グリフィス大学コース IBP生の1日(既卒)Vol.1

profilename

グリフィス大学コース 50期生 立命館大学既卒(プログラム参加時)。帰国子女で、IBP 留学前には IELTS や英単語の勉強に力を入れた。ゴールドコーストのキャンパスに移動後、オーディションを経てアカペラ・サークルに入部し、入部後2週間でメルボルンの大会に出場。

1学期の平均的な一日

06:45
起床
08:00 ー 08:15
通学
08:15 ー 10:15
アカデミック英語クラス(前半)
10:45 ー 12:45
アカデミック英語クラス(後半)
14:00 ー 15:00
ビジネストレーニングクラス
15:30
帰宅(大学内の寮)
15:30 ー 18:00
昼寝
18:30 ー 20:00
夕食&フラットメイトと団らん
22:00 ー 00:00
宿題
01:00
就寝

04

アカデミック英語クラスは、現地の大学で必要となるエッセイの書き方や、ディスカッションの方法などについて学べて、英語力の改善に役立ちました。一方ビジネストレーニングクラスでは、オーストラリアの産業の実態などを学び、オーストラリアに対する興味が深まりました。課題はディベートやプレゼンテーションの準備などが多く、プライベートとの両立が大変でした。1期目は大学内の寮に住んでいたため、休みの時は寮内の友達やクラスで仲良くなった子と出かけたりしました。

2学期の平均的な一日

07:30
起床
08:20 ー 08:50
通学
09:00 ー 10:00
レクチャー授業
12:00 ー 14:00
チュートリアル授業1
14:00 ー 16:00
課題
16:00 ー 18:00
チュートリアル授業2
19:00 ー 21:00
アカペラのサークル
21:30
帰宅(シェアハウス)
21:30 ー 22:00
夕食
22:00 ー 00:00
課題
01:00
就寝

選択した授業は全て試験がなかったため、学期中は作曲や CG 制作、ウェブサイト制作など、ほとんど課題制作に時間を注ぎました。締切日が重なった時などは、同時進行で複数の課題を進めなければならず、忙しかったです。上級生用の授業では、使ったことのないソフトウェアや未経験のことも自分で調べて進める必要があり、正直辛いと感じた時もありました。でも、サークル活動など楽しいこともあったおかげで、何とか最後までやり遂げられました。

通学中
私はトラム(路面電車)での通学だったのですが、駅が大学に直結していたため、通学時間は約10分でした。トラムに乗っている間は、音楽を聴くなどして自分に喝を入れていました。

特技を生かしてサークルに参加

01

私は歌うことが大好きなので、ゴールドコーストのキャンパスに移動後、アカペラ・サークルに入部しました。入部時にはオーディションもありましたが、合格して入部2週間後にはメルボルンの大会に出ることができました。自分のパートや振り付け、歌詞も全て覚えなくてはならなかったので、その2週間が一番大変でしたね。大会後も毎週練習に参加していました。私は授業を5つ取っていて、常に課題に追われていたのですが、毎週水曜にあるそのリハーサルだけは一度も休みませんでした。私にとって最後のリハーサルの日には、メンバーがみんなでビッグハグをしてくれて、とても嬉しかったです。

生活リズムの変化

02

日本にいた頃は、何となく日々が過ぎていくことを当たり前に思っていました。けれども留学中は、何もしていない日があると「何かしなくちゃ!」という気分になります。限られた時間の中にいると、きっと1日を大切に生きるという気持ちが芽生えるのだと思います。日本では理由なく夜更かしもしていましたが、留学中は課題の締切間近の時以外は午前0時や1時に寝て、朝早く目覚めています。留学してから1日1日の重みや大切さを感じるようになりました。

一番伸びたのは会話力

03

留学して一番伸びたのは英会話力だと思います。私は幼い頃イギリスに住んでいたので、リスニングには自信がありましたが、日本では英語を話す機会があまりなかったため、英語で自分の意図を思い通りに伝えるのは困難でした。でもオーストラリアに来て、いろいろな人と会話をして、英語がすらすら話せるようになりました。自分の思ったことを伝えることができたのが、一番嬉しいです。

 

Comments from IBP

自分の好きなこと、打ち込めることがあると、それを軸に留学生活の基盤を作ることができます。特に実力がある人は、言語のハンデを乗り越えて周囲と信頼関係を築きやすいので、ぜひ強みとして生かしてください。留学を終えた後も、生涯にわたって続く関係が得られるかもしれません!

留学生活

ベルビューカレッジコース 49期生(2013年4月〜留学) 国際基督教大学社会学専修3年(プログラム参加時)。IBP 留学前には、大学のプログラムの一環でアメリカの大学に6週間短期留学。ダンスが得意で、渡米早々ダンスクラ…

皆さん、こんにちは。ブリスベンオフィスの清水です。 ブリスベンでは年間で一番寒い時期が到来し朝方の気温が一桁台の今日この頃です。 さて今年も留学生とブリスベン駐在員の方々による交流会第3弾が某外資系監査法人オフィスのご協…

こんにちは。Global Vision シアトル支局の石田麻実と黒瀬友梨です。私たちは、それぞれ日本で社会人を数年経験した後、2017年9月よりIBP ビジネス留学プログラムに参加しています。 今回は、同じシアトルに留学…

シアトルには比較的多くの日本人がいます。その中の社会人の方の働き方は、起業する人やシアトルに本社を持つ大企業に勤める人など様々でしょう。そこで筆者は、シアトルで活躍する日本人ビジネスパーソンに対して取材を行い、そこから何…

こんにちは、今日の記事は、Global Visionブリスベン支局の名取あかね、松岡華乃が担当させていただきます!   IBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの生活の様子について 学内 日用品スーパー 街の様子…

  ワシントン大学コース 50期生 日本で半導体系商社に勤めた後、社会人留学。IBP 留学前には3ヶ月間フィリピンで語学留学を経験。渡米後、ベンチャーに強い興味を持ち、日本とシアトルのスタートアップコミュニティ…

ベルビューカレッジコース 49期生 千葉大学法経学部法学科3年(プログラム参加時)。IBP 留学前にはイギリスのオックスフォードで4週間語学留学を経験。大の野球好きで、シアトル・マリナーズが拠点にするセーフコ・フィールド…

こんにちは。Global Visionブリスベン支局の松岡華乃と名取あかねです。 今回は私たちが参加しているIBPビジネス留学プログラムグリフィス大学コースの語学研修プログラム期間での授業以外の時間の過ごし方についてご紹…

  ウエストミンスター大学コース 50期生 創価大学経済学部経済学科3年(プログラム参加時)。留学前にもさまざまなプロジェクトや国際交流・リーダーシッププログラムなどを通して積極的に海外へ渡航し、土台を構築。留…

グリフィス大学コース 50期生 立教大学経営学部国際経営学科3年(プログラム参加時)。IBP留学前には、アメリカのシアトルやカナダのトロントで各1ヶ月間の語学・インターンシップ留学を経験した。3学期中から学部授業と並行し…