仕事を辞めて留学するからこそ、英語を学ぶ以上の経験がしたかった

IBP プログラム ワシントン大学コース参加 小野紘子さん

ワシントン大学にある桜の木の下で

卒業後に証券会社に就職し、営業として勤務。そのままキャリアを続けていくことに疑問を感じ、キャリアチェンジを決心。退職してワシントン大学コースに参加し、現地のマイクロファイナンスの NPO 団体でインターンを経験。帰国後は外資系企業から内定を獲得し、見事キャリアチェンジを果たす。

転職を考えていたので、ビジネスについて学べるという条件が留学先選びのポイントでした

Q:留学を決心されたあと、IBPの留学プログラムを選んだ理由を教えてください

私の場合、社会人で3年半ほど仕事してからの留学でした。 仕事を辞めて留学するのであれば、転職活動に活きる留学であることが必要課題。ただの語学留学だとリフレッシュ休暇のようにとらえられる可能性があるので、英語を学ぶ以上のことがしたいと思ってIBPを選びました。 IBPを利用すれば、現地企業でのインターンができますので、転職活動の際にも一つのキャリアとしてアピールができると思ったんです。

Q:留学前はどんな準備をしましたか?

出国直前まで働いていたので、正直じっくり留学準備ができたわけではなかったです。通勤時に英語を聞いていたくらい。ただ、TOEICは以前からコンスタントに勉強していたので、それは続けていました。あとは意識的に英語に触れる機会をつくっていたくらいでした。

Q:留学先をアメリカのワシントン大学にした理由を教えてください。

私は留学後に転職を考えていたので、ビジネスについて学べるという条件が留学先選びのポイントでした。結果、ビジネス色のワシントン大学を選んで本当に良かったです。

IMG_0581

基本的にどの授業でもシェアの時間に重きが置かれていたことが印象的でした

Q:アメリカ、シアトルに到着したときの印象はどうでしたか?

シアトルは、イチローとかスタバとかマウントトレニアのイメージが強くて、都会的である意味ギラギラしてるのかと想像していました。実際は自然がたくさんあって、住みやすい街でした。私は実家が福岡なのですが、自然と都会がちょうどよく調和された街の印象が福岡に似ていましたね。街並みも綺麗でした。到着したときのポジティブな印象は帰国時まで変わらなかったです。もちろん、シアトルらしく冬はどんよりした天気が続いていましたが、春と夏は最高。緑が多い街で本当に大好きになりました。

Q:キャンパス内の設備など、日本の大学と比べてどう違いましたか?

IMG_1051

ワシントン大学のメインキャンパスには図書館がいくつもあって雰囲気も良く、勉強する場所としてはとても良いキャンパスでした。日本の大学とは違い、建物に歴史を感じさせる重厚感があって、毎日キャンパスに通うだけでワクワクしました。メインキャンパスで学ぶ期間は3か月しかなかったのですが、期間が終わってからも休みの日などに勉強しに行っていました。カフェテリアスペースも充実していましたし、日本のような生協もありました。

Q:IBPの英語研修はどのような内容でしたか?

最初の3か月はリスニング、リーディング、ライティングの勉強をしました。ただ、ライティングだからといって英文を書くだけじゃないんです。むしろ、書くのは宿題。授業は各生徒が書いてきた詩やニュース記事をシェアして、意見し合う時間でした。基本的にどの授業でもシェアの時間に重きが置かれていたことが印象的でした。日本の大学の講義のように先生の話していることをメモをとりながら聞くという受け身な授業ではないのに驚きましたね。クラスメート達もみんな熱意があって、私も負けじと頑張りました。

Q:授業で印象に残っているトピックはありますか?

ネゴシエーションという授業があって、交渉術を学びました。他の留学生とペアを組んで、架空の企業や政府団体になりきって組織戦略をディスカッションする授業です。自社の事業をどう展開していくかなどをパートナーと交渉しながら追及していく。英語で自分の意見を主張するのは難しかったですが、学ぶものが非常に多い授業でした。 また、その道のプロフェッショナルが一つのテーマについて一週間授業を受け持つというユニークな授業がありました。マーケティング、ファイナンスなど、実際の企業で活躍している方達だったので、リアルなビジネスの世界を学べて勉強になりました。

勇気を持ってアクションを起こすことは本当に大事だと思いました

Q:留学中に参加したサークルやアクティビティはありますか?

