グリフィス大学コース IBP生の1日 ブリスベン50期 Vol.2

profilename

グリフィス大学コース 50期生 立教大学経営学部国際経営学科3年(プログラム参加時)。IBP留学前には、アメリカのシアトルやカナダのトロントで各1ヶ月間の語学・インターンシップ留学を経験した。3学期中から学部授業と並行して、計3つの職場でインターンシップを実現。

1・2学期の平均的な一日

07:00
起床
08:15 ー 12:45
アカデミック英語クラス
13:30 ー 15:00
ビジネストレーニングクラス
16:00 ー 18:00
課題
19:00
夕食
20:00 ー 22:00
映画鑑賞や友達と団らん
23:00
就寝

05

アカデミック英語クラスでは、ディスカッションや学術的文章のリーディング、英文ライティングなどの機会がたくさんありました。プレゼンテーションやディスカッションなどのグループタスクを通して、英語で会話をすることに抵抗がなくなったと思います。また毎週行われるライティングのテストでは、徐々に良い成績が取れるようになり、自分でもライティング・スキルが伸びているのを実感しました。課題は多くて大変でしたが、英語の勉強に集中できた良い時期でした。

3学期の平均的な一日(インターンシップがない日)

08:30
起床
10:00 ー 12:00
学部授業(Destination Management Lecture)
13:00 ー 14:00
学部授業(Destination Management Tutorial)
16:00 ー 18:00
課題のためのグループミーティング
18:00 ー 23:00
夕食
20:00 ー 23:00
課題
00:00
就寝

01

オーストラリアはツーリズムが盛んなため、私は『Destination Management』を選択しました。日本の授業では学べないような、オーストラリアのツーリズムの歴史や政策、問題点などを学ぶことができて、とても満足しています。3人グループでオーストラリア内の観光地を1つ選んで分析し、新しい観光プランを提案するという課題では、ネイティブの学生と対等にディスカッションしながら進めました。少人数制の チュートリアル・クラスは、プレゼンテーションが多く苦戦しましたが、その分自信につながりました。

3学期の平均的な一日(インターンシップがある日)

07:00
起床
09:00 ー 16:00
インターンシップ
17:00
帰宅
18:00
夕食
20:00 ー 23:00
課題や英語の勉強
00:00
就寝

平日はインターンシップがハードで、思うように大学の勉強を進められない時期があったので、その時は休日を勉強時間に使っていました。学部授業との両立は大変でしたが、インターンシップを通して日本とオーストラリアの職場環境や仕事スタイルの違いを知ることができたため、日本ではなかなか得られない経験ができました

インターンシップ中の平均的な一日

07:00
起床
08:00 ー 08:30
通勤
08:30 ー 17:00
インターンシップ
18:00
夕食
20:00 ー 23:00
映画鑑賞
23:00
就寝

06

通学・通勤中
3学期目以外は大学内にある寮に住んでいたため、通学は徒歩約5分でした。インターンシップ中は朝が早かったため、バスで音楽を聞いて気持ちを高めたり、寝たりしていました。

英語力を伸ばすための工夫

02

英語の授業が終わった後も、自分で英語は勉強していました。たとえば、会話中に気になった表現を後で調べてノートを作ったり、動画を視聴してネイティブ・スピーカーの英語に耳を慣らしたりしていました。英語を使う機会を増やすために、いろいろなことにも積極的に参加しました。3学期目に学部授業と並行してインターンシップを始めたのもその一つです。インターン先が企画したボランティアや、大学のヨガやバトミントンのクラブにも参加しました。
半年を過ぎた頃から、インターン先の同僚や友達に「英語が上手だね」と言ってもらえる機会が増え、自分でも少しずつ伸びを実感するようになりました。この頃には、非ネイティブとの会話はあまり問題なく感じるようになりました。英語は留学前からできるに越したことはないので、日本にいる間から少しでも自分で機会を作り、特に英語での会話に慣れておくことをおすすめします。

