トップ > 体験談

海外インターンシップだからこそ学べること、得られることがたくさんあると思います。

00

名前:宮部 龍太朗(みやべ りゅうたろう)さん
参加コース:アメリカインターンシップ(シアトル)
留学期間:2014年8月〜9月
インターン先:日系旅行会社
神奈川大学 経営学部 3年生(当時)
いざ一歩踏み込むと、今まで味わったことのない経験をすることができると思います。人生の大きな糧となる重要な一歩を踏み出して欲しいです。

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

海外インターンシップ参加の理由は大きく分けて三つありました。一つ目は、アメリカでの留学を経て、次は学んだ英語を使って何かを経験したいと思ったため。二つ目は、ビジネス面で使える日本語と英語を学ぶため。そして、三つ目は、就職活動が始まる前に働くこととは何かという自分の中の疑問を解決すべく参加を志望しました。

シアトルを選択した理由は?

まず、様々な国の選択肢からアメリカを選択した理由は、両親の影響もあり、以前からアメリカで働くということに大変興味を持っていたからです。そして、シアトルを選択した一番の理由は、自分が興味を持っていた業界の企業が、シアトルにあるのを知ったからです。

同プログラムで達成しようと思っていた目標は?

同プログラムでの目標は大きく分けて、三つありました。
1.旅行代理店の業務を体験し、その役割を理解すること
2.ビジネス面で使える語学力の向上
3.社会人としての行動力と責任感を得ること

インターン先での具体的な仕事内容を教えてください。

・清掃(オフィス内の清掃)
・オフィスでの接客(航空券の価格の検索等)
・オフィス外での接客(空港、ホテルでのチェックイン代行等)
・現地ツアーのガイド(社員の方に同行)

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

苦労した事で初めに思いつくのは、現地ツアーのガイドです。現地ツアーのガイド中は社員の方と別れて単独で行うこともありました。その間、お客様にシアトルの現地情報やツアー先について聞かれ、何度か答えることができないことがありました。それからは、物事をお客様の視点から考え、わからないことがあれば事前に調べるようにしました。そして、相手が何を知りたいのか、求めているのかに意識し、物事を多角的に見ることを学ぶことができたと思います。

02

特に印象に残っていることは何ですか?

職場の雰囲気が明るかったことがとても印象的でした。初めてマネージャーの方、社員の方々とお会いしたときは、笑顔で温かく迎えてくれたことを今でも覚えています。職場環境に恵まれていたため、毎日オフィスに通うのが楽しみでした。

インターン体験によって得たものはどんなことですか?

インターン体験によって得たものはたくさんありました。もし、一つ挙げるならば、コミュニケーション能力だと思います。インターン先で、現地ツアーのガイドをさせて頂いていたので、色々な方々とお話しする機会があったからです。沈黙になりがちな長距離移動中の車内では、車窓から見える観光地や景色についても話したこともありました。そうすることによって、自分だけが楽しむのではなく、相手にも楽しんでもらえるコミュニケーションができたのではないかと思っています。

滞在先はどうでしたか?

ホームステイ先は、香港人の家庭でした。私が到着したときには、すでにベトナム人、中国人、韓国人の方が滞在していました。私たちのアメリカ滞在の理由は、留学から海外インターンシップとそれぞれ異なっていましたが、すぐに打ち解けることができました。彼らと触れあう中で、英語を使う機会が多くありましたし、お互いの文化や価値観を共有することができたと思います。大切な友人と出会うことができ、とても貴重な経験でした。

休日はどのように過ごしましたか?

休日は、ルームメイト達と過ごしていました。近くの公園でスポーツをして、ダウンタウンで映画や食事などと充実した日々でした。また、同じ大学から来ていた友人達のインターン先にも足を運んでいました。自分のインターン先とは違う業務を行っている友人を見て、自分も頑張らなくてはと感化されていました。

今後の展望や将来の夢を教えてください。

今回のインターンシップを経験し、サービス業などといった人と関わることができる職業に就きたいと思うようになりました。ツアーを終え、お客様からありがとうと言って頂ける度に、やりがいや喜びを感じていました。そして将来は、日本語と英語を使い、世界各地の色々な方と出会いたいと思っています。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

国内で行われているインターンシップと比べると、海外インターンシップへの参加は躊躇する方は少なくないでしょう。日本とは異なる言語、文化、国民性などの環境下で、慣れないことも多いかもしれません。新たな試みを行う上で、不安なことばかりを考えてしまうかもしれません。私自身もそうでした。しかし、不安要素ではなく、前向きに物事を考えてみてはいかがでしょうか。海外インターンシップだからこそ学べること、得られることがたくさんあると思います。そこでしか会えない方々との出会いもあります。そのようなことを考え、いざ一歩踏み込むと、今まで味わったことのない経験をすることができると思います。人生の大きな糧となる重要な一歩を踏み出して欲しいです。

Print Friendly, PDF & Email