関西発世界へ!高校夏休み留学体験談

高校夏休み留学の体験談をご紹介

当時中学1年生だった、りこちゃんの体験談をご紹介。

サマースクール

屋根の上にはホストファザーが!

夏休み期間を利用して3週間カナダの語学学校で英語力強化! <2016年7月31日~8月21日>

現地にはICCの日本人アドバイザーが常駐しているので、初めての一人海外も安心して過ごすことができました。

カナダのデルタ英語特訓サマースクール 

滞在先はホームステイ

写真は、ホストマザーと一緒にお料理をしているところ。スパニッシュブレッドというものらしいです

学校までは歩いて15分。学校になれるまでは、ホストシスターが一緒に歩いて学校まで行ってくれたり、お迎えに来てくれたり。  

朝ごはんは自分で用意しますが、お昼ご飯はホストがランチボックスを持たせてくれます。

<現地アドバイザーから保護者への報告>現地8/3午後

今日は、りこちゃんのホスト宅訪問しました。フィリピン出身のホストさんでした。でも20年カナダに住まれている方です。明るく優しい方達でした。

ホームステイ先には韓国人の女の子が2人加わりました。

<現地のアドバイザーさんからホストファミリーの方へ>

「二人が韓国語ばかり喋らないように英語で話すようにと言ってもらうようにお願いしておきました。」とのこと。  

<りこちゃん>にも

『2人とも韓国語だけど、りこちゃんも中に入るんだよ!と言っていたのですが、りこちゃんは「ちゃんと中に入って英語で話してます」と教えてくれました。』

語学学校では、午前も午後も英語の授業

女の先生が午前の授業担当。男の先生が午後の授業担当。先生たちの服装は私服でとてもカジュアル。

いろいろな国からの留学生と一緒に英語を学びます。クラスは少人数なので、一生懸命発言します。りこちゃんは「難しすぎず、簡単すぎずちょうどよいクラス!」だったそうです。クラスメートに日本人もいて、心強かった、とのこと。

<現地から報告> 8/9ランチタイム

学校訪問へ行きました。

りこちゃんはランチタイムに全部聞けないくらい、いろんなことをいっぱい話してくれます。昨日は$35もダラーストアで買い物した~と言っていました。ダラーストアは、カナダの100円ショップですが、売られている品物は$1.25とか、1ドル以上のものもあります。メープルシロップ買ったりお菓子買ったり財布かったと一つずつ教えてくれました。

ELLのクラスについて聞きましたら、幼稚園から高校までで10クラスあるという事です。今年は留学生が200人もいるそうです。

あっという間の3週間

「こんなにあっという間に過ぎてしまうなんて。楽しくてすぐだった~!」

 

高校留学・高校短期留学(サマースクール)のお問い合わせはラジオ大阪国際交流委員会まで。06-6577-1306

2017-05-11 | Posted in 小・中・高校の留学No Comments » 

関連記事