トップ > 体験談

首相にも遭遇!メルボルンで考え方を変えるだけで見える世界が変わる経験

00

名前:藤重 雅也(ふじしげ まさや)さん
参加コース:メルボルン
留学期間:4週間
インターン先:不動産会社
経営学部 国際経営学科 3年
9:00
出社、会議+ロールプレイ(電話営業など)

                

10:00
営業同行(顧客の家に行き、価格査定や交渉)

                

12:00
同僚とランチ(近くの決まったレストランへ)
13:00
広告紙を各家のメールボックスへ入れる
16:00
自分が取り組んだアンケートの作成、聞き込み等
17:30
退社
19:00
ホストファミリーとディナー

         

インターン時の経歴を教えてください

国際関係学部 国際関係学科 2年

プログラムに参加しようと思った理由は?

実践力や今まで学んだことを実際に企業で働くことで、働くとはどうゆうことかについての理解を深めたかったためです。経営学の知識を蓄えるため経営学部に入学した。いままでまなんできたことをアウトプットする機会が欲しいと感じ参加した。留学ではなく、海外インターンにした理由は、目的として英語力を鍛えるのではなく、英語で何かを活かすという+αを何かすることでそれを得たかったためです。

なぜメルボルンを選択しましたか?

将来は営業職で働きたいと考えていたため、仕事の内容でオーストラリア・メルボルンを選びました。また、第一言語が英語の都市ということで日常生活でも英語を用いると思い、この都市を選びました。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

主な仕事は、広告紙を各家のメールボックスに入れることです。他の仕事は、実際に家を売るとして、実際今どのくらいの価格なのかを家に行き、AIが教えた価格査定があっているのか等を確認しつつ、市場動向などを伝えるなど、交渉の場です。自分は交渉することはしませんでしたが、実際に会い、観察することや少しきになることを聞くことができました。他にも土曜はオープンハウスという実際にそこの家を買おうと考えている人が来るため、その案内や質問を通じて求めているものを得るなどの取り組みがありました。
また、自分は、会社に貢献したいという思いから合間の時間を見つけ、プレゼンやアンケート作成をしました。アンケートも作るだけでなく、実際に聞き込み調査をしました。最終日には時間をいただきプレゼンという形で結果の報告やそこから見えた改善策の提案をしました。

02

インターン中に心がけていたことは何ですか?

私が心がけていたことは大きく3つあります。
1つは、就活に向けて、自分の進むべき進路を見つけ、ここで何かを残すこと。
せっかく日本ではなく、海外の企業で働く機会はなかなか得られないと感じたためです。
2つ目は、やりたい仕事を明確化することです。自分がここに来て体験したかったことは、頭を使う仕事、そしてもう1つは英語力を上げるために、英語を使う仕事や英会話力を伸ばすこと。これは、日本での短期インターンでは体験できないと感じ、実践力を得ること。
3つ目は、今の環境に感謝すること。やりたいことができる。自分の力がどのくらいなのかを100%の状態で試せること。そして、わからないこと、疑問点は聞くことですぐに解決に向けて助けてくれること。この環境は、他のインターン先はわかりませんが、すごく恵まれていると感じ、何かで自分も感謝するだけでなく、会社に貢献することで恩返しをしたいと感じていました。

苦労した事は何ですか?また、その苦労をどのように克服しましたか?

新たな仕事を得るために上司(ボス)や同僚からの信頼を得ることです。自分の英語力では任せられる仕事が限られている現状にすごく落胆しました。現状の仕事ではあまり自分のスキルや経験を活かせず、来た甲斐がなく、成長しないまま帰ることに危惧しました。
この状況を乗り越えるためにしたことは大きく分けて2つです。
まず1つは、現状任せられている仕事を全力で取り組み、現状の仕事を完璧にこなすことで、新たな仕事がもらえると感じたためです。しかし、この状況は、受け身であまり状況を変えることがなかったです。むしろボスから見れば、現状の仕事に満足しているのではない?とホストファミリーにアドバイスをもらい、積極的に動かなくてはと感じました。
だから2つ目に行動したことは、実際に自分が思い描いた仕事をすることです。自分がしたかったことは、頭を使う(経営学部で学んだこと活かす)、英語を使うことです。また、会社に貢献したいと考え、プレゼンをしようと決めました。そしてそのデータを集めるべく、アンケートを作りました。勝手に合間の時間を探し取り組み、そしてFBをもらいに行くと、丁寧に直してくれ、また、こうすればよいのではなど、様々な意見がもらえました。また、営業の同行も待っているだけでは連れて行ってはくれないため、積極的に声をかけ、連れて行ってもらうようになり、徐々に自分が思い描いたインターンシップ生活を作ることができたと思います。
積極的に動くだけではなく、具体的に何をしたいのかを考え、実行することで乗り越えることができました。

