新たなるインターンの始まり(ロンドンより)

UK51 期生のインターンが始まっています。

今回も様々な企業でのインターンシップとなりました。
一般企業は勿論、政府系機関、マスコミ、旅行業、劇場等業界は多岐に渡ります。

その他、特徴のある企業としては、下記のような団体、企業も。
・スポーツを基軸にして様々な問題を持った人々のチャリティー団体
(特に若い人々にコミュニティーへの参加を促し、参加者達と楽しみながら教育的なサポートをしている)
・日本酒を扱う商社(食品の卸販売をしながら、日本文化も同時に外国に伝えようとしている企業)
・移民の方のメンタルサポートをするNPO
UofWestminster-Regent014

早々と決まる学生がいる反面、なかなか決まらず苦しんだ学生もいました。
でもそのような学生は、何度も英語でCV やCover Letterを書く必要があったので、徐々に書くのが上手になっていきました。

日本の履歴書とは違うため、今迄の自分の経験や得たスキルや求めるものを簡潔に書く難しさに、特に今も学生は苦しんだようです。

だからこそ、しっかり自分の足跡を振り返り、
・自分を売り込むにはどうしたらいいのか?
・自分の長所・短所は何か?
・相手の企業が求めている事や自分が何を貢献しつつ経験できるのか?
等を十分に考える機会になったようです。

このような経験が帰国後の就職、転職活動にも役に立つでしょう。

MClayton_20140117_UoW_Prospectus_0444_Forum

とかく日本人の方は CVを書く際も「こんな事は当たり前だから、書きませんでした。」や「それは言い過ぎでは?」等大変謙虚ですが、イギリスでは少し強く訴えた方が良い時もあり、日本と外国との就活(インターンを含む)の違いに戸惑う様子が見受けられました。

そんな苦労をして勝ち取ったインターンシップ。
皆さんにとって充実したものになって欲しいと強く思っています。

ビジネス

社会人留学ではほとんどの場合、現在の勤務先を退職してからのリスタートになります。だからこそ、留学を検討する際には帰国後のキャリアについても十分に考える必要がありますよね。覚悟を持って留学するからには、経験を生かして大きく…

ICCのロンドンオフィス主催のビジネスセミナー ICCのロンドンオフィスでは日本人留学生向けのビジネスセミナーを開催しています。「内向きと言われる日本の若者に、世界に目を向けてもらいたい」という思いで始まり、なんと今年で…

Global Vision編集部では、留学をきっかけにグローバルなキャリアを掴んだビジネスマンへのインタビューを積極的に行っています。今回は、(株)OSM Internationalの代表を務めている大澤能弘さんにインタ…

ビジネス留学を検討している皆さん。行くなら当然、キャリアに繋げることを考えたいですよね。しかし大きな挑戦だからこそ、本当に休職して留学しても大丈夫なのか、企業は留学経験を買ってくれるのか……など、心配は尽きないもの。 社…

参加コース:ベルビューカレッジコース 50期生 留学期間:2014年3月~2015年3月 インターン先:スキンケア企業 北里大学薬学部6年(プログラム参加時)。留学では製薬の知識が生かせるインターンシップ先を希望。スキン…

参加コース:ワシントン大学12ヶ月コース 50期生 留学期間:2014年3月~2015年3月 インターン先:起業家支援 NPO 立教大学法学部国際ビジネス法学科3年(プログラム参加時)。サッカー一筋でやってきた経験をビジ…

参加コース:ワシントン大学12ヶ月コース 50期生 留学期間:2014年3月~2015年3月 インターン先:大手航空系企業 名古屋工業大学工学部都市社会工学科を卒業後、プログラムに参加。航空産業の盛んなシアトルで航空業界…

参加コース:ウエストミンスター大学コース 50期生 留学期間:2014年5月〜2015年3月 インターン先:ホスト・インターナショナル 兵庫県淡路島出身 同志社女子大学 生活科学部(人間生活学科)を卒業後、IBPのウエス…

参加コース:ワシントン大学12ヶ月コース 50期生 留学期間:2014年3月~2015年3月 インターン先:ベンチャー企業 青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科3年(プログラム参加時)。インターンシップ…

ICC国際交流委員会のIBPサンフランシスコ州立大学プログラムの三浦と吉田です。 今回は、今学期に現地で起業をしたIBP生達にインタビューをしてきたので、その内容をここに掲載したいと思います。 IBPプログラムは実践的な…