トップ > 体験談

自分に自信がなかった私にとって、インターン体験を経て、今は大きな自信を持てています

00

名前:冨田 真央(とみた まお)さん
参加コース:オーストラリアインターンシップ(メルボルン)
留学期間:2015年8月〜9月
インターン先:公立中高校
キャリアデザイン学部 マーケティング専攻 2年生(当時)
先生の板書をひたすらノートに写すという日本の授業が当たり前だと思っていた私にとっては非常に良い刺激になりました

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

大学1年生の時の短期留学でのホームステイであまり会話ができなかったことが悔いに残っていました。また、留学先に日本人が多く留学した感覚がなかったことも心残りで、時間がある大学生のうちにもう一度海外で挑戦したいという気持ちがあったため、今回参加を決めました。

なぜメルボルンを選択しましたか?

メルボルンは世界一住みやすい都市でもあり、教育の質も高いことで有名だと聞いたからです。また、海外はリゾート地しか行ったことがないわたしにとって、文化の都市でもあるメルボルンは魅力的でした。
02

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

高校2・3年の授業では、日本に関する個人研究のアドバイスや実際に日本へ行ったことを想定しての日本語でのロールプレイをしました。中学生の授業では、うるさい生徒を注意したり、なかなか授業に取り組まない生徒と一緒にワークを進めたりしました。また、ちょうどインターナショナルフードフェスティバルが開かれ、お寿司などの日本食を作って提供しました。毎週水曜日には近くの小学校へ日本語の授業のアシストをしに行き、一緒に折り紙を折ったり、ひらがな練習用の授業資料を作ったりもしました。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

とにかく今どのような状況かを理解することです。海外の授業は日本とは全く違う雰囲気でした。そこで生徒の自由度も理解しつつ、今やっていいこととやってはいけないことを理解し、自分がどのように行動するべきか常に考えていました。また、生徒との壁をなくすために常に笑顔でいることを意識していました!

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

とにかく元気のある生徒が多かったです。一方で、大人しい生徒もクラスには必ずいました。その中で授業への参加を促すことに苦労しました。そこで生徒一人一人の性格に合わせて、接し方を変えることで克服しました。元気で集中力に欠ける生徒には雑談をまじえつつ、複数で楽しくワークを進めたり、大人しい生徒に対してはマンツーマンで集中してワークを進めたりしました。
02

滞在先はどうでしたか?

3人(mother・sister・brother)家族で笑顔の絶えない家庭でした。放課後には子どもたちの勉強を手伝ったり、一緒に遊んだりしました。また、毎晩家族で映画を観て、ひとり暮らしをしている私にとって家族とのかけがえのない時間を過ごすことができました。

休日はどのように過ごしましたか?

ホームステイ先では子どものバスケットボールの試合や、定期演奏会を観に行きました。また、同じインターン先の子とメルボルンの街にもでました。別の日には、一人でランチしているとき隣に座った夫婦が話しかけてくれ、一緒にごはんを食べるという海外ならではの温かみを感じることができ、大変いい経験になりました。そして学校の先生もとても親切で、ワイナリーに連れていってくれ、おいしいワインをいただきました。

特に印象に残っていることは何ですか?

先ほども述べましたが、日本と海外の授業の雰囲気が真逆ということに驚きました。海外の授業は本当に生徒が活発でいつでもすぐに疑問をもったら先生に聞いたり、提案をしたりと生徒がメインの授業でした。机に座って、先生の板書をひたすらノートに写すという日本の授業が当たり前だと思っていた私にとっては非常に良い刺激になりました。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

自分に自信がなかった私にとって、インターン体験を経て、今は大きな自信を持てています。また、毎日生徒や先生方と過ごしている中で、自分は「人と関わることが好き」ということに気づくことができました。またもともと考え込みやすい性格だったのですが、海外の人の自由さに影響を受けてあまり考え込まないようになりました!そして当たり前が当たり前ではないということも考えさせられ、常に疑問を持って日本での日常を過ごすようになりました。
02

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

人と関わる仕事(できたら海外の人と関わる仕事)に就きたいと考えています。まだまだ完璧な英語ではありませんが、この経験のおかげで道に迷っている外国人観光客に話しかけられたり、アルバイト先に外国のお客様がいらっしゃったりしたときに躊躇なく接することができるようになりました。就活では、まず苦い思い出になってしまった海外へ行くことに再挑戦したことは、大きなチャレンジ精神として主張できます。また、時間がある大学生という期間を有意義に使っていたことを胸を張って言えます。そしてインターンシップに行ったことは語学力を上げる短期留学とは違い、自分自身で感じた海外でのことや自分の経験をより自分らしく述べることができるのではないかと考えます。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

当たり前ですが、留学と違って語学学校に通いません。しかしながら、その分、みっちり英語の環境にいる時間の中で過ごすことができます。もちろん仕事なので、留学よりも厳しい環境ではありますが、より海外の普段の生活を感じることができるので、自分自身の語学力だけでなく、自分の生活や将来などすべてのことを見つめ直す良いきっかけになると思います!

Print Friendly, PDF & Email