滞在先はどうでしたか?

最初は、簡単な仕事しかくれない。雑用ばかりで成長が見込めず、滞在する企業を帰るべきではと感じていました。しかし、問題は自分自身であり、受け身ではなく、積極的に行動することの重要性を学ぶと共に、日々の仕事でも不動産業界の奥深さが学べました。実際に顧客と話す機会ももらえ、実践力や現場で一員として働くことができます。また、自分のやりたいことはできる範囲で支援をしてくださり、自分で道を切り開き、進んでいく環境としては最高だと思います。
しかし、日本人どころか日本語を話せる人がおらず、毎日英語100%で、アドバイスや仕事で何をしているのかを理解するにはかなりの時間を要すると思います。
だけど、職場はすごくアットホームで、自ら行ったアンケート調査の結果、全員がボスを信頼していました。また、ごはんなど出かける際は全てボスがお金を出してくれる点もあり、職場は仲間というよりも、家族のような環境で日々わいわい楽しくしている職場でした。わからないことは最大のサポートをしてくれますし、聞きやすい環境でした。

休日はどのように過ごしましたか?

土曜が1番忙しい仕事のため、日曜しか休日がなく、全ての日にICCの同日についた友達とシティーで観光をしていました。動物園、教会や水族館など回れるとこは全て回りきることができたと思います。ただ、少し後悔することとすれば、遠出はシティーしかなく、他の観光先で有名な電車やグレートオーシャンロードには行けなかったことです。

02

特に印象に残っていることは何ですか?

仕事面では、出社に30分遅れてもあまり罰則がないことです。来て普通に挨拶をして仕事を始めています。また、仕事の準備がなく暇な際は、来て1時間はみんな朝ごはんを買うか、職場でオムレツを作るなど、雑談メイン仕事はサブみたいな感じで、日本の企業文化・風土とは真逆でいわゆる海外文化?な気がしました。また、金曜はたまに勤務終了1時間前に赤ワインを飲みます。その後、運転しても1杯〜2杯なら合法という点も驚きました。

また、仕事面ではないのですが、たまたま運が良く、オーストラリア新首相のスコットモリソンさんにあうことができたのですが、居た場所は、地元のコーヒーショップで、一般市民がいるなか普通に何事もないかのように会議をしていました。日本ではあまり考えられない環境だと思います。また、警察やボディーガードは合計5人くらいしかおらず、ある意味日本よりも平和な国なのかなと感じました。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

物事の捉え方・違った視点で見る事で別の考え方ができる・新たな問題を見つける事ができることです。私は海外インターンに行く前に、学校の春学期に出来なかった
また、いろいろな方に支えられていることを実感しました。この環境を作ってくれた ICCの方たちや、職場のサポート、英語100%の環境など、環境・人に感謝すると共に自分は恵まれているため、よりいろいろなことを頑張ろうと感じました。

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

信頼を得るなど、今後の方針が見えた気がします。自分の現状できることや弱点としては、新たなことに挑戦しない、失敗でためらうなど、保守的な考えでは何も得られないことを学びました。今後の就職活動では、積極的に保水的考えはしないように頑張りたいです。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

海外インターンシップを経て僕自身、働くことの大切さはもちろん、自分で環境を切り開く積極性を学べたと思います。物事の捉え方、考え方を少し変えるだけで変わった世界になるという経験を出来ました。自分を変えてみたいという方、企業で実際に働いて何ができるのかを見つけたい方、色々な目標や理想があると思います。それを達成して次につなげるには絶好の機会だと思うのでぜひ参加してみてください!

Print Friendly, PDF & Email