どっちがいい!?プロに聞く!休学留学 VS 就職活動

無料個別相談 セミナー情報

徹底比較!
休学留学 vs 就職活動

休学して留学をするのと、留学をせずに就職活動をすること、
どっちがいいのか、また休学留学で注意することなど
気になるポイントを押さえよう!

こんな風に悩んだことはありませんか?

お悩み1

留学はしてみたい、、、
けれど本当に就活に活かせるの?

留学することが一般的になってきた昨今、ただ単に留学をするだけでは、差別化につながりません。就活に活かせる、キャリアにつながる留学とは? 社会に出る前に、海外で働くという経験を通して、「語れる自分だけの留学」を実現できる留学プログラムへの参加が重要です。IBPプログラムは、約9ヶ月の大学での学びと、3ヶ月のインターンシップで構成されており、キャリアの強みとなり得る、経験やスキルが身につく留学です。自分発信の活動をサポートする体制をフル活用して、心から自信を持って自己PRが出来る留学をしよう!

お悩み2

春に帰国したら、
就活の出だしが遅くなってしまうのでは・・・

4年生の春、3年の春からの休学留学は、留学後のスケジュールを把握し、自己分析や企業リサーチなどの準備が肝。留学先で、日本でもできる就活準備をするのももったいないですよね。留学前から留学中にしっかり準備をして、留学したほうが後悔のない就活ができた先輩も多数。事前の情報収集が必須です。そのためにICCではキャリアコンサルタントに留学前から個別に相談できるサービスを提供しています。

お悩み3

来年の留学の準備はいつから必要?

2020年の出発をご検討される方は是非今から準備を。ご希望のコースごとに英語条件などがございますので、早めに留学コンサルタントにご相談下さい。様々な留学先があるからこそ、留学コンサルタントのアドバイスでご自身にあった行き先を決定。さらに、信頼のあるICCだからこそICC英語能力テストも大学入学条件として活用可能。そのため英語のテストスコアが無くても、すぐにスコアを獲得することが可能です。ICCではビザの手配から滞在の手配まで一貫した準備をお手伝いします。そのため個別で手配をするよりも効率よく進められるのもメリットです。

お悩み4

バイトや部活が忙しくて、相談になかなか行けない

オフィスでの相談だけではなく、ICCではメール・電話・Skypeでのご相談も承っています。プロの留学コンサルタントが就活と留学について客観的にお話をさせていただき、あなたの状況に合わせたアドバイスをいたします。学校やご自宅がICCオフィスまで時間がかかり、なかなか通えないという方は、ぜひSkypeでのご相談を!

  • メールで相談はこちら
  • スカイプで相談はこちら
  • オフィスでの相談はこちら
  • 全国にオフィスがあります。(東京・名古屋・京都・大阪・福岡)

2020年卒の内定先はこちら!

Bain & Company、PwC、A.T.カーニー, KPMGコンサルティング、EY Advisory & Consulting 、Strategy&、野村総合研究所、JAFCO、Amazon Web Services、日本IBM、住友商事、JXTG、資生堂、ベーリンガーインゲルハイムジャパン、三菱電機、博報堂、楽天、みずほファイナンシャルグループ、ジブラルタ生命保険、大阪ガス、セガホールディングス、P & G Japan、NTTデータ、本田技研工業 etc...

  • 外資コンサル・5大商社・最大手広告代理店の内定を総なめ! 海外でのリアルなビジネス経験は全てのTop企業で高く評価されました。

    3年次留学 T.Kくん
  • 技術者(大手航空会社)からビジネス志向(総合商社)に一転!海外留学を通してビジネスの魅力を知り、そのフィールドで戦う力も得ました。

    3年次留学 N.Nくん
  • 部活引退後の就活で納得できずに留学にチャレンジ。新たな武器を得て帰国後、本当に納得できる海外トップシェアの日系メーカーに入社を決めました。

    4年次留学 R.Hくん
  • 周りも自分も驚いた、世界Topランクの消費財メーカーにボストンキャリアフォーラムで内定!「ビジネス留学+海外就活」だからこそ実現した成長だと思います。

    3年次留学 M.Uさん

ここまで成長につながる留学ってどんな留学?

