就職活動の面接で「学生時代に頑張ったこと」を聞く理由

就職活動の際に、必ずと言っていいほど聞かれる「学生時代に頑張ったこと」。そもそもなんで企業はそんな質問をするのでしょうか。

新卒採用はポテンシャル採用

a0002_000151

何も経験のない学生の「素養」を見極め「今後発揮できそうな能力は何か」を見極めて採用するのが新卒採用。そのために企業はエントリーシートや面接で、学生の様々な面を引き出そうとします。その質問の一つが「学生時代に頑張ったこと」。

企業が知りたいことは

・現在どのような能力があるのか

・どのように物事に取り組むのか(物事に取り組む姿勢)

・そもそもどういう人物なのか

・今後伸ばせそうな、秘められた能力にどんなものがあるのか

ということ。

大切なのは「何を」頑張ったかではなく「どう」頑張ったか

a0008_001871_m

つまり、「こんなにすごいことをやりました!」という、「すごい」経験を聞きたいわけではないのです。学生の中には「頑張ったこと」がないので、今からボランティアに行きます、という人もいます。でも企業が求めているのは「俺ってこんなにすごいんです」という話ではなく、上記のことがよくわかるストーリー。

「失敗は成功の基」とはよく言ったもの

「失敗体験談」は「頑張った話」の中ではとても重要。なぜならば

・困難をどのように乗り越えるのか

・失敗に直面した時に、その困難に立ち向かう精神力があるか

・周囲の人々とどのように関わっていくのか

ということが、よくわかるからです。だから「失敗」は就活における「成功」への第一歩。

学生時代に頑張ったことが見つからない!という方、まずは失敗談がないか探してみるのも一つの方法かもしれません。

「留学経験」が企業に注目される理由は「海外での失敗談」

インターンシップ

「留学経験」が面接において注目される理由は、まず、留学生活は「失敗なしでは語れない」から。英語が全く通じなかった!や、道を聞こうと思ったけどなかなか聞けなかった、なんていう言葉の問題から、文化の違いやコミュニケーションの違いなど、日本では経験ができない失敗をするから。

単なる失敗談ではなく、全くのアウェイの環境で失敗して立ち直るなんて、この学生はどんな学生なんだろう、という興味の対象になるのです。

単なる留学ではなく「失敗」から学べる留学を

02

さらに、そこで失敗から成長することができたら、「留学経験者」として企業に注目してもらえます。

IBPプログラムは海外での就労経験が含まれるプログラム。英語力強化から始まり、大学での科目履修その後インターンシップを行う1年間のプログラム。実践力を鍛えることも目的としている留学生活は、失敗×成長の連続。

「学生時代に頑張ったことはなんですか」という定番の質問に悩まされるどころか、「だから自分はこういう人間なんです」と一段階も二段階も上のアピールができるのです。

 

IBPプログラムが就活に強い理由を知りたい方へ

特別セミナー開催します。

8月5日(金)14:00~15:30 「留学の前の就職セミナー」

ご予約・詳細はこちら

2016-07-27 | Posted in インターンシップの留学No Comments » 

関連記事