《アンバサダーレポート vol.21》マレーシア大学留学セミナーに登壇しました!

ただいま東京でインターンシップしています。

ご無沙汰しております。Taylors大学建築学部の渡辺です。 前回の記事ではインターンシップについて書きましたが、 (http://www.daigaku-ryugaku.com/malaysia/magazine/money/802.html) 現在まさにインターン真っ最中で、東京での生活を満喫しています。   そんなある日、自分が留学する際に大変お世話になったICCのカウンセラーの方から、 「マレーシア留学についてのセミナーのゲストスピーカーになってほしい」 とのご依頼を受けました。  

どうして在学生がゲスト登壇?

昨年あたりからマレーシア大学留学に興味を持たれる方が急増しているようで、 僕のSNSにも何件か質問が寄せられていました。 そんな折、留学を希望されている(あるいはしようか悩んでいる)方々と直接お話しできるのは いい機会だと思い、二つ返事で快諾しました。 (就職活動を前にして、自分がなぜマレーシアを選んだのか、 大学で何をしているのかを棚卸しできた点で、自分的にもとても良い機会でした。)   当日はまず、ICCのカウンセラーの方からマレーシアという国や留学に関する内容の プレゼンをしていただき、その後で僕が在学生の目線から思うことや 現地での生活についてお話しするという流れでした。   なので、このセミナーに来れば 留学のプロが持っている最新で正確な情報と、 実際に留学している学生の体験談 その両方が聞けるわけです!笑  

当日は大盛況でした!

セミナーには多くの学生・親御さんが来られて皆さんとお話ししていく中で、 改めて気づかされることや、自分には無い視点が度々飛び出し、 自分自身もいい刺激になりました。     特に質問のコーナーは大いに盛り上がり、セミナー室の利用時間を超えてしまったため ロビースペースで延長戦をしたほどでした。  

セミナーにゲスト登壇して・・・

終わってみて思うことは、マレーシア大学留学というのは性質上、 最新の情報とその人に合った留学プランが必要であるということ です。  

最新かつ正確な情報の重要性

入学する際の英語の要求スコアや成績評定は毎年変化し続け、 ネット上の情報と実際の情報が乖離してきています。 また、各大学・各学部に強い個性があるので何となくで大学選びをするのは危険です。 だからこそ、志望校・志望学部を選ぶ際には各大学の事を熟知したプロからの助言が 大きな価値を持つと思います。 自分もTaylors大学以外の大学についてもフェアにお伝えできるように情報収集に努めています。 セミナーでは なるべくありのままの大学生活をお伝えして、 良い面も悪い面も含めて情報共有するように心がけています 

今後のセミナー情報

実は、単発で登壇する予定だったICCのマレーシア留学セミナーですが、 ご好評につき第二弾・第三弾と計3呼んでいただけることになりました! その3回目が来月の3/16()に開かれます。 3月16日セミナー詳細情報はこちら   マレーシア留学を決めた方も、まだ悩んでる方も、興味を持ち始めた方も、 話だけ聞いて他国と検討したい方も是非この機会にご参加ください! (もちろん無料です!) セミナーというとすでに留学を決めている方しか参加してはいけないのでは・・・ と思う方もいるかもしれませんが、 マレーシア大学留学に興味のある方ならどなたでも参加いただけますので、 ぜひ少しでも興味のある方、会いに来ていただけると嬉しいです。 きっと新しい発見があると思います。 セミナーはICCの東京本部で開催されるので、 セミナー前後でカウンセラーの方から気になる大学の最新情報等も聴けるはずですよ!   ↓↓次回3/16()開催のマレーシア留学セミナーの情報はこちら↓↓ https://www.iccworld.co.jp/seminar2/tokyo/daigaku/malaysia/2019/0316     それでは、次の記事orセミナーでまたお会いしましょう。 Taylors大学の渡辺がお届けしました~。      

無料相談
資料請求
メールで相談
セミナーに参加
よくある質問
03-6434-1315
月〜金 10:00-18:30
ICC国際交流委員会 東京オフィス
電話で相談

FOLLOW US ON