トップ > 体験談

インターン経験を自分の物にどんどん変えて、夢を叶えていこうと思います。

00

名前:倉成 由香さん
参加コース:アメリカインターンシップ(シアトル)
留学期間:2015年8月~9月
インターン先:The Museum of Flight(航空博物館)
キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科 2年生
自分からスーパーバイザーに声をかけてたくさんのお仕事をやらせていただき、それが今は自信につながっています。

02

プログラムに参加した理由は何ですか?
授業の一環としてインターンに参加することが必須だったのですが、国内インターンと海外インターンという2つの選択肢があり、他の人があまり経験していない、めったにできない経験だと思い海外インターンを選びました。

03

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

主に、外に展示してある飛行機の案内係と、子供向けプログラムのお手伝いでした。最初は、飛行機の案内や監視だけを任されていました。しかし、私はキャリアデザイン学部の教育部門を専攻しているため、より教育的なことを学べないかと思い、スーパーバイザーに相談しました。すると、エデュケーションのセクションにも携わることができることになりました。

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

自分からお仕事を見つけて、積極的に探していかないといけないところが、海外で仕事をするうえで最も大変な点でした。ですが、自分からスーパーバイザーに声をかけてたくさんのお仕事をやらせていただき、それが今は自信につながっています。

特に印象に残っていることは何ですか?

私が働かせていただいた航空博物館が、ボーイングのイベントを日本で開くことになり、それに打ち合わせ段階から当日のお手伝いまで参加させていただいたことです。シアトルでの打ち合わせでは、プログラムの内容の確認とアドバイスをしました。日本の子供たちがどんな物が好きか、嫌いか、日本の礼儀など、日本人の私ならではの意見を伝えました。日本で行われた当日のイベントも大成功!打ち合わせ段階から参加させていただいたこの経験は、一生忘れません。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

やはりインターン中には英語を使うことがほとんどでしたので、英語でのコミュニケーション能力は学ぶことができたと思います。日常とは違って、お仕事でのコミュニケーションが学べました。また、積極的にできること、したいことを申し出ることの大切さも学びました。

滞在先はどうでしたか?

滞在先にはもう1人日本人の女の子がステイしており、ファミリーも明るく楽しい人たちでした。夜ご飯がおいしかったです。

休日はどのように過ごしましたか?

休日は、マウントレーニアに行ったりカークランドに住んでいるアメリカ人の友達と再会したりなど、大変充実していました。

将来の夢に向かって、同経験をどのように活かせますか?

学んだ積極性や仕事をするうえでの英語コミュニケーション力、また今回で広がったご縁を今後に生かして、自分の物にどんどん変えて夢を叶えていこうと思います。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

海外インターンシップでは、自ら行動して自ら人と関わっていくことがとても大事です。勇気を出して頑張ってください!

Print Friendly, PDF & Email