IBP ビジネス留学プログラム

約9ヶ月の学びと約3ヶ月の現地企業インターンシップを体験する約12ヶ月のプログラム。学部授業の他、現地ビジネスリーダーや、経営者との交流でグローバル人材としての素地を作るカリキュラムに加え、英語でのビジネス実践力をつけるオリジナル授業も。個別にあなたの自己分析から企業リサーチまで対応するキャリアコンサルタントも大きな存在となることでしょう。国内外にいる4800名以上OBOGは、あなたの就職活動時にはOBOG訪問も受け入れてくれます。

<12ヶ月のビジネス留学の要素>

  • 9ヶ月の
    大学での学び
  • 企業インターンシップ
  • ビジネストレーニング
    ビジネスセミナー
  • 自由な課外活動や
    フィールドワーク
  • キャリアサポート
  • 現地サポート

<世界に広がる留学先>

認定・交換留学との違いは?

同じく、12ヶ月留学の一つに「認定留学」というものがあります。こちらは、日本の在籍大学が認定している指定留学先機関から選んでいくものになるため、「休学」扱いにならず大学に在籍している形を取ることになります。そのため、日本の在籍大学によっては留学先での履修できる学部授業に制限があったり、学校や留学中の活動に制限がある場合も。

同様に現地の学生と日本人学生を相互に受け入れる「交換留学」も日本の在籍大学の指定留学先機関から選びます。認定留学や、交換留学は学費が免除されるケースもあり、費用を抑えることができる反面、大学でのGPAや英語力では高いレベルを要求されるケースもあります。ご自身の大学にしっかり確認をしましょう。

就職活動スケジュールはどうなる?

3年生春出発の場合

基本的に留学後ほぼ全ての企業の選考を国内受けられます。夏のインターンがキモになるアナウンサーの試験についても、秋〜冬頃に採用活動がある外資コンサルファーム・外資系金融もこのスケジュールであれば問題ありません。但し、前述の業界を国内で受ける場合は帰国後スムーズに選考に進めるようテスト対策・フェルミ推定/ケース面接対策を帰国前に行っておく事が理想です。IBPでは①専任のキャリアコンサルタントが個別でサポート②現地でIBP生グループで対策など万全の状態で臨める体制になっています。

4年生春出発の場合

このスケジュールでの留学の場合、国内メイン選考開始時期をわずかに過ぎて帰国する形になりますが以下2点を注意して就活を行うことで問題なく、むしろ有利に進めることも可能です。

①帰国後スムーズに選考を受けられる準備を行う
②留学生対象のフェアを最大限活用する

まず①に関してですが、近年売手市場により大企業も採用期間の延長や通年採用のトレンドになっているため帰国後でも国内で相当数の企業の選考を受けることが可能です。そのために帰国後すぐに動き出せる準備をしておくことが大切です。

続いて②に関して。留学生採用で有名なボストンキャリアフォーラムをはじめ、多くの留学生向けフェアでの企業がターゲットとしているのは4年生>3年生です。外資・日系Top企業も含め参加企業は国内通常枠は終了していても、留学生向けに枠を準備しているので、そこで逆転就活も可能です。注視されるポイントや形式も国内選考と異なるので、専任のキャリアコンサルタントと相談しながら確り対策をして臨みましょう。

※これらの企業も、通常留学経験者にのみ枠を残しているので留学生特化のイベントや現地の採用イベントで選考を受けることが可能です

プロに聞く!
留学せずに就職した場合、どうなる?

志禮直也氏

キャリア支援の株式会社ツイング代表
志禮直也さん

もちろん留学せずに就職をして大きく成長される方も大勢います。同時に、留学したからこそ、成長して思う存分就活できた方も。中には就活を一度するものの、納得がいかずICCの留学にいく学生さんもいます。
就活前に留学するメリットは大きく2つあると思います。

(1)選択肢が広がる (2)武器がつくれる

(1)の「選択肢」ですが、特にビジネス留学を経験した学生に言えることだと思います。国内では出会えない様々な現地のビジネスパーソンとの交流を通じ「こういった仕事があるんだ」「世界のトレンドはこうなんだ」という気付きにより選択肢が広がる方が多いです。また、敷居が高そうで敬遠しがちな外資系企業にチャレンジするのも留学経験者が多いです。

(2)の「武器」について。学生生活をどう過ごそうが就活になると途端に「あなたが学生生活で最も頑張ったことは?」「強みは?」「将来やりたいことは?」という問が投げかけられ、面食らう学生さんもいます。実際に私もそうでした。自身のキャリアについて考える時間と、就活で具体的にアピールできる武器を作ることが出来る”ビジネス留学”は就活前の学生にとって武器をつくる最後のチャンスではないでしょうか。

株式会社ツイング

自身もイギリスに留学し、インターンシップ経験を持つ志禮直也氏が率いる、人と企業に最も寄り添うキャリアコンサルティング会社。大手銀行のリクルーターを経て起業した経験から、人事の立場と学生の立場でマーケットを把握し、的確なアドバイスをすることで定評がある。

まずは相談!

