トップ > 体験談

最も重要なのは英語力ではなく、”主体性”

名前:野中 友芽(のなか ゆめ)さん
参加コース:短期インターンシッププログラム オーストラリアブリスベン
留学期間:4週間
インターン先:アパレル企業
インターンシップ時:大学2年生 春休み
07:00
起床、朝食・昼食準備
08:00
バスで出勤
09:00
出社、開店、タスクの確認
10:00
オンラインサイトの編集
11:00
商品のピッキング
12:00
休憩所で昼食
13:00
ミーティングに参加・プロモーションスケジュールの策定
15:00
フォトシューティング
16:00
閉店、明日のタスクの確認・引継ぎ
17:00
退社
18:00
帰宅、ホストファミリーとディナー
19:00
ホストファミリーと映画鑑賞
23:00
就寝

インターン時の経歴を教えてください

国際総合科学部 経営科学系2年

プログラムに参加した理由は何ですか?

将来、グローバル企業に就職し、国際的な事業に携わりたいと考えており、本格的に就職活動が始まる前に、「海外で働く」という経験を得たいと思い参加を決意しました。また、その経験をもとに「グローバル人材として働く」という将来のビジョンをより具体的かつ明確なものにしたいと考えたためです。

なぜオーストラリア・ブリスベンを選択しましたか?

オーストラリアを選択した第一の理由は多国籍国家・多文化主義であり、グローバリゼーションを肌で感じることが出来ると考えたためです。第二の理由としては比較的治安が良く、生活環境が整っているためです。

インターン先ではどのような業務を行っていましたか?

主にオンラインサイトの編集を担当させて頂きました。オーストラリアは日本に比べ国土面積が広いため、店舗での販売よりもオンラインでの販売が主流となります。そのため、各商品の在庫数を確認し、より販売数を伸ばしたい商品をページのトップに配置したり、関連商品の情報を付け加えたりするアップセルによって顧客単価の向上を図りました。その他にも店舗への在庫調整(ピッキング)やクオリティチェック、フォトシューティングの補助などプロダクション分野からマーチャンダイジングやプロモーション分野まで業務内容は多岐に渡りました。また、このように様々な分野の業務を経験したことで、アパレル業界のサプライチェーンの全体像を掴むことが出来ました。

インターン中に心がけていたことは何ですか?

どんなに小さなことでも自己判断をしない事です。企業・組織の一員として働く上で自己の裁量で業務を進めてしまうと、その判断が間違っていた場合にクライアントやカスタマーに迷惑をかけてしまう可能性があるためです。インターンシップ生であっても、その企業の一員としてお客様からの信頼を失うような事態を招かないように十分に注意する必要があると感じ、以上の点を心がけて業務に取り組んでいました。

インターンではどのようなことに苦労しましたか?また、それをどのように克服しましたか?

一番苦労したことは外国人スタッフとのコミュニケーションです。外国人スタッフからタスクの指示を受ける際に一部内容が理解出来ないことがしばしばありました。そのため、指示を受けた後にもう一度指示内容を復唱し、自身の解釈が正しいかどうかを必ず確認するようにしました。

滞在先はどんなところでしたか?

ホストファザーとマザー、シスター2人の4人家族でペットの犬が2匹いました。また、香港からの留学生のルームメイトとは、夕食後に部屋で雑談したり、週末の計画をたてたりと、親しくすることができ、とても充実したホームステイになりました。

休日はどのように過ごしましたか?

休日はルームメイトとブリスベンの観光地を巡ったり、ショッピングをしたりして過ごしました。また、職場の方に伺ったお勧めの映画館やレストランに行き、ガイドブックには載っていないようなローカルな場所を巡ることができ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。個人的には、一人で出掛けてみることがおすすめです。普段気づかないような文化の違いやブリスベンの自然の豊かさに気づくことが出来ると思います。

特に印象に残っていることは何ですか?

信号の待ち時間がとにかく長いです。また、バスは手を挙げてサインを出さないと止まってくれません。その上、少しでも混んでいると乗車を拒まれます。日本の満員電車を想像すると考え難いですが、こうした点も時間に寛容であるというオーストラリアの国民性の表れだと思います。

インターン体験によってどのようなことを得ましたか?

一言で表すと主体性です。言語や文化の異なる地で様々な国籍の人と働く上で主体的に行動する力は必要不可欠であると感じました。言語(英語)はもちろんコミュニケーションを図る上で大切な要素だと思います。しかし、最も重要なのは英語が流暢に話せるかどうかではなく、どれだけ主体性をもって自身が伝えたいことを表現することが出来るかだと思います。私はこのインターンシップを通じて「主体性をもって自身を表現する」力を身に付けることが出来ました。

同経験を就活にどのように活かせそうですか?

大学での国際経営・マーケティング等の学びを学生のうちにアウトプットすることが出来たという経験は自身のアピールポイントになると考えています。

海外インターンシップを考えている方へアドバイスをお願いします。

学生のうちに海外のアパレルブランドで働くことが出来る機会なんて滅多にないと思います!また、私自身、海外インターンシッププログラムに参加したことに全く後悔はありません。異文化社会で働くこと、ワールドワイドな価値観を身に付けること、海外インターンシップで得たものはどれも国内では手に入らなかったものだと感じています。また、インターンシップ生の要望や意見も取り入れてくれる企業なので、自分から積極的にアプロ―チをすることでより有意義なインターンシップにすることが出来ると思います。頑張ってください!

Print Friendly, PDF & Email