トップ > 体験談

様々な国の人と関わることができよかったです。

00

名前:稲葉 瑞穂(いなば みずほ)さん
参加コース:アメリカインターンシップ(シアトル)
留学期間:2015年8月~9月
インターン先:ワシントン州日米文化会館
キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科 2年生(当時)
インターン最終日にお別れパーティーをしてくれたこと が印象に残りました!

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

元々海外でのインターンに興味があったため。

なぜシアトルを選択しましたか?

行きたいインターン先がシアトルにあったため。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

ポスター作成、イベントの設営や運営。日本の正月についての紹介パネルの作成。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

自分の興味があることに積極的に関わること。あいさつをしっかりして、コミュニケーションをよくとるようにすること。自分のできることを精一杯やること。

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

正直私は全くと言っても良いほど英語が話せませんでした。それこそyesとnoとthank you位しかすぐ返すことができないくらいです。また周りのインターン生が英語で指示を受けて動けるのに、私だけ意味が分からずインターン生に一々意味を確認して動いていて劣等感を強く感じていた時もありました。ですが、与えられた仕事を行っていくうちに自分は英語ができないけれど、他の仕事ならできると気付き、自信をもつことができました。そして、できないことを見るよりできることを見つけ生かすことが大切だと実感しました。

02

滞在先はどうでしたか?

ホストファミリーに加えて、他の留学生も受け入れている家庭だったので、様々な国の人と関わることができよかったです。

休日はどのように過ごしましたか?

ダウンタウンに行きインターン先の友達とショッピングや観光をしていました。

特に印象に残っていることは何ですか?

グラフィックの仕事を主にさせていただいていたのですが、最終日に他のポスターの画像編集の仕事の話題が上がった際に、私が適任だと他のインターン生が推してくれて、そして完成したものを渡した時にはスタッフのかたから「このように編集ができないから本当に助かる」と言ってもらえました!

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

このインターンシップでの経験は業務としては小さいものだった様に今は感じています。ですが、自分の劣等感を乗り越え自信をもつという精神面での大きな体験ができました。今後はこの体験を活かし、劣等感に臆することなく自分の自信に変わるような様々な活動に積極的に取り組んでいきたいです。

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

自分の強みを知ることができました。また、率先して自分から動くことの大切さを学びました。これらは今後なんの仕事でも必要なことであると思います。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

インターンシップでは一人一人に仕事が与えられます。その時にぜひ自分がやりたい仕事を伝えてチャレンジしてみてください!一カ月あればできないことも大抵できるようになります。

Print Friendly, PDF & Email