接客を通して英語のコミュニケーション能力アップ。将来は海外と関わる仕事に就きたい

name

参加コース:ベルビューカレッジコースコース 50期生
留学期間:2014年3月~2015年3月
インターン先:高級ブティック

京都大学法学部2年(プログラム参加時)。何度も諦めずにアプローチしたインターンシップ先で英語力を実践的に強化。留学中に参加したボストン・キャリア・フォーラムでも、見事インターンシップを獲得。

 

Q:インターンシップ先が決定するまでの流れを教えてください。

2学期中から下調べを進めていましたが、本格的に準備を開始したのは3学期からです。ファッション業界に関心があったので、過去の IBP 生の情報などを参考にしながら候補を絞っていきました。最初に連絡をした時は返事をもらえず、電話をかけたり、オフィスに出向いて直接レジュメを渡したりもしていました。その後、レジュメとカバーレターを持って周辺のファッション関連企業を回っていた時に再訪したところ、ついに面接の機会を得ることができました。

Q:インターンシップ先はどんな会社でしたか? またその会社のどこに魅力を感じましたか?

ウェディングドレスとイブニングドレスを販売しているラグジュアリーブランドです。店舗はシアトルに一箇所ですが、インターン期間中にe-boutiqueのビジネスが新たに始まりました。一階がショップ、地下がアトリエになっていて、地下で作られたドレスを一階で販売しています。ファッション業界の中でも特に高級ブランドに関心があり、またイベント運営にも興味があったので、シアトル発の高級ドレスブティックで、ファッションショーなどのイベントも頻繁に行っているところに魅力を感じました。

Q:インターンシップ先での仕事はどのようなものでしたか?

午前9時半に出勤して、最初の1時間はデイリータスクに取り組みます。具体的には、品物を整理して補充したり、クライアントの情報をスキャンしてデータ入力したりします。デイリータスクの後は、その時々のプロジェクトに合わせて、e-boutique用の商品撮影やファッションショーの準備などを行いました。その他にも接客を手伝ったり、週タスクとしてスーパーバイザーの参考になる記事をさまざまなサイトからリサーチしてまとめたりもしました。

Q:インターンシップ先の会社の雰囲気を教えてください。

接客がとても丁寧で、職場で話されている英語も、これまで接した中で一番丁寧な表現が使われていました。職場内の上下関係は日本よりカジュアルです。現地のインターン生も2人いましたが、スーパーバイザーに対する接し方がフランクで、距離の取り方が勉強になりました。

Q:インターンシップ先で得たことはどんなことですか?その経験を今後のキャリアにどう生かしていきたいと思っていますか。

接客を手伝ったり、イベントでさまざまな人と働いたりする中で、初対面の人との英語のコミュニケーション能力が上達したと感じました。また、リサーチやファッションショーの準備などを通して、個人よりもグループで取り組む方が自分に合っていることも改めて実感しました。将来は海外と関わる仕事に就きたいと考えているので、異なる文化背景を持つ人と働く経験を得られたのは、大きな収穫です。私はまだ就職活動まで時間があるので、留学中に参加したボストン・キャリア・フォーラムで得たインターンシップなどに取り組み、帰国後もさらに視野を広げたいと思います。

Q:これから IBP 留学を考えている人に向けてメッセージをお願いします。

私は留学前、IBPは日本人が多いプログラムなので、英語があまり上達しないのではないかと少し不安でした。しかし、留学中は日本人同士でも英語で話すことを徹底したり、日本人以外の方々と話す機会を積極的に求めたりした結果、英語面でも満足のいく留学生活を送ることができました。もしも英語に関して心配している方がいらっしゃったら、結局は心がけ次第だと思うので、心配はいらないと思います。

ビジネス

ICC国際交流委員会のIBPサンフランシスコ州立大学プログラムの三浦と吉田です。 今回は、今学期に現地で起業をしたIBP生達にインタビューをしてきたので、その内容をここに掲載したいと思います。 IBPプログラムは実践的な…

社会起業家 田口一成さんインタビュー 「社会貢献事業はビジネスとして成り立たない」という一般的なイメージを覆し、貧困対策や環境保護、障害者支援などを目的とした事業で600人規模の会社に成長している株式会社ボーダレス・ジャ…

ビジネス留学を検討している皆さん。行くなら当然、キャリアに繋げることを考えたいですよね。しかし大きな挑戦だからこそ、本当に休職して留学しても大丈夫なのか、企業は留学経験を買ってくれるのか……など、心配は尽きないもの。 社…

社会人留学ではほとんどの場合、現在の勤務先を退職してからのリスタートになります。だからこそ、留学を検討する際には帰国後のキャリアについても十分に考える必要がありますよね。覚悟を持って留学するからには、経験を生かして大きく…

参加コース:ベルビューカレッジコース 50期生 留学期間:2014年3月~2015年3月 インターン先:スキンケア企業 北里大学薬学部6年(プログラム参加時)。留学では製薬の知識が生かせるインターンシップ先を希望。スキン…

IBP ビジネス留学プログラム サンフランシスコ州立大学コース3期生の足立あきほです。 サンフランシスコ1期生の渡辺創太さんに、ブロックチェーンについての基本情報や渡辺さん自身がブロックチェーンに着目したきっかけ、Vis…

参加コース:ワシントン大学12ヶ月コース 50期生 留学期間:2014年3月~2015年3月 インターン先:ベンチャー企業 青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科3年(プログラム参加時)。インターンシップ…

参加コース:ワシントン大学12ヶ月コース 50期生 留学期間:2014年3月~2015年3月 インターン先:大手航空系企業 名古屋工業大学工学部都市社会工学科を卒業後、プログラムに参加。航空産業の盛んなシアトルで航空業界…

修了生4,800人の実績を持つ「IBPプログラム」は、大学での学びと現地企業でのインターンシップを組み合わせた、キャリアアップのための留学プログラムです。 どこで学び、働くかは自分自身の進みたいキャリアに合わせて選ぶこと…

Global Vision編集部では、留学をきっかけにグローバルなキャリアを掴んだビジネスマンへのインタビューを積極的に行っています。今回は、(株)OSM Internationalの代表を務めている大澤能弘さんにインタ…