ここ10年で大成長!サンフランシスコで IT 系スタートアップ企業が盛んな理由とは?

アメリカを代表する世界都市の一つ、サンフランシスコ。観光地としてはゴールデンゲートブリッジ、ランバート通り、フィッシャーマンズワーフやアルカトラズ島などが有名で、アメリカ最古にして最大のチャイナタウンがあるのもサンフランシスコです。

また、サンフランシスコとそれを囲むサンフランシスコ湾周辺には、Facebook、Apple、Google、Twitter などの巨大 IT 企業がずらり。最近日本でもよく耳にする Airbnb や Uber といったイノベーション企業も、ここサンフランシスコから始まりました。

今やサンフランシスコは観光地としてだけではなく、世界を牽引する一大ビジネス地帯としても注目が集まっています。

IT 系スタートアップが盛んなサンフランシスコ

以下のグラフは、Seedtable の調査による IT 系スタートアップが盛んな都市ランキングです。サンフランシスコは群を抜いて起業する人が多いことがわかります。

Infographic: San Francisco Has the Most Active Start-Up Scene | Statista You will find more statistics at Statista

サンフランシスコ市内に居住する人口は80万人未満である一方、仕事をするために毎日サンフランシスコへやって来る人の数は実に200万人以上。クリエイティブなデザイナーやハングリー精神あふれるエンジニアが集まって新規ビジネスの話し合いをあちこちで繰り広げ、街全体が新たなイノベーションを生み出そうと活気づいています。

また、スタンフォード大学やカリフォルニア州立大学バークレー校など、優秀なだけでなくIT系や工学系に秀でた大学も多いため、そこで専門的な勉強をした学生がシリコンバレーで起業をするという流れもあります。

そんな起業家精神を持った人々を地元の投資家や資産家が後押しし、成功した起業家たちがまた次の起業家を育てるという強力なエコシステムが出来上がっているのです。

サンフランシスコに本社を置く代表的なスタートアップ企業

サンフランシスコで生まれたスタートアップ企業の中には、世界的に有名になった企業も少なくありません。その多くは、ここ10年の間に起業された企業です。

1. Uber

カーシェアリングサービスの先駆けとなった Uber は、2009年創業。Fortune 誌の記事によると、2016年9月の時点での月間利用者数は世界で4000万人に上るそうです。

An UBER application is shown as cars drive by in Washington, DC. (Andrew Caballero-Reynolds/AFP/Getty Images)

参考)Uber Now Has 40 Million Monthly Riders Worldwide | Fortune.com
http://fortune.com/2016/10/20/uber-app-riders/

2. Airbnb

日本でもサービスを展開している、空き部屋シェアサービスの Airbnb。2008年創業で、公式サイトの発表によると、現在の利用者は1億5千万人超。

Airbnb

3. Pinterest

お気に入りの画像をブックマークしてシェアする Pinterest は2010年創業。Forbes 誌によると、2016年10月の時点で月間利用者数は世界中で150万人に達成したそうです。

@Pinterest office in San Francisco, great workplace! #architecture #archdaily #pinterest #sanfrancisco #office #workplace #california #startup

参考)Pinterest Reaches 150 Million Monthly Users, Boosts Engagement Among Men
https://www.forbes.com/sites/kathleenchaykowski/2016/10/13/pinterest-reaches-150-million-monthly-users/#6ebeb5e7732e

4. Dropbox

オンラインストレージサービスの Dropbox は2008年創業。Fortune 誌によると、2016年3月の時点で500万人の利用者を抱えているそう。

Dropbox

参考)Dropbox Claims 500 Million Users | Fortune.com
http://fortune.com/2016/03/07/dropbox-half-a-billion-users/

5. Evernote

クラウドノートサービスの Evernote は2008年創業。こちらも2016年7月の時点で、利用者数は200万人を超えています。

Evernote CEO Phil Libin.png
By Cory M. GrenierFlickr, CC BY-SA 2.0, Link

参考)Evernote: number of users 2016 | Statistic
https://www.statista.com/statistics/446885/number-of-evernote-users/

新たなイノベーションを作っていく者を歓迎するここサンフランシスコでは、今後まだまだこれらのような影響力のある企業が現れてくるでしょう。

そんなサンフランシスコで、インターンシップを通して起業家精神やエコシステムの仕組みを見てみませんか?

※サンフランシスコで1年間学んで働く IBP ビジネス留学プログラムの詳細はこちら:
http://www.iccworld.co.jp/ibp/university/sanfrancisco/

info

Company name「株式会社BAKE」 1986年北海道生まれ。慶應義塾大学商学部2年時に休学し、IBP36期生として米国シアトルのワシントン大学に留学。大学卒業後は丸紅に就職し、菓子食品課で流通菓子の営業などに従…

現在、オーストラリア・クィーンズランド州への5ヶ月間の留学が支援される『Best Semester Abroad』というコンテストが開催中です。 航空券から学費、生活費、宿泊費がサポートされる奨学生に選ばれるためには、1…

Company name「TRUST ENGLISH ACADEMY」 1972年、長野県伊那市生まれ。伊那北高校、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大学卒業後、長野県下の銀行で5年半勤務した後、IBP25期生として米…

今、「機会があれば留学をして英語力を高めたい」と願う社会人の方が増えています。ビジネス留学のプログラムを提供している ICC にも、仕事帰りの社会人の方が多く来社されます。ただ、学生とは異なり社会人留学のハードルは高く、…

成長するアジア圏のマーケットを狙う野心家が集まる国、オーストラリア 数多くの政治家やビジネス界のリーダーを輩出する、オーストラリア国内屈指の総合大学グリフィス大学。 ビジネスの他、環境学、アジア学、国際関係、観光、スポー…

将来航空業界での就職を目指す、エアライン留学プログラム。アメリカの空港でインターンシップができる人気のプログラムですが、なんと今回、その中でも特に人気のサンディエゴコースで滞在費がディスカウントになります! エアライン留…

根強い人気のキャビンアテンダント・グランドスタッフへの道。航空業界への就職は依然として狭き門であり、就職活動でのライバルも多いです。 そこでICCでは2001年、エアライン業界への就職を目指す学生・若手社会人を対象に、「…

皆さん、こんにちは!ブリスベンオフィスの清水です。 ブリスベンでは「Women in the Global World」として海外で成功、またはご活躍されている女性をお招きし女性目線からのお話を伺うキャリアトーク会を2ヶ…

先週、”大学生夏休み特別企画” の一環で『アメリカビジネス留学&外資系企業就職セミナーを』開催いたしました!昼間のセミナーにも関わらず、夏休み中ということで多くの大学生にご参加いただきました! ゲ…

学生向け奨学金制度「トビタテ!留学JAPAN」の募集が7/1にスタート! 大学生の留学費用をサポートする「トビタテ!留学JAPAN」の奨学金制度。日本の未来を担うグローバル人材育成のために、政府と企業が一体となって運営さ…