マレーシアの食事は多国籍

こんにちは、カウンセラーの伊佐治です。

ICCで近年お勧めの大学留学先「マレーシア」。実はこのお仕事を通して、個人的も大好きになり、旅行することも数回・・・。今回はそんな私が年末に訪れた際に食べたマレーシアで食べれるもの、を勝手に紹介します(笑
(だって留学において、食生活ってとっっっっても大切だと思います)


こちらはニョニャ料理。プラナカン料理とも呼ばれるそうで、中華系マレーシア料理です。コレっていう決め手の味は表現しにくいのですが、以外にどれも美味しくて、この量を2人で食べちゃうというかなりあっさりした味付け。奥のご飯だけはいけてなかった・・・日本人として米はこだわってしまう(ごめんなさい)



こちらはヤムウンセン。タイ料理で春雨をさっぱり甘酢で混ぜてある感じの料理です。あとそれを甘醤油みたいな味で炒めたバージョン。マレーシアのフードコートには必ずって行っていいほど本格タイ料理屋さんもあります。中国もあります、ベトナムもあります、インドもあります、時には日本食もあります。


こちらはイポーという町で有名なもやし料理。シンプルにゆでているだけなのに、もやしのプリプリ感とこの「たれ」がめちゃめちゃ美味しい!一皿一人でいけます、多分。
水がとても綺麗な土地なので、もやしの成長がよく、太くてプリプリに育つんだそうです。


マレーシアといったらコレ!というくらい人気のナシレマ。ご飯をココナツミルクで炊いて、フライドチキン添えて、ピリ辛なサンバルソースをかけて、揚げたピーナッツと小魚等を振りかけたワンプレート料理です。じつは現地ではマクドナルドでもこのご飯料理がパックで買えるのです・・・。こちら→

そして最後に私的おすすめスイーツ、

チェンドルのかき氷です。緑のにょろにょろの物体がチェンドルといって、ゼリーのような寒天のような?パンダンリーフと呼ばれるものが使われていてこの独特な色なんだそうです。味は大きな特徴はないのですが、とても素朴で個人的にはちょっと海藻っぽい?という味だと思います。特徴がないのに、なぜか好き・・・(笑

ほかにもご紹介したい食べ物は山盛りあるのがマレーシア。
多国籍だから食文化も多国籍なのがマレーシア。
留学しても現地の食生活に困ることはありません。味もOKそしてこれらは全て500円以下の食事です。300円以下もあるかも・・・。
ぜひ一度訪れてみて下さいね。

マレーシアの大学・大学院留学相談ならフェアに来るべし!

ICCでは、マレーシアのなかでもトップクラスの名門校と提携を結び、万全のサポートのなか皆さまの留学をバックアップしています。この度提携している10校から大学スタッフが参加し、直接大学の魅力をお伝えしていただけるマレーシアフェアを開催します!

マレーシアの大学がやってくる 大学留学フェア

2月22日(土) 13:00〜17:00 (入場最終16:30)
名駅IMAIビル 8F 愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25
▶マレーシアフェアについて・参加申込みはこちら

今から相談しても、2020年内に出発ができるので、このチャンスをお見逃し無く!

**ICC名古屋支店 連絡先**
Tel: 052-414-6815 (平日10:00〜18:30)
Email: info@iccworld.co.jp
Web:名古屋オフィスのHPはこちら

正規留学から短期留学、海外インターンシップまで様々な留学のご相談を受け付けております。
いつでもお気軽にご連絡ください♪

関連記事