トップ > 体験談

異文化に触れ合うことの楽しさや大切さを感じました

00

名前:山口 明日架(やまぐち あすか)さん
参加コース:オーストラリアインターンシップ(メルボルン)
留学期間:2015年8月〜9月
インターン先:公立小学校
人間社会学部 文化学科 3年生(当時)
私を慕ってくれる生徒がたくさんいて、インターンをやってよかったと心の底から思えました!

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

英語力をあげるためです。留学に比べ、インターンの方が英語を実践的に使うことができると思いました。また、決断力や行動力に欠けていた自分を行動力のある積極的な自分に変えるためです。

なぜメルボルンを選択しましたか?

教育の現場を通して異文化を学ぶと同時に日本の文化を伝えることができると思ったからです。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

日本語授業の補佐です。かるたやビンゴなどのゲームを用いたり、お店のロールプレイングをやったりと、楽しく日本について学ぶ授業を行っていました。週に一度、お昼休みに折り紙で遊ぶ時間があり、折り方を教えながらいっしょに様々なものを作りました。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

とにかく「積極的に!」を常に意識していました。ためらわずに話しかけることや自分のするべきことは何かを考え、積極的に行動するよう努めました。
02

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

インターン先でもホームステイ先でもそうでしたが、私の英語がスピーディーでないこともあり、自分の考えを伝え終わる前に誤解されてしまうことが多くありました。最初は相手の勢いにのまれて黙っていましたが、「積極的な自分になる」という自分の一番の目標を思い出し、自分の意見をしっかり伝えることができるようになりました。

特に印象に残っていることは何ですか?

私を慕ってくれる生徒がたくさんいたことです。授業の合間には話しかけに来てくれました。お互いの作った折り紙を交換したり、手紙をくれたり、最終日には走って抱きつきに来てくれた生徒もいました!インターンをやってよかったと心の底から思える瞬間でした。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

積極性です!受け身なことが多く行動力のなかった私にとって、全く知らない土地で一人というのは、どんなときでも自分の力で乗り越えなければならなかったので自分を成長させる条件にぴったりでした。英語力もインターン参加前に比べて伸びたと実感しています。

滞在先はどうでしたか?

ピラティスのインストラクターをやっているホストマザー、2歳の男の子、犬2匹猫2匹と、とても愉快で毎日楽しく過ごしていました。後半から日本人の女の子が加わり、2人で男の子と遊んだりもしました。

休日はどのように過ごしましたか?

休日は定期を利用してシティやビーチ、マーケットなど色々なところへ足を運びました。メルボルンは街並みがカラフルで歩いているだけでとても満喫することができました。
02

滞在中の面白い体験を一つ教えて下さい。

バスの停留所の名前・アナウンスがないことです。自分で降りるバス停の風景を覚えておかなければならないので、初めて乗ったときは降りる場所がわからず、パニックになりました。案の定、降りる場所を間違えました。笑

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

今回の海外インターンを通して、改めて異文化に触れ合うことの楽しさや大切さを感じました。大学で外国の文化について学ぶことも多いので、より様々な文化を学んで自分の卒業研究に繋げたいと考えています。また、海外と携わっているところに就職したいという思いもあります。就活では、積極的になった自分を出すことができればいいなと思います。ひとりで何事も乗り越える力も強みとしてアピールしていきたいです。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

自分が思っている以上の積極性が必要だと感じました。何事にも果敢に挑戦していくことが大切だと思います。一歩踏み出す勇気を持って頑張ってください!!

Print Friendly, PDF & Email