トップ > 体験談

海外に関わる仕事がしたいと強く思う様になりました

00

名前:内藤 寛志(ないとう ひろし)さん
参加コース:シンガポールインターンシップ
留学期間:2013年8月〜9月
インターン先:マーケティングコンサルティング会社
東京都出身 都内大学 法学部 法律学科 4年生(当時)
国際的に小さくとも影響を与えられた事にやりがいを感じました

02

プログラムに参加しようと思った理由は?

就職活動を通じ、自分が「働く」ことの意味を理解していないこと、特に「海外で働く」ことについて何も理解しておらず、自らの夢が正しいのかどうか、自分がやりたいことを本当に理解することはとても大事ではないかと思い、参加することにしました。
02

アジアプログラムを選択した理由は?

経済成長著しいアジア地域、とくに日本よりも高い一人当たりGDPを誇るシンガポールでのインターンを希望していました。シンガポールでの社会状況や働き方、文化などを間近で見ることにより、何かしら日本でこれから行うことのヒントが得られれば良いと考えました。 さらに言えば、これからの日本企業の課題の一つは、いかに途上国、特にアジア太平洋地域での経済成長をいかに取り込むかということ。間違いなく、就職活動やこれからのキャリアとして、有利に働くだろうとも考えました。

同プログラムで達成しようと思っていた目標は?

「海外で働く」ことがどういうことか、実際に経験し理解すること。そして、自分が間違いなく海外でも通用する人材なのだということを証明すること。
02

インターン体験について教えて下さい。

アメリカ系マーケティング&PRコンサルティングファームでインターンしました。スタッフは10名弱の小さなオフィスですが、何でも話せるアットホームな雰囲気でした。小規模ですので、ひとつの案件に対して、自分が様々な範囲をカバーしなくてはならないので、多様な経験が得られました。

インターン先での具体的な仕事内容を教えてください。

主にインドと日本に対する、市場調査・メディア調査・掲載先の確保などの業務を行っていました。頼まれた仕事もこなす一方、そこにプラスアルファの付加価値をつけて出すことで、任される範囲が拡大していきました。例えば、「日本の太陽熱発電の市場規模が良く分からない」と上司が漏らしているのを聞いた時には、頼まれなくとも太陽熱発電の日本市場に関するレポートを提出することで、とても喜んでもらえました。

滞在中、印象に残っている出来事は何でしたか?

インターンでは、自ら書いた日本の自動車産業に関するレポートを支社長にお読み頂き、ロンドン・ニューヨーク等のグローバルチームに共有されるように決定されたことですね。自分のしたことが、国際的に小さくとも影響を与えられた事にやりがいを感じました。 プライベートでは、F1観戦ですね。耳がつぶれるかと思うほどのエンジン音と本当に火花を散らすデッドヒートが最高の思い出です。
02

インターン中の滞在方法を教えてください。

ホームステイ。専用の部屋とシャワーを一つ、割り当てて頂きました。とてもホストファミリーとは仲良くして頂き、一緒にチョーヤ(梅酒)を飲んだり、近くのチキンライスのレストランで食事をしたり、シンガポールの歴史について教えてもらったり。とても楽しい時間を過ごせました。

インターン体験によって得たものはどんなことですか?

まず、大きな自信を得ることが出来ました。僕の場合、バスツアーで一週間海外に行ったことを除けば、純粋に初めての海外経験。そのような中、日本人が得意とする気遣いと積極的な行動で、信頼して頂き、ある程度の結果を残すことが出来ました。これから同様な場面に出会ったとしても、より落ち着いて、堂々としていることが出来るでしょう。 また、働くことがどういうことか、体感することが出来ました。やりたいことが出来るわけでは無いですし、積極的にならなければ埋没していきます。それだけに、自分が本当にやりたいと思ったことを、熱意をもって行い、ひとつの結果となるときの喜びは何物にも代えがたいものがあります。今では早く働きたいと思えるようになりました。
02

今後の展望や将来の夢を教えてください。

海外に関わる仕事がしたいという想いが、とても強くなりました。投資やM&A、貿易などを通し、日本と海外のシナジーを生みだせるような人材に成長していくことが出来れば、と考えています。

プログラム参加を検討されている皆さんにアドバイスを御願いします。

人は環境によってどのようにも変わるものだと思います。海外に行くことは、大きな環境の変化です。家族と離れ、言葉も代わり、自らが親しんでいる価値観とも離れなくてはなりません。だからこそ、海外に行き、さらには「働く」という最も深い交流を伴う行為をすることにより、苦しみながらも大きな成長を得ることが出来ます。自分を変えてみたい、成長してみたい、可能性を追求してみたいという積極的な人であれば、是非行ってみてほしいと思います。

Print Friendly, PDF & Email