トップ > 体験談

本当に楽しい充実した一カ月間を過ごすことができた

00

名前:大野 莉加(おおの りか)さん
参加コース:アメリカインターンシップ(シアトル)
留学期間:2015年8月〜9月
インターン先:日系旅行会社
キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科 2年生(当時)
インターンを終えた今、大学生活がさらに充実したものになっている。

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

私は自分から行動することがすごく苦手で、大学生活のうちにそんな自分を変えたいと思っていました。そんなときにこのインターンの企画を知り、参加を決めました。私は海外に行ったことがなかったので、初海外でしかもインターン、そしてホームステイということで不安が多かったのですが、思い切ってチャレンジすることが大切だと思い参加を決めました。

なぜシアトルを選択しましたか?

まず、アメリカで働くということに前々から憧れていたというのが大きな理由です。また、行きたかった旅行会社がシアトルでインターンを募集していたというのも大きな決め手でした。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

主に旅券のインボイスを作成していました。また、お客様の情報を使ってデータベースを作成していました。日本人大学生に向けたアメリカでのツアーの企画にも参加させていただき、大学生の自分だからこその意見を言えるよう努力しました。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

自分から積極的に動き、仕事が終わったらすぐに指示をもらいにいくようにしました。また、周りに目を向けて気を利かせて動けるよう努力しました。

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

インターンが始まったばかりのころは、オフィス内の清掃が主な仕事でそれ以外の仕事はなかなかやらせてもらえませんでした。私はこのままインターンが終わってしまうのが嫌だったので、どのようにすれば仕事を任せてもらえるかすごく考えました。とにかく自分から積極的に仕事を探し、職場の人とコミュニケーションをとるようにしました。すると多くの仕事を任せてもらえるようにもなったし、新しいことにもチャレンジさせてもらえるようになり、自分から動くということの大切さを実感しました。

滞在先はどうでしたか?

ホストファミリーの方たちがとてもよくしてくれて本当に毎日充実していました。食事も私のことを考えて作ってくれたり、休日はいろいろな場所に連れて行ってくれました。シャワーや洗濯も自分のやりたいように使わせてくれました。また全て英語ということで不安も大きかったのですが、ホストマザーもファザーも私の話を理解しようと一生懸命に聞いてくれてとても嬉しかったです。メキシコの女の子がホームステイで一緒だったのですが、その子とはとても仲良くなれて今でもメールのやり取りをしています。

02

休日はどのように過ごしましたか?

バスを使ってアウトレットに行ったり、ルームメイトの子と買い物をしたりしました。ホストファミリーがフェリーに乗せてくれたり、ピクニックに連れて行ってくれたりと、とても充実した休日を過ごしていました。

特に印象に残っていることは何ですか?

このインターンを経験したことによって自分に自信を持つことができたと思います。また苦手だった自分から積極的に行動するということが出来るようになり、大学生活がさらに充実したものになっていると思います。海外で、一人で行動するというのは初めてのことばかりで慣れないことも多く大変だったのですが、自分を成長させることができたと思うし、本当に楽しい充実した一カ月間を過ごすことができたと思います。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

このインターンを経験したことによって自分に自信を持つことができたと思います。また苦手だった自分から積極的に行動するということが出来るようになり、大学生活がさらに充実したものになっていると思います。海外で、一人で行動するというのは初めてのことばかりで慣れないことも多く大変だったのですが、自分を成長させることができたと思うし、本当に楽しい充実した一カ月間を過ごすことができたと思います。

02

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

この経験で得た、何事にも一生懸命に取り組む姿勢を大事にして就活に臨みたいと思います。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

海外でのインターンということで、ためらいがある方も多いと思いますが、国内では体験できない素晴らしい経験ができると思います。自分を成長させるいいチャンスです。勇気を出して頑張ってください!

Print Friendly, PDF & Email