客室乗務員(CA)になる!【身長制限】

CAになるための条件の一つ、身長制限、どこまで本当?

a1800_000006_m

客室乗務員の条件の一つに身長制限があることは本当です。ただこれは、見た目の問題ではなく、CAとしての役割のため。CAは機内で、手荷物をしまう収納棚の高さに手が届く必要があるため。お客様の荷物の収納を手伝うだけでなく、安全確保のためにも必要なのです。飛行機に乗ると、離陸までの間にCAさんは、お客様一人一人がシートベルトをしているかなど見て回る際に、収納棚に手を当てながら歩いているのを目にします。しっかり棚がしまっているかどうかを確認しています。

また、そのほかに、避難する際にしっかりCAさんの存在がわかるため、なんていう話もあります。

必要な身長はどのくらい?

モデルばりに170cmなんていう高身長は必要ありませんが、頭上の手荷物の棚に手が届く身長ということを考えて、多くの航空会社は160cm前後が必要としているようです。

ただ、必要な身長は航空会社によって異なるので確認が必要です。

日系大手航空会社は、募集要項に身長の規定を載せていません。

キャセイパシフィックのように208cmに手が届くこと。のように身長ではなく、アームリーチを既定としているところもあります。

2-3cmマイナスくらいなら、応募すべき!

IQ6N2118

規定の身長に達していないくても、それだけで不採用となることはあまりないようですし、2-3cmなら応募すべし!としているところが多く見受けられます。

「欲しい」と思ってもらえる人材であれば、少し身長が足りなくても採用されているケースが多いためです。

ちなみに、バニラエアラインなどは規定の身長を155cmと他の航空会社より低めです。

それでも気になる、という方は姿勢に気を付けてみましょう。

もう一つは、姿勢をもう一度確認しましょう。「身長が」と言っている方の多くが少し猫背であったり、本来の身長よりやや低くなるような立ち方になっています。姿勢が悪いと、暗い印象にもなりがちです。

姿勢を気にしていたら2cm身長が伸びた!なんていう方もいます。

身長を、審査の中の絶対条件としているところは少ないので、身長がぎりぎり、またはちょっと足りない、という方は、それだけで諦めるのではなく他の素養を育て、アピールするようにすることが大切です。

CAになるためのインターンシップ留学=AIP留学

セミナー開催します。9月14日(水)19:00~ @ラジオ大阪国際交流委員会

詳細・ご予約はこちらから

2016-08-26 | Posted in インターンシップの留学No Comments » 

関連記事