トップ > 体験談

出会ったひとたちの温かさを感じた

00

名前:佐藤 梨央(さとう りお)さん
参加コース:オーストラリアインターンシップ(メルボルン)
留学期間:2015年8月〜9月
インターン先:公立中高校
キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科 2年生(当時)
生徒と関わる中で、変に格好つけないでありのままでいることの重要性を感じた

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

二年生で何か挑戦したいと思い、海外インターンに行ける授業を思い切って選択してみたことがきっかけです。留学もインターンも初めての経験でしたが、あえて大きなステップにすることで自分を変えたいと思いました。

なぜメルボルンを選択しましたか?

教育学を学んでおり、海外の教育現場に興味があったので、学校の受け入れ先があるメルボルン市に応募しました。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

基本的には、私の担当になった一人の先生の授業のアシスタントとして、板書や採点、発音、質問対応などをしていましたが、学年が偏っていたので、途中からは様々な先生の日本語の授業に呼んでいただきました。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

私がいなくても手が回る職場だったので、その中でいかに自分にできる仕事を見つけ、学び、経験をさせてもらうか常に考えていました。また、四週間という短い期間でしたが、生徒や先生方とできる限りコミュニケーションをとることも心がけました。

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

二つあります。一つは最初全然仕事が貰えなかったことで、自分がインターンに来た目的や、何がしたいかなどの主張が曖昧だったことに気付き、とにかく自分の意志を持って相手に伝えることを心がけて克服しました。もう一つは、生徒の方が年下という事もあり、英語が通じなかったり質問に答えられなかったりするのを恐れてコミュニケーションが十分に取れなかったことです。ミスは気にせず、気取らず一生懸命コミュニケーションを取った方が心を開いてもらえると気付き、同じ目線に立つことを心がけて克服しました。

滞在先はどうでしたか?

メルボルンに来た人たちの中で、一番空港や都市から遠かったのですが、大通り沿いで比較的治安も良かったと感じています。ホストファミリーは、私が初めての受け入れで、申し訳なくなるほど良くしてくれ、何不自由なく四週間過ごすことが出来ました。学校まで遠かったので毎朝送ってくれ、夕食は毎晩美味しかったです。余談ですが、メルボルンは一日の中で天気が変わりやすく、五分で止んだ雨には驚きました。(笑)

休日はどのように過ごしましたか?

初週はホストファミリーと動物園とビーチ巡りをし、二週目は一緒にインターンに来た友達とシティに観光に行きました。三週目と一日だけあった平日の休暇は、行きたかったフィリップアイランドとパッフィンビリー鉄道に一人旅しました。
02

特に印象に残っていることは何ですか?

インターンも家も最後の日が印象深いです。授業の中で最後に挨拶したとき、担当の先生がとても悲しんで温かい拍手をくれたことや、日本語とフランス語科の先生方が、ランチにサプライズケーキを用意してくれていたこと、ホストファミリーと夕食で今までの思い出をたくさん話したことなど、たくさんの思い出があります。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

いつも自分の意志の持ち方が中途半端で、主張することが苦手でしたが、それではいけないということを実感することができました。また、生徒と関わる中で、変に格好つけないでありのままでいることの重要性も感じました。

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

繰り返しになりますが、はっきりした意志とその意志の表現力は就職活動に最も重要だと思うので、活かせると思います。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

私は英語にも社会人として働くことにも不安を抱えたまま行きましたが、挑戦して本当に良かったと思っています。少し自分中心かもと思うくらい自分を主張してもおかしくない環境は私にとってとても刺激的でした。現地での出会いは一生ものだと、帰国してしばらくした今実感しています。苦しいこともたくさんありましたが、真剣に取り組めば必ずうまくいくので、恐れず挑戦してみてほしいなと思います。

Print Friendly, PDF & Email