あなたにとって、ベストはどっち?
休学留学 vs 就職活動

キャリア相談もできるコンサルタントが、
あなたの状況に合わせてアドバイスします!

    相談は全て無料です

  • メールで相談はこちら
  • スカイプで相談はこちら
  • 電話で相談はこちら

  • 0120-033-470
  • まずはビジネス留学の資料をもらってみる(無料)

  • 資料請求

インターンシップ留学を提供する
ICCに相談する
メリット

無料で就職活動の相談ができる!

ICCの留学コンサルタントは、これまで何千名もの学生の相談を受けてきた、いわゆる学生相談のプロでもあります。留学はもちろんですが、それに書かせないのが帰国後の就職活動。就職活動のスケジュールやトレンドから、ご自身の自己分析までアドバイスが可能です。お気軽にご相談ください。

相談無料!

時間が無くても大丈夫!

アルバイトや部活で結構忙しいのが大学生。皆さんの貴重な時間を有効に使うために、ICCではメールや電話、Skypeでの相談も受け付けています。オフィス、Skype、電話でのご相談は長くても90分。授業の合間や放課後でも可能な時間です。
皆さんからのご相談をお待ちしています!

お気軽にご相談ください!

ご安心ください

ICCは、各政府・教育機関とも取引がある正式な留学エージェントです。国内6カ所に拠点をもち、全世界にオフィスを展開しています。

日本地図

Q. 留学するか決めてないのですが、軽い気持ちで相談しても良いですか?

もちろんです!留学するか、就職活動をするのか、これは大きな決断です。ICCでは、必ずしっかりと比較してから、どちらにするのかを決めることをお勧めしています。就活情報が欲しいな、という方も是非ご相談ください。

Q. テストスコアがないのですが・・

ICCでオリジナル英語能力試験を無料で受けることができます。60分の試験は、相談の後その場で受験も可能。そのスコア次第で留学できる大学もありますので、まずはご相談ください。

Q. 学費は安いけど、ちゃんとした留学はありますか?

はい、あります!2018年より、年間学費70万円からの留学が、マレーシアのサンウェイ大学でスタートしました。現地での生活費も他国に比べて安いため、年間かかる金額は、他国での12ヶ月留学に比べても大変リーズナブルです。
ICCでオリジナル英語能力試験を無料で受けることができます。60分の試験は、相談の後その場で受験も可能。そのスコア次第で留学できる大学もありますので、まずはご相談ください。

Q. インターンシップではお金がもらえますか?

もらえる場合とそうでない場合があります。有給インターンシップができるコースがアメリカにざいますので、ご興味がある方は留学コンサルタントにその旨をお伝えください。

Q. 奨学金についても知りたいです

ICCではいくつかの奨学金についても、時期によってご案内が可能です。あなたの留学に役立つ情報は、できるだけお調べしてご提供いたします。

Q. 親や友達と相談にいっても良いですか?

保護者さまの同席は、大歓迎です。留学はご家族のサポートがあってこそ。だからこそICCでは、保護者の方にも安心していたきたいと思っています。お友達との相談も歓迎ですが、自己分析や未来の話しなど、場合によってはパーソナルなお話になることもあります。ご自身にとって居心地が良ければ、どなたが同席されてもかまいません。

2020年春の留学に向けた
ビジネス留学説明会

    相談は全て無料です

  • メールで相談はこちら
  • スカイプで相談はこちら
  • オフィスでの相談はこちら
  • 全国にオフィスがあります。(東京・名古屋・京都・大阪・横浜)

    電話で相談はこちら

  • 0120-033-470
  • 営業時間10:00-18:30(土日祝日 休業)

    まずはビジネス留学の資料をもらってみる(無料)

  • 資料請求
  • その他、気軽に来れる留学セミナーはこちら!
  • ビジネス留学をしている現地学生によるコラム満載!
    世界を視野に入れる人のビジネス留学情報メディア

  • 世界を視野に入れる人のビジネス留学情報メディア GLOBAL VISION
  • ビジネス留学を知る!

  • IBP International Business Professions