ボランティア募集のサイトを利用して、土日にボランティア活動をしていました。山に木を植えに行ったりとか、クリスマスカードの宛名ラベル張りとか。近所の主婦と一緒にドーナツを食べながら参加したりなど、学校では出会えない人との交流が楽しかったです。 ボランティアには一人で参加していたのですが、最初は勇気がいりました。知っている人がいないし、日本人の留学生という立場で参加して良いのかも分からなかったし。でも思い切って飛び込んでみたら、誰もが歓迎してくれました。英語が下手な日本人の留学生だからといって距離を置かれることはなかったし、むしろみなさんが話しかけてきてくれました。 ボランティアの他にも、Meetup というサイトを利用して異文化交流のコミュニティの集まりに毎週参加していました。

Q:課外活動から得たものは何ですか?

勇気を持ってアクションを起こすことは本当に大事だと思いました。もちろん、毎回落ち込む場面はあります。「思ってることが今日も言えなかった」とか、「英語が通じなかった」とか……。ただ、そのたびに「頑張ろう!と思えました。英語でつまずくのをカバーできるくらい、貴重な経験をしていると思えたので頑張れたのだと思います。

Q:コミュニケーショ力向上のために努力したことは?

先入観を持たないで人と接しようと心掛けていました。アメリカでは、宗教や価値観や考え方が人それぞれ。留学中にこんなに色々な考え方があるんだと学びました。だからこそ、何事もフラットに受け入れるようにしていました。

ca1d1a1ce38ab26ebdf62692cd368467-e1456724921286

インターンをする前からボランティアとして働いていたので、スムーズに仕事に慣れることができました

Q:インターンシップ先について教えてください。

マイクロファイナンスに特化した地元のNPOでインターンをしました。貧しいけど才能あるアーティストなどにビジネスのノウハウを教えたり、作品を売る場所も提供したりといったサポートをする団体です。

Q:そこではどんな仕事を担当していましたか?

私は作品を売るギフトショップで販売員の仕事をしていました。文房具や衣類、食料品など150人くらいのアーティストの作品を扱っていました。

Q:インターン中、苦労したことは?

私の場合、インターンをする前からボランティアとして働いていたので、スムーズに仕事に慣れることができました。販売員としてお店で働く以外に、ビジネスプログラムに参加させてもらう機会があったのですが、そこでの苦労の方が多かったです。特に、地元の方と話すときのコミュニケーションが難しかったです。それまで会話してきた人は、学校の先生など発音が綺麗な人で、こちら分かりやすいように話してくれていたということに気が付きました。地元の方の中には発音が聞き取りづらかったり、ペースが速かったりする人も多く、英語についていくのが大変でした。また、話の内容もファイナンス関連の情報でしたので、より一層難しくて苦労しました。

シアトルの名所スペースニードルを眺められる丘で

社会人になった今のタイミングで留学してよかったと思います

Q:留学をふりかえり、自分自身が変わったと思うところはありますか?

将来の選択肢を制限しているふしがあったのですが、留学を通して一気に広がりました。それまでは、大学を出て就職してお給料をもらって生活していく、というレールのようなものの存在を感じていたのですが、留学を通して色々な生き方ができることを実感しました。アメリカでは様々な生き方をしている人に出会いました。みんなそれぞれにやりたいことがあって、仕事以外にも家庭や勉強を優先している人もいました。そういう生き方もあっていいのだということが分かって、自分の人生の選択肢がぐっと広がりましたね。

IMG_1060

Q:社会人としての留学に不安はありましたか?

わざわざキャリアを中断して留学にいくのだからこの経験を絶対にプラスにしなきゃいけないというプレッシャーがありました。でも、社会人になった今のタイミングで留学してよかったと思います。私が学生のときに留学していたら、ここまで毎日を真剣に学ばなかっただろうし、学べる環境や機会に感謝もできなかったと思います。毎日この環境があることが本当に幸せだな、と思って過ごしていました。また、社会人経験を数年積んでいたので、ビジネスの授業などもイメージがつきやすかったです。

Q:留学を振り返り、自分自身が変わったと思うところはありますか?

今までは石橋をたたいて渡るタイプだったんですが、思い切ってやってみようという意識に変わりました。失敗するかもしれないという恥を捨て、果敢にチャレンジする癖がついたと思います。帰国してから友達からも、「強くなったね」「自分の考えを信じて前向きでチャレンジしてる姿がうらやましい」と言われるようになりました。

Q:思い出深い経験はありますか?

現地で親友といえる友達ができて、とても支えになりました。ワシントン大学で勉強していたオーストラリア人で、その子と友達になってから世界が広がりました。週3,4くらいで会ってご飯を一緒に食べたり、スカイプしたりととても仲良くなりました。その友達と話すときは英語をつかっている感覚がないほど、自然に話せるようになりました。仲が良い相手とはスラスラと英語が話せる、ということも新しい発見でした。

単なる「サポート」ではなく、親身になって頂いたのが嬉しかったです

Q:退職して留学されましたが、転職活動はどのようにしましたか?

