留学するのにベストな学年は何年生?前編

こんにちは!今回の記事はGlobal Visionブリスベン支局の園部宏樹が担当します。

園部宏樹
大学:中央大学文学部 既卒
出身:新潟県
趣味:バスケ、釣り
オーストラリアの好きなところ:天気のいい日が多いところ

今回の記事では、留学を決める際の悩みの1つである「どの学年で留学すれば、最も充実した留学にできるのか?」という悩みを解決していきたいと思います。

「留学はしてみたいけれど、いつ留学すればいいのかがわからない。」
「留学するかどうか悩んでいるうちに長い時間が経ってしまった。今からでは、もう遅いのだろうか。」

そんな悩みを抱えている人は多くいると思います。
特に、1年間の留学プログラム中に大学の学部授業やインターンシップを経験できるIBPプログラムでは、就活のことを強く意識し、就活時期と留学が重ならないように留学時期を調整する参加者も多くいます。そこでIBPグリフィス大学コースの現役生に、どの学年で留学をするべきか悩んだ経験があるかどうか、また留学するのにベストな学年はいつだと思うかインタビューをしました。

参加者のうち、大学3年生、4年生、既卒生、そして社会人のIBP生にもインタビューしました。

まず1人目は、大学3年生を休学して留学をしている日比彩楓さんです。

大学3年生の場合

日比彩楓
大学:京都女子大学現代社会学部 3年(休学)
出身:京都府
趣味:カフェ巡り、ダンス
オーストラリアの好きなところ:多様性豊かなところ

Q1. 留学しようと思ったきっかけや理由を教えてください

観光学を勉強したいと思って、観光学が世界でも有名なグリフィス大学にすることを決めました。

Q2. 留学時期で悩んだことはありますか?

本当は一年生が終わってからすぐ留学したいと思っていました。観光学を勉強したいと思い始めたとき、すぐ留学したいと思ったのですが、親を説得するのに時間がかかってしまって(笑)それに英語の勉強自体はずっとしていたのですが、出来るだけ英語力を身に付けていた方が留学中に得られるものも多いと思ったので、結局二年生が終わってから留学することにしました。

Q3. 今の学年で留学することのメリット・デメリットは?

二年生が終わって、三年生を休学して留学するメリットは、就活まで時間に余裕があることです。帰国した後、就活に向けて自己分析する時間もたっぷり取れるし、留学中の経験を踏まえて、自分がやりたいこととマッチする企業を探す時間も十分とれることですね。

デメリットは、就活までの時間が空いてしまうこと日本で学んでいる勉強と就活に関する知識が足りないことです。帰国した後にすることを明確に決めていないと、たっぷりある時間を無駄に過ごして、留学中に得た英語力や意識も衰えていってしまうと思います。

加えて、二年生が終わった段階だと、就活に関する知識が足りなくて、将来に向けて留学中何をしたらいいのか、わからなくなってしまうこともあるかもしれません。私は幸い観光学を学ぶという目標があったので、その面で悩むことはあまりなかったですが、留学中の目標があった方が充実した時間を過ごせると思います。
勉強面では日本で勉強している分野について、二年生が終わった段階ではあまり深い知識がないので、それに伴って留学中の勉強もより深いことを勉強することは難しくなってしまいますね。

Q4. Q3を踏まえて、留学時期を早めたり、遅らせたりすればよかったと思ったことは?

ないです。私は今の時期が一番自分に合っていたと思います。早ければ、英語の面で苦しんでいたし、遅ければ、留学中に就活のことに気を取られてしまっていたと思います。なので、2年生が終わって3年生を休学して留学する選択は間違っていなかったと思います。

Q5. ズバリ留学は何年生でするのがベストだと思いますか?

今の自分の学年(大学3年休学)がベストだと思います。


日比さん、ありがとうございました!日比さんは、観光学を学びたいという目標があり、早い段階から留学を意識していたみたいですね。

日比さんは、

メリット

  • 帰国後、就活の準備をするための時間がたっぷり取れる
  • 英語のレベルを上げておくことができる

デメリット

  • 就活まで時間が空いてしまうことで英語力やモチベーションの低下の可能性がある
  • 勉強面、就活面での知識不足

というメリット、デメリットを考慮して3年休学という選択をしたことが特徴的でした。最後の質問にも自信を持って答えてくれたので、日比さんの選択は日比さんにとってベストな選択だったのだと感じました。


2人目は、大学4年生を休学して留学中の児島七海さんです。

大学4年生(休学中)

児島七海
大学:中央大学法学部 4年(休学中)
出身:神奈川県
趣味:テニス、映画鑑賞、読書
オーストラリアの好きなところ:色々な国の食べ物が食べられるところ

Q1. 留学しようと思ったきっかけや理由を教えてください

高校3年生の春休み(大学入学直前)の時に、それまで通っていた英会話教室に留学プログラムで2週間ケアンズにホームステイしたことがきっかけで、長期で留学しようと思い始めました。その時の実際にそれまで学んでいた英語を使って、異文化交流をすることの楽しさを知って、大学生のうちに絶対に1年間は留学しようと思っていました。
大学に入学して、日本でもますます英語の必要性が高まっていることを知りました。それと同時に、自分の将来英語を使って仕事をしたいという気持ちとそのために留学を経験したいというモチベーションが高まって、留学に踏み出しました。

Q2. 留学時期で悩んだことはありますか?

