トップ > 体験談

ワークライフバランスのとり方が上手で、とても魅力的だった。

face

name
 
研修先名:アパレル(ファションブランド)
研修都市:オーストラリア・ブリスベン
研修期間:4週間

09:00
出社、業務内容の確認
10:00
在庫チェック、クオリティチェックなど
12:00
ランチ
13:00
SNS投稿用の写真のネタ探し、撮影・加工
15:00
他のスタッフの手伝い(生地の裁断、店頭への商品の移し替えなど)
17:00
明日の仕事の確認・引継ぎ。退社
18:00
ホストファミリーとディナー

自分の適性を発見できたインターン

intern

Q:自己紹介をお願いします。

異文化コミュニケーション学部3年の伊藤です。海外で働くことに興味があり、夏休みの期間を利用して仕事・海外での生活とはどのようなものかを体験したかったためインターンに参加しました。

Q:なぜブリスベンを選択しましたか?

私の場合、研修先やそこで働くひとに興味があり参加させていただいたので、国や都市によって選択したわけではありませんでした。

Q:インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

業務内容は多岐に渡り、商品・品質管理などの事務作業からお店や商品のプロモーションのための企画(SNSへの投稿用のアーティスティックな写真の撮影やノベルティグッズの考案など)、また実際にモデルをスタジオに招いての来季のカタログ用の写真撮影など、様々な経験をさせていただきました。

intern

Q:インターン中に心がけていたことは何ですか?

とにかく分からないことがあったら躊躇せずに質問し、コミュニケーションをとること。様々な国籍や文化を持つ人々が共に働く現場では、伝わりにくいことがあったり、指示を聞き間違えてしまったりすることがよくあります。ミスをして迷惑をかけないこと、また積極的に質問してコミュニケーションをはかることで皆さんに認めていただくことを心がけていました。

Q:インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

一つはやはり言葉です。指示されていることは理解できても、疑問に思うことや言いたいことが適格に言えず何度ももどかしい思いをしました。もう少し仕事で役立つようなフォーマルな英語を学んでくるべきだったと感じました。もう一つは業務内容に関することです。アパレル業界なのでクリエイティブなアイディアを求められることが多かったのですが、なかなかアイディアが浮かばず苦労しました。しかし一方で商品管理などの事務仕事は得意だということに気づくことができたので、自分の向き不向きを見つけるいい機会になったとも思っています。

intern

Q:滞在先はどうでしたか?

ベトナム人とオーストラリア人の老夫婦と中国人のハウスメイト2人という家族構成でした。家はとても広く清潔で、料理はほとんど毎日アジア系のものが出されていました。夜になるとよく夫婦と親交のある近所の方々が遊びに来て一緒に食事をしたり、こちらから他の留学生を受け入れているお家にご飯を食べに行ったりと、様々な人と触れ合うきっかけを作ってくださいました。

Q:休日はどのように過ごしましたか?

友人とプールに出掛けたりパーティーに参加したりと、毎週楽しく過ごしました。今回は1か月と短かったので、できるだけ多くの人と関わろうと毎週行われている交流会に顔を出し、様々な人々と出会うことができました。

Q:特に印象に残っていることは何ですか?

ワークライフバランスのとり方です。仕事と自分の時間をきっちり分けており、仕事はなるべく時間内に効率的に進め、プライベートでは思いっきり楽しむ、というのがとても魅力的だと感じました。

Q:インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

一つは前述の通り自分の適性を発見できたことです。これまで苦手と思っていたこと、得意だと思っていたことが実際の現場でやってみると違っていたり、以外な適正が見つかったり、という発見がありました。これは自分の身をもって体験しなければ気づけないことであったと思っています。もう一つは将来のビジョンです。様々な文化や国籍を持つ人々と共に働いたということは、それだけ多様な人生をたどってきた人々と触れ合うことが出来たということです。これまで目の前にあった選択肢は非常に限られたもので、実はもっとたくさんの可能性があるのだということに気づかされました。

Q:同経験を就活にどのように活かせそうですか?

事前に明確な目標を設定し、結果はどうあれそれを達成しようとできる限りの努力をし、その過程で感じたことや発見できたことは、自分を語る上での具体的で説得力のあるストーリーになると思っています。

Q:海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

先ほども述べましたが何事もやってみなければ分かりません。海外に少しでも興味を持ち、参加しようか迷っているなら、絶対に挑戦することをお勧めします。失敗も辛い思いもするかもしれません。でも短い大学生活、楽しかっただけで終わらせるのはもったいない。挑戦して、失敗して、傷ついて学んだことは一生の宝であり、それが今後の自分たちを形成していってくれると信じています。もちろん辛いことばかりではなく楽しいことやワクワクするようなこともたくさんあるので、ぜひ挑戦してみてください!

Print Friendly, PDF & Email