留学中から転職活動を始めました。最初は企業の情報収集だけでしたが、何度か電話面接も受けました。ただ、キャリアビジョンが明確でない部分があったり、留学で価値観や考え方が180度変わったこともあって、自己分析は難しかったです。留学前と後では人生のプライオリティが変わったり、心の変化もありました。新しい自分にはどんな仕事が最適なのかを考えるために立ち止まることは多かったですね。

Q:IBPプログラムの一環であるキャリアサポートについてはどのような感想をお持ちですか?

キャリアコンサルタントの方がシアトルにいらした時にお話させてもらいました。私は転職が初めてで分からないことだらけだったので、色々メールでも質問させて頂いてサポートしてもらいました。

Q:IBP留学を運営するICCの留学サポートについて、感想を聞かせてください。

ICCにはとてもよくしてもらいました。留学中、落ち込んでしまうときも何度かあったのですが、親身に助けて頂いて感謝しています。留学に行く前から色々な相談にのってくれていました。単なる「サポート」ではなく、親身になって頂いたのが嬉しかったです。学期が終わるごとに報告メールも送らせてもらいました。

Q:社会人留学を希望している人に向けて、アドバイスをお願いします。

留学する際は目標や目的をしっかり決めておいた方がよいと思います。現地では、残念ながら受け身の学生もたくさんいます。一年は短いようで長い。目標や目的があり、ビジョンを持って行動すれば充実した留学になると思います。

Q:留学あなたの人生にとってどんな経験でしたか?

留学で今まで見えていなかった世界を見ることができました。それでまではまったくイメージできなかった新しい体験に出会えて、すべてが新鮮でした。様々な人の価値観や考え方といった、目に見えない知らないものをたくさん学べたことも大きかったです。

小野さんが利用したIBP留学についてはこちら:
海外インターンシップとキャリア留学 IBPプログラム

英語

休学留学インタビューの4回目は留学先でエンジニアになるという夢を確信したなつこさん(仮名)にインタビューしました。 なつこさんがIBP留学を選んだ理由はなんですか? 元々将来は英語を使って働きたいと思っていました。「英語…

休学留学インタビューの6回目は、IBP留学プログラムを利用して現在アメリカに留学中の増渕さんに登場して頂きます。 増渕さんにとって、IBPプログラムの魅力はなんでしたか? 僕はもともとアメリカの大学を卒業するつもりでした…

「一年間の留学経験を一言で表すと?」 ICC国際交流委員会では、現地の企業でインターンが経験できるIBP留学という留学プログラムを運営しています。 これまでIBP留学に参加した修了生はなんと4300人以上! 先日、ICC…

休学留学インタビューの最終回は、ワシントン大学へ留学を果たした秋葉俊之介さんです。留学経験をアピールし、就職活動を楽に終えることができたと話してくださった秋葉さん。 まず、留学を決めたきっかけはなんだったのでしょうか? …

今回の休学留学インタビューは、大学院を休学して留学中の中野友博さんにお話を聞きました。 「挑戦」を留学のテーマとしている、と語ってくださった中野さん。現在もラグビーのコーチをしながら、ビジネスを学んでいます。 中野さんが…

休学留学インタビューの3回目は、内定を事分かって留学した山口さんにお話を伺いました。渡航前にたてた留学の目標は、ほぼすべて達成したという山口さん。勉強とインターン以外にも、ミュージカル鑑賞やロードトリップに挑戦し充実した…

1年間休学して留学を果たした大学生をインタビュー ICC国際交流委員会で実施している「IBPグローバル留プログラム」を経験した学生に、留学経験についてインタビューを実施しました。 インタビュアーは、同じくIBP留学を経験…

休学留学インタビューの5回目は木村仁さんへのインタビューです。 ホストファーザーが理想の大人像だと語ってくれた木村さん。留学を通して素敵な方々との出会いを経験されたそうです。 木村さんの留学先であるベルビューカレッジでは…

休学留学インタビュー第9回目は、留学して半年が経った及川さんにお話を伺います。及川さんがIBP留学に感じた魅力とは?   今後のキャリアに活かせる点です。ビジネスについて学び、インターンをするという流れが他には…

『ベジオベジコ』というスタートアップ企業をご存じでしょうか。2013年にスムージー用青果の宅配サービスとして始まり、現在はモデルや芸能人など、有名人の間でも人気となって話題を集めています。 ベジオベジコ http://w…