学部授業とインターンシップを両立

03

インターンシップは留学の大きな目的の一つだったため、学部授業と同時に始めて、ピーク時には3ヶ所でインターンシップを週4回こなしました。一つ目は福祉系の学校で、学生の進捗状況のデータ入力や管理、教科書発送、教科書のフォーマット編集などを担当しました。二つ目はグリフィス大学のマーケティング部署で、イベント・アシスタントとしてイベント出席者の個人情報管理やアンケート作成などをしました。イベント当日も、ボランティアとして運営を手伝う予定です。3つ目は語学学校で、SNSの管理やフライヤーの作成、留学エージェントの情報管理など、マーケティングを担当しました。インターンシップをすることで英語を使う機会が格段に増えただけでなく、インターンシップ終了後も続く人間関係が築けたので、本当に良かったです。

 

Comments from IBP

留学中は時間の許す限り、さまざまなことに挑戦してみましょう。授業との両立は大変かもしれませんが、その分充実した経験と、かけがえのない人間関係が得られるでしょう。ただし、授業と両立するためには、計画性も必要です。神田さんのようにきっちり自己管理しながら、大いに自分の可能性を引き伸ばしてください!

留学生活

シアトル留学中の小堺久実さんにインタビュー 今回は、アメリカシアトルで少林寺拳法道場に通い活躍された小堺久実さんにお話を聞きました。 シアトルで自分の特技を活かした居場所を築くまでの道のりは、簡単なものではなかったようで…

グリフィス大学コース 50期生 立命館大学既卒(プログラム参加時)。帰国子女で、IBP 留学前には IELTS や英単語の勉強に力を入れた。ゴールドコーストのキャンパスに移動後、オーディションを経てアカペラ・サークルに入…

ベルビューカレッジコース 49期生 千葉大学法経学部法学科3年(プログラム参加時)。IBP 留学前にはイギリスのオックスフォードで4週間語学留学を経験。大の野球好きで、シアトル・マリナーズが拠点にするセーフコ・フィールド…

こんにちは。Global Visionブリスベン支局の松岡華乃と名取あかねです。 今回は私たちが参加しているIBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの語学研修プログラム期間での授業以外の時間の過ごし方についてご紹…

ベルビューカレッジコース 49期生(2013年4月〜留学) 国際基督教大学社会学専修3年(プログラム参加時)。IBP 留学前には、大学のプログラムの一環でアメリカの大学に6週間短期留学。ダンスが得意で、渡米早々ダンスクラ…

  ワシントン大学コース 50期生 慶應義塾大学商学部商学科既卒(プログラム参加時)。小学3~6年の3年間を香港で過ごした経験を持つ。留学中はスタートアップでのボランティアを通して起業家と密接に関わり、デジタル…

皆さん、こんにちは。ブリスベンオフィスの清水です。 ブリスベンでは年間で一番寒い時期が到来し朝方の気温が一桁台の今日この頃です。 さて今年も留学生とブリスベン駐在員の方々による交流会第3弾が某外資系監査法人オフィスのご協…

こんにちは。Global Vision シアトル支局の石田麻実と黒瀬友梨です。私たちは、それぞれ日本で社会人を数年経験した後、2017年9月よりIBP ビジネス留学プログラムに参加しています。 前回の記事(ベルビューカレ…

  ワシントン大学コース 50期生 日本で半導体系商社に勤めた後、社会人留学。IBP 留学前には3ヶ月間フィリピンで語学留学を経験。渡米後、ベンチャーに強い興味を持ち、日本とシアトルのスタートアップコミュニティ…

シアトルには比較的多くの日本人がいます。その中の社会人の方の働き方は、起業する人やシアトルに本社を持つ大企業に勤める人など様々でしょう。そこで筆者は、シアトルで活躍する日本人ビジネスパーソンに対して取材を行い、そこから何…