IBPワシントン大学ビジネス留学セミナー[オンライン]

IBPワシントン大学ビジネス留学セミナー

〜トップスクールで学び、米国企業で働く〜

オンライン 参加無料

留学イメージ

Chris Thomas氏、来日

ワシントン大学エクステンションの留学生部門責任者、Thomas氏がIBPディレクターの万出恵とともに登壇します。プログラム運営責任者とIBPのプロデューサーがプログラムの特色をご紹介します。あわせて、イノベーションの街、シアトルの魅力もご紹介します。

Chris Thomas
Interim Director
ワシントン大学では主にマーケティングを担当。国際教育産業でのキャリアは20年以上に渡る。ワシントン州留学生協会とNAFSA国際教育アカデミーの元会長でもある。岐阜県で英語を教えていた経験もある。「人生の転機になる留学に挑む学生を支援することが仕事の魅力」と語る。

  

万出恵
IBPディレクター/ICCコンサルタンツ副社長
ビジネス留学の設計、マーケティング、運営責任者。高校時代をニュージーランドで過ごす。大学卒業後、化粧品ブランドの立ち上げ、ブランドマネージャーなどを経て独立。地方自治体やベンチャー起業のコンサルティングを経験。その後、ICCコンサルタンツで人材育成事業に従事。

IBPプログラム@ワシントン大学の魅力とは

授業は、米国企業の成功と失敗を事例として取り上げ、「あなたならどうする?」というアプローチで展開します。さらに、グループワークを積極的に活用し、異なる国から集まったクラスメイトと共に、実際のビジネス現場を想定したディスカッションやプレゼンテーションを行います。これはまさにグローバルビジネスそのものです。

  • 開講:年2回(3月・9月)
  • 期間:12ヶ月(就労を延長することで最長約2年滞在可能)
  • 専攻:グローバルビジネス/BIアントレプレナーシップ

chart

舞台は全米、有給で働く!

ワシントン大学で学んだ後、米国企業での仕事にチャレンジします。通常のインターンシップとは異なり、組織の一員として本格的な業務に携わります。会議や商談に参加し、プロジェクトの一部を担当する機会もあります。ビジネスに本気で取り組むからこそ、グローバル・キャリアにつながる貴重な経験を積むことができるのです。

  • <実績業種>テクノロジー企業、金融、コンサルティング、貿易、物流、食品、スポーツ、ファッション、政府機関、NGO等
  • <報酬>3,000~8,000ドル/月平均

インターンイメージ

実践力を鍛える、2つの専攻を比較

グローバルビジネス専攻またはBIアントレプレナーシップ専攻を選べます。セミナーではこの専攻を比較し、自分に合った専攻を選べるようにします。

国内外で活躍する修了生

修了後のキャリアは多様。社会人の場合は同じ業界や職種でキャリアアップをはかる方と留学をきっかけにキャリアチェンジする方が半々。学生の場合は総合商社、戦略系コンサルティングファーム、米欧系投資銀行、GAFAM等のビッグテック、外資消費財メーカー、航空会社、大手広告、メガバンク等で高い内定率を誇ります。社会人、学生問わず増加傾向にあるのが起業と海外就職です。キャリアに圧倒的に強いIBPだから実現するキャリアです。

 

  • 日時
  • 2024年3月13日(水)19:00〜20:30
  • 対象
  • 社会人 大学生 大学院生
  • 留学先
  • アメリカ
  • 内容
    • ビジネス留学IBPワシントン大学コースの概要、特色
    • 参加基準、費用、締切、スケジュール等
  • 受講料
  • 無料(予約制)
  • 会場
  • オンライン / スマホ参加OK / 顔出し不要
  • お申込後の流れ
  • 弊社よりメールでご案内いたします。

お申込みフォーム

以下項目を入力し、送信してください。