トップ > 体験談

国境を超えた出逢いを提供し、よりよい人生選択のサポートがしたい!

00

名前:土井 裕介(どい ゆうすけ)さん
参加コース:シンガポールインターンシップ
留学期間:2015年3月〜
インターン先:ソフトウェア開発会社(フレイト)
国際経営学部 3年生(当時)
一歩踏み出してみる、やってみることがこれからの人生を大きく変えると思います。

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

グローバルに活躍できる人材になるための、ビジョンの明確化と成長のために参加しました。高校時代に漠然とグローバルに活躍できる人材になりたいという想いがあり、国際経営学科を選択しましたが、そこでの留学生とのグループワークで自らの無力さと、情けない思いを痛感しました。この時に、文化や言語に関係なく活躍できる人材になりたいという想いがより強くなり、弱みであったリスニング力とスピーキング力の向上に努め、参加に至りました。

なぜシンガポールを選択しましたか?

シンガポールは経済成長も著しく、急激に発展している国であるからこそ、そこで働いている方や現地の方の文化や価値観を肌で感じることが将来のキャリアに繋がるのではないかと考えたためです。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

貿易関係のITソフトウェアの企業で、日本向けのソフトウェア作成(翻訳・調査)に携わりました。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

自分がなんのためにここにいるのかということと、そのために何ができるのかということを常に意識して行動していました。

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

最初に任された業務が、ソフトウェア上の貿易に関する言葉を英語から日本語に翻訳するというものでした。ただの翻訳だと捉えると簡単なように感じますが、 
① 貿易に関する知識がほとんどなかったこと 
② ソフトウェアの役割を理解する必要があること 
③ 教わるために英語でも理解する必要があること
という壁がありました。そこで、私は、社長から貿易に関する英語の本を3冊借りて、1週間プライベートの時間をインプットに費やしました。その後、そのインプットした知識を活かして、仮説を伝えながら、メンバーの1人にソフトウェアがどのような役割を果たしているのかを教えてほしいと進言しました。間違っている点をソフトウェアの疑似版を用いながら指摘して頂き、理解を深め、以前よりも適切なワードに翻訳することができました。

特に印象に残っていることは何ですか?

シンガポール滞在時期に、シンガポール建国の父とされるリー・クアンユー氏が逝去され、多くの一般の方々が弔問に行かれていました。シンガポールという国を作り、これだけ多くの人に愛されている事実を目の当たりにし、これまでの功績の偉大さとともに、1人の人間の可能性を実感しました。
02

滞在先はどうでしたか?

シンガポール人の夫婦の家庭だったのですが、たまたまホストファザーが1ヶ月間仕事で不在であったため、ホストマザーと2人の生活でした。とても優しい方で、朝食にいったりしてシンガポールや仕事に関してお話をしました。また比較的自由にシャワーや洗濯機や冷蔵庫等を使わせていただきました。今度海外に行く機会があれば、違う形の滞在方法も経験したいですね。

休日はどのように過ごしましたか?

観光したり、交流会に参加したり、仕事についての勉強をしたりしました。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

① 何ごとも個性を捉え、物怖じせずに行動する 
② 一人一人の個性をより尊重する、という意識が身に付きました。英語力や知識力のレッテルを意識せずに、自ら考え意見を発信していくこと、疑問を投げかけていくことが当たり前であり、その環境は個性をないがしろにすることなく、周りに受け入れる姿勢があるからこそ成り立つものであると実感したことがきっかけです。

将来の夢に向かって、同経験をどのように活かせますか?

将来的には国境を超えた出逢いを提供し、よりよい人生選択のサポートがしたいと考えています。様々なチャレンジをして新たなこと・物・人と出逢うことが個性を作りあげていることを強く実感し、また、国を超えた新たな出逢いにはより多くの可能性があると感じたからです。その際に、海外の方々を巻き込むビジネスを行っていく上で、自身の気持ちをしっかりと伝えること、それぞれの文化や価値観を理解・尊重することで信頼関係を築くことができるという点で、今回の経験が活かせるのではないかと考えています。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

一歩踏み出してみる、やってみることがこれからの人生を大きく変えると思います。人生は選択と出逢いの連続であり、新たな出逢いが意識を変え、成長を促すものだと考えています。海外インターンシップは、新たな出逢いがたくさんあります。私自身、グローバルに働くとはどういうことなのか、活躍するために何が必要なのかが、実際の就業経験と現地で働いている日本人の方々との交流を通して明確になり、強い意志を持って自分の道を選択できるようになりました。ですので、皆さんにも、一歩踏み出してみてほしいと思います。

Print Friendly, PDF & Email