VOICES 修了生の声
コースで探す
キャリアで探す
インターン先で探す
検索
キャリア、ビジネス、IBPがよくわかる「GLOBAL INSIGHT」
ビジネス留学情報ブログ「GLOBAL VISION」
2018年
古賀 英里子
ERIKO KOGA
出身校:慶應義塾大学 看護医療学部
コース:グリフィス大学
キャリア:社会人
留学期間:2017年10月〜2018年9月
インターン先:GELI(教育)
留学前:看護師
帰国後:大手コンサルティング会社 入社

一歩踏み出す勇気を手に入れた留学

IBPプログラムを選んだ理由を教えてください。

留学を通して語学力を伸ばしたいと思っていましたが、それと同時に語学以上の経験も得たいと考えていました。その時に、大学でビジネスを学問として学び、その後インターンという経験で実際のビジネスを肌で感じることができるこのプログラムを知り、ぜひ参加したいと思いました。

留学前はどんな準備をしましたか?

大学で授業を受けるのにIELTSのスコアが必要であったためそのための勉強をしました。ただ実際は仕事との両立でうまくいかなかった部分もあり、もう少し余裕をもった準備ができていたら、よかったと思っています。

留学先を選択した理由を教えてください。

人柄や気候、治安が良く、以前旅行でオーストラリアを訪れた際また来たいと思っていたのも大きな要因でした。またカウンセリングの際に、グリフィス大学は語学を伸ばしたり、勉強したりするのにいい環境だと聞き、ここにしようと決めました。

研修地に到着した時の街の印象はどうでしたか?

到着後1週間ほどは天気が悪く、さらに春先で寒かったこともあり、「私の知っているオーストラリアと違う!」と思ったこともありましたが(笑)、ブリスベンは街自体のサイズもちょうどよく生活するうえで困ることはありませんでした。また街にはカフェがたくさんあり、各々が自分の時間を自分らしく過ごしているブリスベンという街の空間がとても魅力的に映りました。


キャンパス内の設備など、日本の大学と比べてどう違いましたか?

グリフィス大学は全体の印象としてコンパクトな感じがあります。ですが、施設は綺麗で勉強できる環境も整っているので課題に集中して取り組めると思います。また寮がキャンパス内にあるのもすごく便利で恵まれた環境だなと思います。

英語研修はどのような内容でしたか?

学部授業が始まった際に、大学の授業を理解し、学びを深められるようにという意図があり、授業の内容もアカデミックな視点で進められていました。そのためアカデミックな文章の書き方やプレゼンテーション、ディスカッションなど大学で実践的に使える英語が中心だったような気がします。

学部授業ではどんな科目を選択しましたか?

マーケティングの基礎と発展の授業を一つずつとビジネスコミュニケーションの授業を履修しました。

特に興味を持って取り組んだ授業を教えてください。

起業の視点から学ぶマーケティングの授業が一番興味深い授業でした。授業は主にワークショップが中心に行なわれ、授業では一人ひとりが事業を立ち上げるとういシミュレーションのもとで、商品を作るところからブランディングし、どのように顧客を集め、消費者のロイヤリティを高めるか、またそのためのプロモーションの方法など一連の流れを疑似体験しながらマーケティングを学びました。とても時間がかかる大変な授業でしたが一番学びの多い授業でもあったと思います。

IBPビジネストレーニングはいかがでしたか?印象に残っている内容と感想を教えてください。

レジュメやメールの書き方、インタビューの練習などはインターンシップをするうえとても役立ちました。また、間違いを直接指摘してもらえるので、より効率的にビジネスマナーを学ぶことができたのではないかと思います。そして留学中は一番身近なところにインターンシップというビジネスの場があるのでレジュメやインタビューのスキルをすぐに使え、この対策があったことで不安の軽減につながりました。
また、帰国後も仕事で日本人以外の人と接したり、メールをしたりすることがあるのでこのような学ぶ機会があったことは大変よかったと思います。

留学中に参加したサークルやアクティビティはありますか?

現地でロッククライミングのコミュニティーに参加していました。そのコミュニティーはみんなで楽しくやろうというカジュアルなものだったので、自分のスケジュールに合わせ参加することができ、また他のメンバーも同じような感じなので毎回違う人にも出会うことができ楽しかったです。他にはランゲージエクスチェンジという英語を勉強したい日本人と日本語を学びたい他国の方との交流の場にも参加しました。お互いがお互いの言語や文化に興味がある人の集まりなので、会話が弾みました。
あとは現地のバイリンガル小学校でボランティアする貴重な機会もあり、地元の子供たちと触れ合えたことはとてもいい経験となりました。


課外活動から得たものは何ですか?

ロッククライミングにおいては現地の人とスポーツを通して関わることで、話さなきゃと会話することに気を取られず、楽しみながら自然と仲を深めていけるところがよかったと思います。そして他のどの活動においても共通していえることは、年齢もバックグラウンドも違う様々な人と出会うことができるため、話す内容や考えることもその都度違い、自分自身の視野が広がったように思います。

コミュニケーション力向上のために努力したことは?

