Ivy Leagueサマープログラムとは

Ivy Leagueサマープログラムとは

ICCが提供するIvy Leagueサマープログラムは現役の高校生を対象に世界屈指の名門大学を舞台に行う短期の夏期研修です。研修を通して英語力を高めるだけではなく、可能性と国際力を伸ばす事を目的にしています。

プログラムの内容

アメリカの名門大学で実施するプログラムの為、将来海外の大学留学を希望する高校生にとっても良い経験になります。プログラムは研修先大学以外の学校訪問や高校生向けにデザインされた授業と課外活動、大学レベルの文系/理系の科目を履修するなど研修カリキュラムは大学により異なります。詳細については『プログラム・学校について』をご参照下さい。

学びの舞台は超一流大学!

学習の場は世界屈指の名門校、アメリカ東部にあるIvy Leagueの学校の他、同レベルにある世界トップランキングの一流大学です。

研修先大学

ブラウン大学*、イエール大学*、コーネル大学*、コロンビア大学*、シカゴ大学、デューク大学、ボストン大学、カリフォルニア州立大学バークレー校

*印のある大学がIvy League加盟校となり、その他は同レベルにある名門校となります。

Ivy Leagueとは

Ivy Leagueはアメリカ東部にある名門私立大学校から成る大学連盟を指します。いずれの大学も世界屈指の学校と認知され、各校独特の伝統と特徴を持つ最難関大学です。Ivy Leagueには世界中から優秀な学生が集まっており、本プログラムは日本で得る事のできない、『一流の体験』となります。将来の進路を考える大きな機会になり、また近年意識の強い「グローバル人材とは」を身を以て体験して頂きます。

ひと味違う夏休みを。

研修内容は通常に見る高校生向けの英語力向上を目的とした語学留学ではなく、大学が高校生向けに用意した授業を学び大学生活を模擬体験出来るカリキュラムとなっています。また、様々なアクティビティを通しながら他国の留学生と意見交換をしたり、新しい考えを身につける場となります。トップレベルの舞台で、トップクラスの体験を。今年の夏はひと味違う、ワンランク上の経験を望む学生にお勧めです。