IELTS UKVIとは??普通のIELTSとどう違うの?

皆さんは、IELTSという英語テストを聞いたことがありますか?
IELTS(International English Language Testing Systemの略)とは、英語熟練度を測る英語検定の1つで、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Educationによって協同で運営されているテストです。主に英国、オセアニア、マレーシアなどの大学進学にスコアを求められることが多いです。
IELTSには、IELTS for (UKVI/Academic/General Training/Life Skills A1/Life Skills B1)などとそれぞれ種類がありますが、今回は、IELST for UKVIテストについてご紹介いたします。

IELST for UKVIテストについて

IELST for UKVIは、ブリティッシュ・カウンシルが運営するIELTS for UK Visas and Immigrationの略で、主に英国ビザ取得のための英語力の証明のひとつとして取得が求められます。

*IELTS for UKVIの評価方法は?

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各パートごとのバンドスコアと、平均値のオーバーオール・バンド・スコアが与えられます。スコアは0.5刻みの表示となります。

*IELTS for UKVIの受験場所とお申し込みについて

☆申込はどちらから?☆
IELTS for UKVIが受けられる試験会場は、「東京」と「大阪」で受験が可能です。
予約には定員がありますので、受験をお考えの方は早めにお申込することをお勧めします。

詳しくはブリティッシュ・カウンシルの公式HPでご確認ください。
ブリテッシュカウンシルHP

*スコアアップにつながる効果的な勉強は?

ボキャブラリーの蓄積、リーディング、リスニングは”インプット”ライティング、スピーキングは”アウトプット”となるので、ただ暗記するだけでは、全パートを制覇するのは容易ではありません。試験までに時間がなければ、どのパートでも効果が出せるよう、試験の直前までIELTS/IELTS UKVI用の英単語、表現をこつこつと覚えることで、ライティングやスピーキングにも活きてくると言われています!!
暗記だけではなく、例文を書いて音読する、音で確認することも忘れずに・・・!イギリス留学へのチャンスをつかみましょう!!

英国ウエストミスター大学で学ぶビジネス留学IBP

ICCではイギリスのウエストミニスター大学での学部授業とインターンシップを兼ねたビジネス留学、IBPプログラムをご用意しています。イギリスで学び生活することで、今回ご紹介したロイヤルファミリーの文化を現地で味わってみませんか。そして、ヨーロッパ学や政治、国政についてなど本場ならではのビジネスを体感しましょう!


【IBPビジネス留学でロンドンへ行った方の体験談】はこちら

海外留学やインターンシップについてもっと知りたい!という方はぜひICC名古屋支店HPからご予約いただき、カウンセリングやセミナーにお越しください。平日に加え、休日もカウンセリング日をご用意しています!

その他の海外留学や大学留学についてはこちら
オーストラリア大学出願センターHP
マレーシア大学留学HP
大学とインターンのIBPビジネス留学HP
海外インターンシップHP
AIPエアライン留学HP

ICCコンサルタンツについて ICCコンサルタンツHP

**ICC名古屋支店**

愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第二埼玉ビル4階
名鉄名古屋駅/JR名古屋駅/地下鉄名古屋駅 から徒歩5分
Tel: 052-414-6815 (月〜金 10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

関連記事