基本的にはありません。大学の先輩たちで大学3年生が終わってから留学する人が多かったので、なんとなく留学は4年生を休学して行くようなイメージがありました。そのため先輩方と同じような時期に行こうと考え、実際に今大学4年生を休学してオーストラリアに来ています。

IBPプログラムは春出発と秋出発があるので、大学3年の秋に行くのか、それとも大学4年の春に行くのかという点では少し迷いました。でも、大学3年生の間に学んでいることをしっかりやり遂げてからの方が、留学中の勉強にもしっかり繋げられると思いました。そのため、大学3年生を終えてから春に出発するタイミングで参加することを決めました。出発前は意識していませんでしたが、大学3年生の秋に日本のインターンシップを経験したことで、留学中の目標もはっきりさせることができたので、大学3年生を終えて出発する選択は間違っていなかったと思います。

Q3. 今の学年で留学することのメリット・デメリットは?

メリットは、3年生の勉強をやり遂げられることインターンシップを日本で経験してから来ることができることです。

勉強面では、3年生を最後まで日本で過ごすことで、日本の大学での専攻に関する知識がより身につきます。私の大学では3年次からゼミに所属することができるので、留学前にゼミに所属して自分の専門分野を深めてから留学しようと考えていました。そのおかげで、留学中により深い学びを得られていると実感しています。今授業を履修している現地のグリフィス大学での授業選びで悩むこともなく、今履修している授業にも満足しています。

就活面では、3年の秋のインターンシップを経験してから留学をすることで、留学をどう将来に繋げたいか目標がより明確になりやすいと感じています。また、留学で得たことを帰国してからすぐ就活に反映させることができることもできます。早く留学すると帰国してから就活までに時間が空いてしまって、自分の将来への軸がぶれてしまったり、英語力が落ちてしまったりすることがあるかもしれないです。

一方でデメリットは、留学後にすぐ就活があることで留学中の焦りや不安が高まってしまうことです。留学中は様々な価値観やいろいろな人と出会うことを通して多くのことを得ることができます。でも、就活がすぐ始まると考えると、留学中に得たことを整理する時間を帰国後に十分取れないので、「留学中になんとか整理しよう」、「どんどん変化する自分の考えをなんとか落ち着けよう」と焦る気持ちが留学中に生まれてしまって、苦しくなってしまう時があります。これらは4年生で留学することのデメリットだと思います。

Q4. Q3を踏まえて、留学時期を早めたり、遅らせたりすればよかったと思ったことは?

結論から言うと、思ったことはないです。もし、早く来ていたとしたら3年生の秋スタートするプログラムで留学していたかもしれません。でも、勉強面を考えると、3年生を終えてからの方がよかったので、3年生を終え、4年休学というタイミングでちょうどよかったです。

Q5. ズバリ留学は何年生でするのがベストだと思いますか?

私と同じ4年生です。日本の大学で勉強していることを留学でより深めたいと思う人には、3年生を終えてからがベストだと思います。ただ、日本の大学に入学してみて、日本で今自分がいる環境が合わないと感じている人や、新しいことに挑戦してみたい人はもっと早い時期の方がベストかもしれません。そうすることで残りの大学生活をもっと充実させることができると思います。


児島さん、ありがとうございました!児島さんも高校時代の経験から、早い段階で留学のことを意識していたようですね。

児島さんは、

メリット

  • 3年生の勉強をやり遂げられること
  • インターンシップを日本で経験してから留学することができること
  • 留学で得たことをすぐに就活に反映させることができる

デメリット

  • 帰国後、就活がすぐ始まるので、留学中に不安や焦る気持ちが生まれてしまう

というメリット、デメリットを考え、大学4年生を休学し留学することを決めたようです。大学4年生での留学は、勉強面では深い学びができ、就活面では留学の経験をすぐに就活に生かせると述べていた点は日比さんと対照的な点でした。


今回は、2名のIBP生にインタビューしました。次回は、既卒で留学中の新井くんと社会人のKさんの2名にインタビューします!お楽しみに!