トップ > 体験談

インターン経験を糧に、失敗を恐れず就活も頑張りたい

00

名前:山口 ほのか(やまぐち ほのか)さん
参加コース:アメリカインターンシップ(シアトル)
留学期間:2015年8月〜9月
インターン先:児童/移民支援センター(教育施設)
キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科 2年生(当時)
インターン最終日にお別れパーティーをしてくれたこと が印象に残りました!

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

日本と比べて海外ではどのように働いているか、また海外でのコミュニケーションについて学びたかったため。

なぜシアトルを選択しましたか?

行くならアメリカに行きたかった。また、シアトルを選んだのは、アメリカの候補の中で最もリーズナブルだったから。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

レジ業務、店頭での服の並べ替え、バックヤードでの商品整理、顧客対応

インターン中に心がけていたことは何ですか?

自分から進んで話しかけていくこと。
02

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

私は英語が苦手だったため、言いたいことが上手く言えなかったり、発音が悪く、なかなか通じないことも多かった。しかし、通じないからと言って話すことから逃げては何も成長できないと思い、悔しい思いをしてでも積極的にコミュニケーションをとることを意識した。

滞在先はどうでしたか?

とても明るいホストファミリーで、1か月だがとても仲良くなれた。様々なところに連れて行ってもらえたし、様々な国の料理を作ってくれた。

休日はどのように過ごしましたか?

毎週ホストファミリーと様々なところに出かけた。

特に印象に残っていることは何ですか?

インターン最終日にお別れパーティーをしてくれたこと。
02

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

自己主張をする重要さ、進んでコミュニケーションをとることの大切さ、挑戦することを恐れない勇気

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

内面的には、失敗を恐れず挑戦することができる。また、この海外でのインターンは良い話の材料になると思う。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

きっと何かしらのいい経験をしてくると思うので、どんなに自信がなくても、挑戦することを恐れないでください。

Print Friendly, PDF & Email