ひと言で教えてください!「一年間のインターンシップ留学はどんな経験でしたか?」

「一年間の留学経験を一言で表すと?」

ICC国際交流委員会では、現地の企業でインターンが経験できるIBP留学という留学プログラムを運営しています。

これまでIBP留学に参加した修了生はなんと4300人以上!

先日、ICCのオフィスにてIBP留学経験者が集まる機会がありましたので、彼らに留学経験を一言で表してもらいました。

留学に興味がある方、一年間の留学を経験した人の生の声を、是非参考にしてみてください。

 

人生のターニングポイント

大迫 康紘さん

ウエストミンスター大学
外資系製薬会社勤務

英語がまったくできない19歳のときに奨学金に応募しIBP留学をしました。帰国後、TOEICスコアは300点アップし大手航空会社に就職、その後MBA留学も果たしました。すべての始まりはIBP留学であり、この経験がなければ今のキャリアはありません。

 

自分らしく挑戦できる機会

K.Sさん

ウエストミンスター大学
大手化学企業勤務

1年という長い期間をどう過ごすかは、すべて自分次第です。英語をツールにしながら、自ら発想して自ら実行。自分らしく挑戦し続けることが大事だと思います。

 

0を1にする一歩

大野 礼奈さん

グリフィス大学
トビタテ留学JAPAN1期生

0には何をかけても0。でも、1に何かをかけたら、かけた数字分だけ大きくなります。留学を通して私の経験値は0から1になりました。あとは1を100にするだけです。

 

夢の実現を可能にするもの!

土屋 淑恵さん

グリフィス大学
大学職員

新卒で就職した会社を辞めてIBP留学をしました。帰国後、インターンの経験をアピールして念願の組織に就職することに成功!IBPのおかげで夢が叶い、今は毎朝起きるのが楽しいです!

 

やってみたい!を受け入れてくれる場所

兼久 紗織さん

グリフィス大学
学習院大学

海外で授業を受けるだけでなく、ボランティアや仕事もしてみたい。やりたいことが多かったからこそ、IBP留学を選びました。私のチャレンジを受け入れ、支えてくれたICCの方々にも感謝です。

 

5年後帰りたい場所をつくってくれたところ

桑葉 智江さん

グリフィス大学
津田塾大学

初めて生まれ育った日本を離れ、色々なことがありました。現地で出逢った人たちには、また5年後くらいに逢いにいきたいです。逢いにいくというか、帰るという感覚が近いかもしれません。そんな場所ができるとは思っていませんでした。

 

自信+経験

王 欣若さん

グリフィス大学
上智大学

IBP留学のインターンシップ経験を通して、「自分は海外の会社でも働いていける!」という自信がつきました。この自信と経験を武器に、就職活動でも自分をアピールできました。

 

「挑戦」を教えてくれた場所

後藤 祐輔さん

グリフィス大学
明治大学

新しい環境に飛び込むこと。英語でコミュニケーションをとること。この二つは僕にとって大きな挑戦でした。IBP留学がなかったら「挑戦」することの本当の意味を知らなかったかもしれません。

 

人生の転換期

馬場 良至さん

ベルビューカレッジ
大手銀行内定

IBP留学をするまでは、失敗することが怖くて挑戦ができない自分でした。でも、留学を通して失敗することに随分と寛容になりました。失敗というリスクをはらってでも得るものがある。自分の性格まで変わってきたような気がします。

 

Diversified

大橋 達徳さん

ベルビューカレッジ
早稲田大学

高校までインドやベトナムなど途上国に住んでいたので、先進国の暮らしが知りたくてIBP留学に参加しました。Diversifiedな経験を積み、自分のこと、日本のことをより客観的に見ることができるようになりました。

 

みなさんが利用したIBP留学についてはこちら
海外インターンシップとキャリア留学 IBPプログラム