとしての話し方を、実際に授業の中でプレゼンを行いながら勉強します。パワーポイントを使います。

① American Business Skills
こちらはIBP ビジネス留学プログラムのオリジナル授業です。IBP 生だけで構成された少人数のクラスで、現地の人とのコミュニケーションの取り方やアメリカの文化について現地のネイティブ講師から学ぶ、非常にアットホームな授業です。

ワシントン大学秋出発の場合の社会人のスケジュール

(プレゼンテーションの授業の休憩時間に雑談しながらさりげなく撮った一幕)

私がこのコースに参加することを決意し、ICC の京都オフィスにカウンセリングに行ったのは2016年2月。そこから数回カウンセリングを重ねて、申し込みに至りました。他の留学エージェントもいくつか訪ねたのですが、”社会人としてキャリアチェンジを視野に入れた留学” という軸でプログラムを選んだ結果、この IBP ワシントン大学コースに至りました。

カウンセリングでは、英語の勉強や渡航後の生活の事、貯金計画など様々なことを相談し、毎回親身にアドバイスを頂きました。そのおかげでモチベーションを落とさず、計画通りに留学へのステップを踏むことができました。

会社勤めをしていた頃はまとまった勉強時間を中々取れず、車での通勤中に英語のリスニングをしたり、土日にTOEICの勉強をしていました。特に私はビジネスの基礎知識がなかったため、オフィスで紹介してもらった参考文献を読んで自分なりに勉強をしました。実際授業が始まると、当初はあまりの自分の知識不足に落胆しましたが、授業中の疑問などは休憩中や授業後に質問をするようにしました。どんなに基本的な質問をしても、どの先生もとても親身に答えてくれます!

ワシントン大学コースは9月23日が渡米でしたので、私は8月末で前職を退職しました。人それぞれですが、クラスメートはギリギリまで働いてから渡米した方が多かったです。

ワシントン大学とベルビューカレッジの第一クォーターの比較、いかがでしたか?第二クォーターの比較も、お楽しみに!

石田さんと黒瀬さんが利用したIBP留学についてはこちら:
海外インターンシップとキャリア留学 IBPプログラム

海外の大学

日本の大学と比べて、欧米の大学は授業が大変で卒業も難しいという話はよく聞きますよね。イギリス留学に興味はあるけれども、授業についていけるか気になる方も多いのではないでしょうか?そんな疑問にお答えします! イギリスの大学の…

こんにちは!Global Vision ブリスベン支局の岡本和斗です。 今回の動画はグリフィス大学のメインキャンパスの様子を動画でお伝えしていきます。 ネイサンキャンパスは郊外に位置しており緑豊かなキャンパスです。他の記…

皆さん、こんにちは。ブリスベンオフィスの清水です。南半球に位置するブリスベンは、10月に入りいよいよ半袖モード全開です。 そんなブリスベンを、インターンシップが組み込まれた IBP プログラムの卒業生2名が先日訪れてくれ…

みなさん、こんにちは。ロンドンの深野です。 ちょうど今ぐらいの時期になると日本での就職活動を終えて、ロンドンを訪れてくれる先輩たちが多くいます。そして現IBP生たちに自分の留学生活からのヒント、日本での最新就職活動などの…

ビジネス留学といえば、どんな留学先を思い浮かべますか?ビジネススクール?一流大学?ニューヨーク?ボストン?カリフォルニア・・・? さまざまなイメージがあふれる中、ビジネス留学に成功した多くの人たちが選んだ留学先があります…

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の青木太一と金森裕実です。私たちが参加しているIBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの1学期目の語学研修プログラムについて、全5回にわたってご紹介しています…

こんにちは!ICC ブリスベンオフィスの高橋梓です。今回は IBP ビジネス留学プログラムの一環として開催している『Australian Business Seminar(通称ABS)』についてご紹介します。 『Aust…

皆さん、こんにちは。ブリスベンオフィスの清水です。 5月に入りブリスベンはさすがに気温低下で寒がりの私などは朝夕フリースが必要となってきました。 さてブリスベンのIBPプログラムでは到着された翌週から始まる大学科目履修へ…

こんにちは。Global Vision ブリスベン支局の水本葉子と荒川琴音です。IBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースに参加している私たちのブリスベンでの生活の様子を紹介します。 1.学内 2.日用品スーパー …

こんにちは、Global Vision編集部兼ビジネス留学コンサルタントスタッフの万出(まんで)です。実は今月、シアトルに訪問していました。 大学での学びとインターンシップが経験できるビジネス留学IBPプログラムの中でも…