トップ > 体験談

絶対に良い経験になると思うのでぜひ挑戦してみて下さい!

00

名前:松本 真帆(まつもと まほ)さん
参加コース:シンガポールインターンシップ
留学期間:2015年3月〜
インターン先:出版・イベント会社(ブライダル)
法学部 2年生(当時)
インターンで身につけたビジネス英語を活かして、海外と日本の架け橋になれるような仕事がしたい

02

プログラムに参加した理由は何ですか?

日常会話レベルの英語は話せたのですが、ビジネスの現場で自分の英語がどれくらい通用するか分からなかったため、自分の力を試してみたいと思い参加しました。

なぜシンガポールを選択しましたか?

アジアの中でも成長が著しいシンガポールで実際に働いてみたいという気持ちと、様々な人種の方々と関わってみたいという気持ちがあったため、シンガポールを選びました。
02

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

私はイベント企画会社で働いていたのですが、業務としては実際にイベント会場にてお客様の対応をしたり、オフィスではイベントのスポンサーや出展者を探したり、シンガポールのマーケットと日本のマーケットを繋ぐ業務を行っていました。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

積極的に自分からオフィスの方々に話かけてコミュニケーションをとることを心がけていました。また与えられた仕事が終わっても、他に仕事はあるか尋ねるなど、自分にできることは何かを常に考えるようにしていました。

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

自分がある程度話せると思っていた英語が、ビジネスの場になると、なかなか通用しないことを痛感しました。例えば英語で電話をかけているときに、ビジネス用語を言われると即座に対応できず、焦ってしまうことがありました。しかし、ビジネス英語を習得できるように単語を覚えたり、積極的に英語で交渉して実践練習を積み重ねていくうちに冷静に対応できるようになり、英語で電話をかけて交渉することも怖くなくなりました。
02

特に印象に残っていることは何ですか?

特に印象に残っている出来事は、イベント会場での業務です。受付にいると様々なお客様がいらして、時にはクレーム処理をしたり、びっくりすることや大変なこともありましたが、色々な人種の方々とコミュニケーションが出来、とても良い経験となりました。

滞在先はどうでしたか?

ホストファミリーはとても優しく、時間がある時はドライブに連れていって下さったり、私が疲れた顔で朝起きたら駅まで車で送って下さったりなど、いつも私のことを気にかけてくれました。ホストファミリーのおかげで、ホームシックにならずに安心して生活できました。

休日はどのように過ごしましたか?

現地で行われるビジネス交流会に参加したり、Meet upという交流会に参加し、現地の方々と関わる時間を大切にしていました。また、同僚の方々とマレーシア旅行をしたり、街散策をしたりなど、有意義な時間を過ごしました。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

100パーセント英語環境の中、現地の会社でインターンをしたことで、働くということの大変さを実感しました。しかし、必死に食らいついたことで、ビジネスとは何かについて知ることができ、またビジネス英語を学ぶことができたと思います。
02

将来の夢に向かって、同経験をどのように活かせますか?

今回インターンに参加したことで、自分を改めて見つめ直すことができました。正直、今は色々なフィールドに興味があり、まだ具体的に将来の展望が決まっているわけではないのですが、海外と日本の架け橋になれるような仕事がしたいと思っているので、インターンで身につけたビジネス英語を活かしていきたいと思っています。また、海外の企業で100パーセント英語環境の中でインターンをするというのはとても貴重な経験だと思うので、今回学んだ英語でのコミュニケーション力を今後に活かしていきたいです。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

海外でインターンをするとなると、日本とは環境が違うため、不安なことも沢山あると思いますが、絶対に良い経験になると思うのでぜひ挑戦してみて下さい!

Print Friendly, PDF & Email