どちらかというと、もともとおしゃべりなほうでも積極的なタイプでもなかったので、努力をしないと、という意識は常にありました。何かイベントやみんなで集まる機会があるときは可能な限り参加し、人と会話するときも英語がわからないという理由で発言するかしないかためらってしまうような場面では、間違っていてもいいからトライするように心がけていました。
もちろんいつもこのモチベーションを保てていたわけではありませんが、留学という限られた期間での人との出会いは大切にしようと思いはありました。

インターンシップ先について教えてください。

レギュラーコースのIBP生が通う、グリフィス大学付属の語学学校GELI(Griffith English Language Institute)でインターンをしました。ここではグリフィス大学進学のために必要な語学力を身に付けるため各国から学生が集まり、私自身も学生として15週間ここで学びました。

そこではどんな仕事を担当しましたか?

受付に来る生徒さんやエージェントからの電話での問い合わせに対する対応、学生が参加するアクティビティの同行や入学時のオリエンテーションなど、在籍している生徒さんあるいは今後入学する生徒さんに対するサポート全般を行っていました。


インターン中、苦労したことは?

会社という場所で人は何をしているのかという基本的なことですらイメージができていなかったので、自分がインターンシップで何ができるのかということを掴むまで時間がかかりました。またやはり言語の壁を感じることは多々ありました。特に電話での応対は表情も見えず音声も聞きとりづらいため、自分の発した言葉が相手にきちんと伝わったのか、失礼はなかったのか、そもそも自分はきちんと相手の言っていることを理解できていたのかなど不安が大きかったです。

日本と現地のICCオフィスの対応について、感想を聞かせてください。

オーストラリアの地で生活するということや海外の大学で学ぶこと、インターンシップをすることなどわたしにとっては様々なことが初めてであり、不安もたくさんありました。しかしすぐに相談できる場所がある、人がいるということが大きな安心感につながり、とても心強かったです。また日本とオーストラリアの両オフィスの方が私のことを知っていてサポートしてくださっていたので、出発前、現地、帰国後と安心して日々過ごすことができました。

留学前、留学中そして帰国後にIBPキャリアサポートをご利用された場合は、その感想を聞かせてください。

留学中にIBPのキャリアサポートを利用しました。今までのキャリアやこれまでの経験から考えていたこと、自分がしたいと思っていることなどをお話し、それをもとに今後の就職についてアドバスをいただきました。
お話をさせていただく中で、それまで自分のなかで明確だと思っていた考えも実はきちんと定まっていないことに気付いたり、ほかにも自分では気づいていなかった興味関心の対象を知ったりと、自分の進路を再度見つめなおすきっかけになりました。

転職活動で留学での体験はプラスになりましたか?

以前とは全く異なる職種へ転職を希望していたので、留学先でビジネスを学んだという経験は企業の方に興味をもっていただくきっかけの一つになったかと思います。またグローバルな仕事をしたいと思っていたので、海外での経験は転職理由と関連付けて一貫した説明につなげることができたように感じています。

留学、インターンシップをどのようにアピールしましたか?

ビジネスを学んだことで社会の枠組みを理解でき、今までと異なった視点や広い視野を得られたこと、また留学したことで他国の文化を理解し、今まで以上にグローバルな仕事に興味を持ったことを挙げ、これらを今後の仕事生かしていきたいということを伝えました。

社会人での留学をプラスにするため、留学中どんな事を意識しましたか?

転職時に留学した理由やそこで学んだことは必ず聞かれるので、何事も目的や目標をもって授業やインターンシップに取り組むこと、つまり何をしたいのか何を学びたいのかを考えながら時間を過ごすように心がけました。

留学をふりかえり、自分自身が変わったと思うところはありますか?

一歩踏み出す勇気を得ることができ、物事に対する視野がとても広がったように思います。いままであったら躊躇してしまっていたことも、今は何でも「やってみよう」と前向きに行動できるようになりました。
また、多国籍国家のオーストラリアにいたことで、様々な国の方と出会う機会も多く、自分とは違った価値観や思考を知ることができたことも、留学したからこその学びであったのではないかと思います。


IBP留学を希望している人に向けて、アドバイスをお願いします。

IBPでは大学の授業やインターンシップに加え、課外活動などたくさんの恵まれた機会があります。いつもチャレンジし続けられる環境があることは大変ありがたく、おかげで充実した留学となりました。1年という限られた時間ではありましたが、限られた1年だからこそ無我夢中になって何でも吸収して意味のある時間を過ごせと思いますし、これから留学に行かれる方にも同じような経験をしてもらいたいと思います。

*体験談の内容は寄稿時の情報です。

コースで探す
キャリアで探す
インターン先で探す
検索
キャリア、ビジネス、IBPがよくわかる「GLOBAL INSIGHT」
ビジネス留学情報ブログ「GLOBAL VISION」
大変恐れ入ります。5月6日まで営業をお休みしております。ご相談をご希望の方はこちらからご予約ください。
ご予約
IBP International Business Professions