トップ > 体験談

仕事においても知らなかった英単語や英語表現を学ぶことができました

face

name
 
研修先名:人気老舗ホテル
研修都市:オーストラリア・ブリスベン
研修期間:4週間

 
ホテル研修では1週間ごとに部署が変わったので、その中でも一番活動的だったBanquet部門での、大きいイベントのあったある一日をご紹介します

09:15
出社、身支度
09:30
Pavilion(イベント会場とは別室)にてモーニングティーの準備
10:00
モーニングティー(モーニングティー中はその場の食器類の片づけやお客様との会話を頑張る!)
10:30頃から
モーニングティーの片づけ
11:00
Pavilionにてランチの準備
11:30
お昼休憩
12:00
ランチ(モーニングティー同様)
13:00頃
ランチの片づけ
13:30
Pavilionにてアフタヌーンティーの準備
14:00
裏で洗い終わった食器類磨きやその他雑用
15:00
アフタヌーンティー(モーニングティー同様)
15:30頃
アフタヌーンティーの片づけ
16:00
退社
17:00
帰宅
18:00
ホストファミリーとディナー

ホテルのあらゆる部署での仕事を経験できたインターン

intern

Q:自己紹介をお願いします。

外国語学部 交流文化学科3年の赤崎です。
このプログラムに申し込んだ理由は、まず参加する前、私は海外勤務に興味を持っていました。そのため本格的に就職活動を始める前に、本当に海外で、周りが全て英語という環境の中で働くというのはどのようなことなのか、そして日本での働き方と海外での働き方はどう違うのかを身をもって体験し、知っておくべきだと考えました。そして、今後就職活動をするにあたって自分がすべきことは何なのか、自分に足りないものは何か、それまでに克服しなければならない自分の課題は何なのかを見つけたいと思ったからです。また、英語力も向上させたかったというのも理由の一つです。日常会話の中での英語力は勿論、働く上で必要な丁寧語や専門用語を習得したいと思っていました。

Q:なぜブリスベンを選択しましたか?

もともとは、これといってブリスベンに執着はしていませんでした。まずはホテル研修ができるところを探していました。しかし、ブリスベンは過ごしやすい気候で治安も良いと聞いていた上、私自身ブリスベンではありませんがオーストラリアには行ったことがあったので、特に迷うこともなくブリスベンを選択しました。

intern

Q:インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

インターン先では約1週間ごとに働く部署が変わり、人事部(書類整理や新しい職員の配属先決め、制服の在庫チェック等)、Banquet部(何か行事がある時のティータイムやランチの準備・片付け、また、次のイベントのための部屋の模様替えや食器類を磨く作業、ナプキンを折る作業等)、レストラン部(朝食中・朝食後の片づけ、お客様に料理を出す作業、レストラン内の掃除、ランチやディナーのための準備、テーブルのリセット、ルームサービス等)、セールス・カンファレンス・イベント部(カンファレンスやイベントの予約手配・調整・管理、依頼者へのイベントの金額の精算報告・管理、従業員の領収書などの管理、ウェディングのための準備等)、ハウスキーピング部(ハウスキーピング部門にて部屋のベッドのシーツをはがしたり、ゴミを回収したり、スパをきれいにする等部屋の掃除)にて働かせていただきました。どの部署でも非常に充実した濃い時間を過ごさせていただきました。

Q:インターン中に心がけていたことは何ですか?

どんな仕事でも120%の気持ちで取り組み、何か自分にも出来ることはないか常に探しながら、積極性と責任を持って働くことを心がけていました。

intern

Q:インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

インターン先で最も苦労したことはやはり会話です。忙しい中で早い英語の指示をきちんと聞き取らなければならないのも勿論大変でしたが、とりわけお客様と会話する際の失礼にならないスマートな英語表現に苦戦しました。食べ終わったお皿を回収する際にさらっと会話をしたり、Hello, how are you? から始まる、軽い会話を含めた挨拶の丁寧表現等、普段日本ではしないような会話に慣れるまでには時間がかかりました。他のスタッフを見て学んではいたものの、いざ自分がやるとなるとなかなか上手く英語が出てこず、これを克服するために、なるべくお客様と会話をするようにして、学んだことをどんどん実践していました。

Q:滞在先はどうでしたか?

滞在先には、小さい子どもたちがおり、いろいろな人がよく集まる所で、とても賑やかな家でした。また、中国人留学生もおり、良い文化交流ができました。

intern

Q:休日はどのように過ごしましたか?

休日は、電車やバスを使ってブリスベンの名所を訪れたり、ブリスベンの中心地を散策しました。また、家ではホストファミリーとテレビや映画を見たり、外で遊んだり、その日あったことや家族の話等をしていました。

Q:特に印象に残っていることは何ですか?

日常生活の中で起きる些細なカルチャーショックや、仕事で使う英語と日常生活で使う英語のレベルがかなり違かったことが特に身に染みて印象に残っています。

intern

Q:インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

このインターン体験では、「日本だったらこうだろうな」や「日本人だったらこうしているだろう」など、日本との違いを身に染みて感じることができました。文化の違いは勿論、自分のアルバイトでの経験から仕事面での違い等、海外で働いてみなければ分からなかったことを沢山発見することができました。そして、日々の生活の中や仕事においても知らなかった英単語や英語表現(オーストラリア人は LovelyとCool を多用するなど些細なことまで)を知ることができ、勉強になりました。また、このインターンシップを通して「自分はこの仕事、あるいは海外で働くということに合っているのかどうか」や「将来自分がしたいこと・自分に合う仕事はどういうものなのか」などを何度もじっくり考えることができ、完全に答えが見つかった訳ではありませんが、インターン前よりは少し明確になったような気がしました。

Q:同経験を就活にどのように活かせそうですか?

1つ前の質問でも述べましたが、このインターンを終えて自分の将来、そして本当にやりたいことが、インターンに参加する前より見えてきました。これをもとに就活をよりスムーズに進めていけると感じております。また、このインターンを通して自信や度胸がついたと思うので、就活でもへこたれないでやっていけるような気がします。

Q:海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

もし海外インターンシップに行くことを迷っているなら、絶対に行くことをお勧めします。英語力の向上だけでなく、自分の視野が広がり、本気で将来をじっくりと考えることができます。そして、自分にしか分からない何か良いものを得ることができます。また、先程も述べましたが、自信や度胸がつくので帰国した際には、良い意味で確実にあなたの何かが変わっているはずです。しかし、行くからには何か目標を持って行った方が得るものも大きいと思います。

Print Friendly, PDF & Email