出願手数料無料!大学公認エージェント

必要書類

オーストラリアの大学・大学院に出願するには、以下の書類が必要となります。

大学への出願書類

必須書類

  1. Application Form(願書)
  2. 高校の卒業証明書または卒業見込証明書(英文)*
  3. 高校の成績証明書(英文)*
  4. TOEFL/IELTS等英語のスコア*

* これらの書類は認定エージェント、大使館などの機関で認証を受ける必要があります。

Application Form(願書)

留学生向けの願書は【オーストラリア大学出願センター】にてお渡ししています。ご希望の大学、専攻が決まりましたらお知らせ下さい。

高校の卒業証明書または卒業見込証明書(英文)

高校の英文の卒業証明書、在学中の場合は卒業見込み証明書が必要となります。高校によっては成績証明書と一緒になっている場合もあります。作成には数日〜数週間要する場合もありますので、早めに依頼、入手しましょう。

高校の成績証明書(英文)

卒業証明書と同じく、英文のものが必要です。入学の基準となるGPA(評点平均)はこの証明書を元に計算することとなります。GPAとは
尚、高校卒業時にIB(国際バカロレア)や海外の高校卒業資格を取得される場合には、センターからの直送提出が必要になる場合がありますので、カウンセラーまでご相談下さい。

TOEFL/IELTS等英語のスコア

TOEFLやIELTSのテストセンターから大学に直接送ってもらう手続きは基本的には必要ありません。

   

大学院への出願書類

必須書類

  1. Application Form(願書)
  2. 大学の卒業証明書または卒業見込証明書(英文)*
  3. 大学の成績証明書(英文)*
  4. TOEFL/IELTS等英語のスコア*
 

希望専攻などによって、下記書類が追加で必要となります。

補足書類

  • Resume(履歴書)
  • Personal Statement
  • 推薦書(Reference Letter)
  • *の書類は認定された機関での認証手続きが必要となります。

    オンライン申請には注意!!

    各大学のHPでは個人でオンライン経由での申請も受け付けています。しかし提出(アップロード等)する書類は必ず認証されている必要があり、かつ、個人申請したものは後日、公式出願窓口で進捗を確認することが出来なくなってしまいます。私たち公式出願窓口が使うオンライン申請画面は個人申請のものとは別で、そこから申請したものはほぼ毎週、メール等で進捗報告が入るとても便利なシステムです。書類が準備出来たら、公式出願窓口までご連絡下さい。


    1.Application Form(願書)

    留学生向けの願書は【オーストラリア大学出願センター】にてお渡ししています。ご希望の大学、専攻が決まりましたらお知らせ下さい。

    2.大学の卒業証明書または卒業見込証明書(英文)

    最終学歴である大学の英文卒業証明書または卒業見込証明書が必要となります。大学によっては成績証明書と一緒になっている場合もあるようです。日本で大学院を卒業(または見込み)の方は大学・大学院両方の証明書が必要になります。

    3.大学の成績証明書(英文)

    卒業証明書と同じく、英文のものが必要です。日本の大学院にも在籍していた場合は、大学・大学院両方の証明書が必要になります。GPAとは

    4.TOEFL/IELTS等英語のスコア

    オリジナルのものを1通ご用意下さい。出願窓口であるICCで認証手続きをするため、TOEFLやIELTSのテストセンターから大学に直接送ってもらう手続きは基本的には必要ありません。

    5.Resume(履歴書)

    ご本人の学歴、職歴等がわかるように書きましょう。

    6.Personal Statement(志望動機書)

    志望理由やその大学で学びたいこと、またどのようにキャリアに活かしたいかなどを出来るだけ簡潔に、かつ理論的にまとめましょう。

    またICCでは内容と英語についての添削を行っています(有料)

    追加サービスの詳細

    出願書類についての添削が必要な方には有料にて添削サービスを提供します。

    大学院 出願対策サポート

    志望動機(University Essay)

    大学院へ出願する際へのエッセイ対策。ライティングの基本、入学審査官へアピールする効率的なエッセイのまとめかたの指導。

    • 1回コース 45分×1 ¥24,000(税別)
    • 3回コース 45分×3 ¥60,000(税別)
    履歴書(Resume/CV)

    大学院へ出願する為の英文履歴書作成対策。自分の個性を生かしたレジュメの作り方、数枚以内に納め審査員に分かりやすく効果的にアピールするレジュメの指導

    • 1回コース 30分×1 ¥16,000(税別)
    • 1回コース+レジュメ代行作成 30分×1 ¥22,000(500ワードまで、ワード数を越える場合には費用が適宜上がります)
    • 3回コース 30分×3 ¥40,000(税別)

    費用には消費税8%は含まれていません。

    翻訳サービス(有料)

    教員免許、戸籍謄本/抄本、その他資格証明の翻訳が必要な場合、翻訳サービスを提供します。 翻訳料は書類により異なりますが、1通につき6,000円(税別)~です。

    7.Reference Letter(推薦状)

    希望専攻や大学によって、提出が不要な場合もあります。
    決まったフォームをカバーレターとして記入する場合や、特に書式が決まっていない場合など色々です。必要の有無についてはICCにお問い合わせ下さい。

    8.教員免許など資格書(翻訳付き)

    教職経験を求める場合や資格の有無を問われる場合には、日本語の教員免許を英文に直し、日本文と併せて提出します。その他、結婚して名前が変更した場合などで、戸籍謄本の提出が必要な場合などには必ず翻訳を付けます。ICCではプロの翻訳家が書類を翻訳、認証した上で出願します。(有料)

    翻訳サービス(有料)

    教員免許、戸籍謄本/抄本、その他資格証明の翻訳が必要な場合、翻訳サービスを提供します。 翻訳料は書類により異なりますが、1通につき6,000円(税別)~です。


    出願について

    志望大学や専攻、必要書類が揃ったら下記宛先に送付下さい。

    オーストラリア出願センター
    〒150-0011
    東京都渋谷区東3丁目16-3  エフ・ニッセイ恵比寿ビル1階
    TEL:03・6434・1315

    尚、メールに添付して書類を送られる場合には、担当カウンセラーのメールアドレス、または info@iccworld.co.jp  まで