トップ > 体験談

海外でホスピタリティーに挑戦したい私のインターン

00

名前:吉田圭織(よしだかおり)さん
参加コース:ブリスベン
留学期間:4週間
インターン先:高級ホテル
経営学部 1年(当時)
09:00
出社

                

10:30
ゲストにモーニングティーのサービス

                

11:30
ランチ(社内の無料ビュッフェ)
12:30
ゲストにランチのサービス
15:00
ゲストにアフタヌーンティーのサービス
16:00
退社
19:00
ホストファミリーとディナー
*勤務中のゲストサービスがない時間は別のイベントの準備のために食器を磨いたり、会場設営をしたりしました。

インターン時の経歴を教えてください

経営学部 国際経営学科 1年

プログラムに参加しようと思った理由は?

今回は、自分の英語が現在どれほど海外の職場で通用するか、また日本とのホスピタリティーの違いを学びたいと思ったためこのインターンに参加しました。なぜなら私は将来様々な国の人々とコミュニケーションを通して、海外で仕事をしたいと思っているからです。実際に現地でお客様を相手にするという責任をおいながら仕事をすることで自分の将来を考える経験の糧とするために「海外でホスピタリティー」という仕事を選びました。

なぜブリスベンを選択しましたか?

特にブリスベンにこだわっていたわけではなく、海外でホスピタリティーに挑戦したいと考えていてそのチャンスがあったためこの場所を選びました。ブリスベン市内には無料のミュージアムや屋外人工プールなど気軽に観光できるところが多く良いところでした。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

私はホテルのバンケットチームに配属されて、コップやお皿、食器を磨いたり、ゲストにランチやアフタヌーンティーを提供したり、ゲストが使い終わったお皿を片付けたりすることをおこないました。ゲスト対応の時間よりも食器磨きなどの準備の時間が多かったです。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

自分から積極的にできることを探すことと多くの人とコミュニケーションをとることです。一つの仕事が終わったら「次は何ができますか?」と職場の人に尋ねてどんどん新しいことに挑戦しようしました。また職場の人に積極的に話しかけてコミュニケーションをとり、効率よく仕事をすすめられるようにしたり、ゲストが楽しい時間を過ごしてもらえるようにコミュニケーションをとったりすることも心がけました。

苦労した事は何ですか?また、その苦労をどのように克服しましたか?

言語がすべて英語ということで始めたばかりの時は知らない単語も多々あり戸惑ったこともありましたが、何度か働いていると慣れてきて聞き取りも話すことも問題なくすることが出来ました。また職場にはスペインやコロンビア、フィリピン、韓国な様々な所からきている人が多かったので英語が第一言語ではない人達も多く、たまに相互理解が難しいこともありましたが、ボディーランゲージなどを通してコミュニケーションをとることが出来ました。

02

滞在先はどうでしたか?

ホストファザーとマザーと高校生の中国人留学生がいる家にホームステイをしました。中国人の子は家に居る時は自分の部屋からあまり出てこなかったので会話をすることが出来ず、残念でしたが、ファザーとマザーはとても優しく、夜ご飯を一緒に食べて1日の出来事を話したり、休日はドライブでショッピングや動物園、ビーチに連れて行ってくれたりしました。

休日はどのように過ごしましたか?

ホストファザーとマザーと一緒にショッピングや動物園、ビーチにいったり、職場の人たちとシティーでご飯を食べて会話を楽しんだりしていました。

特に印象に残っていることは何ですか?

ベジマイトというパンなどに付けるペーストのジャムみたいなものの味が衝撃でした。オーストラリアに行く前までは名前すら聞いたことがなく、ホストファザーが「オーストラリアでは有名だから試してみてね。」と勧めてくれたので食べたのですが、正直とてもまずかったです。しかしホテルの休憩エリアに自由に食べていいベジマイトが置いてあってオーストラリアの人がパンにたっぷりつけて食べているのをみてとても驚きました。オーストラリアにいったら1度は試してみるといいと思います。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

臨機応変に対応する能力の大切さを学びました。バンケットはお客様相手の仕事なのでゲストから「新しいコップが欲しい」や「メモ用紙が欲しい」などゲストの要望に合わせて物を準備したりすることが多々ありました。ある日アフタヌーンティーのサービスの予定がもともとなかったゲストが「会議が長引いたから何か食べるものをもらえるか?」と聞かれすぐに仲間に相談して食べ物を用意したことがあり、ゲストから感謝されたことがありました。その経験からゲストの希望に応えるために柔軟に行動する大切さを学びました。また、今回の海外インターンを通して日本と海外の違いを身にしみて感じました。オーストラリアではスタッフが積極的にゲストに話しかけたりしていて日本よりもゲストとの距離感が近くいいなと感じました。それぞれのいいなと思った点やちょっとだめだなと思う点を見つけることができたので、この経験を今後のアルバイトや将来の仕事に生かしていきたいと思います。
02

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

私は将来様々な国の人々とコミュニケーションを通して、海外で仕事をしたいと思っているため、実際に現地でお客様を相手に仕事をすることが出来たこの経験は自分の将来を考えるためにとてもいい経験になりました。この経験を通して改めて将来、英語を使って海外でコミュニケーションができる仕事に就きたいと思うことができたのでその夢に向かって努力していこうと今後のモチベーションにつながりました。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

もし興味があるならば一歩踏み出してぜひそのチャンスをつかんでほしいです。私も行く前までは自分一人で知らない土地で働くことに不安でいっぱいでした。しかし行ってしまえば「やると決めたからにはやるしかない!」と思いなんでも挑戦しようと思えるようになりました。オーストラリアの人達はみんな優しいので困ったことがあったら相談すれば助けてくれるし、気軽に話しかけてきてくれたりします。日本と海外の仕事上の違いを学ぶことができるのはもちろん、ホームステイを通して文化や生活の違いも体験することができます。少しでも迷っているならぜひ挑戦してみてください(^▽^)

02

Print Friendly, PDF & Email