VOICES 修了生の声
コースで探す
キャリアで探す
インターン先で探す
検索
キャリア、ビジネス、IBPがよくわかる「GLOBAL INSIGHT」
ビジネス留学情報ブログ「GLOBAL VISION」
2017年
K.Y
K.Y
コース:ワシントン大学
キャリア:社会人
留学期間:2016年03月〜2018年01月
インターン先:Mitsubishi Aircraft Corporation America(航空)
前職:日系人材サービス会社
帰国後:外資系人材サービス会社

留学の目的を見失わないための自己管理が成功に繋がった

IBPプログラムを選んだ理由を教えてください。

学生時代に留学を経験していたこともあり、やはり純粋な日系企業ではなく外資系企業でより多様な人々と働いていきたいと思っていました。そのためには国際的なビジネスの知識や感覚ならびに英語のブラッシュアップが必要と感じ、ビジネスを学ぶだけでなくインターンシップを通して実践も出来るIBPプログラムを選びました。

留学前はどんな準備をしましたか?

正直留学を決めてから前職を退職するまでは仕事が忙しく、特別に何か準備をすることはできませんでした。ただ、日々出来るだけ映画や読み物などを通して英語には触れていたので、それをずっと続けていました。

留学先を選択した理由を教えてください。

学生時代にすでにアメリカの大学で現地生とともに学部授業を受けることは経験していたため、それよりもよりビジネスに焦点を当てて勉強の出来るワシントン大学のプログラムを選択しました。また私たちの代からUWではOPTも取得出来るようになったため、それも大きな決め手になりました。

研修地に到着した時の街の印象はどうでしたか?

実は学生時代に留学していた先も同じワシントン大学だったため、到着した時はとても懐かしく感じたとともに、嬉しかったです。到着後は、現地の友達ともすぐに連絡を取り再会を楽しんでいました。

キャンパス内の設備など、日本の大学と比べてどう違いましたか?

今回の留学ではメインのキャンパスではなく、シアトルダウンタウンにあるキャンパスでの授業が主でした。ただ授業後はメインキャパスの図書館などでよく勉強していました。メインキャンパスにある図書館はシアトルの観光スポットになっているくらい素敵で、あの規模感や設備(本の多さやカフェなどの設備)はなかなか日本では見れないと思います。

留学中に参加したサークルやアクティビティはありますか?

少しでもローカルの人々との接点を増やそうと、ボランティアにはいくつか参加しました。 また3ヶ月ほど、ローカルの小さなマーケティング会社でもマーケティングリサーチをする機会もいただきました。特にUWプログラムではGlobal Marketingを学ぶ学期があったため、そこで得た知識を実践出来たことは貴重な経験になりました。また、たまたま出身大学のOB会がシアトルにもあったため、その集まりにも積極的に参加しました。

課外活動から得たものは何ですか?

プログラムに参加している仲間だけでなく、ローカルの人々と積極的に関わることで英語力の向上とアメリカの文化や価値観を理解することが出来ました。加えて、マーケティング会社での経験で、ビジネスで実際に使われる英語やアメリカ人の働き方を知れたことも大きな収穫でした。

コミュニケーション力向上のために努力したことは?

積極的に現地の人と関わるようにすること。これがコミュニケーション向上の一番の近道だと思います。そのため、ボランティアやMeet upの活用など自主的に情報を集め、人と関わる機会を得るよう心がけていました。


インターンシップ先について教えてください。

インターンシップはMitsubishi Aircraft Corporation Americaで行いました。ワシントン州で飛行機の飛行試験を行っており、その試験サイトにあるSupply Chain Management部でインターンをさせていただきました。

そこではどんな仕事を担当しましたか?

飛行機の主な部品を供給しているアメリカのサプライヤーも現地で一緒に働いていたため、日本人とアメリカ人のやり取りをコーディネートしたり、現地で必要になったアイテムの購入サポート(Quotation requestsやPurchase Ordersの発行など)もしました。

インターン中、苦労したことは?

特に現地で物を調達する際のアメリカ人とのやり取りで何度か苦労しました。ビジネスに対するスタンスの違いなのか、期限を決めて同意の上要求しているにもかかわらず対応が遅かったり、何をしてもらうにもしっかりと一字一句言葉で指示しないとうまく進まないなど、トラブルに繋がりかねないことがありました。ただ慣れてくると、そのことを念頭において動けばよいことなので、日本とは違ったビジネスコミュニケーションを経験できて結果的には楽しかったです。

日本と現地のICCオフィスの対応について、感想を聞かせてください。

日本オフィスでは出発前からお世話になっており、留学中も保険の延長対応などいつも迅速に対応くださいました。また現地では、学校のプログラムについての相談や、ボランティア/インターンシップ情報提供など、いつも親身に相談に乗ってくださり、とても心強かったです。本当にありがとうございました!

就職活動で留学での体験はプラスになりましたか?

ビジネス英語の習得ならびに日本人以外と働く経験ができたので、現在の職場でもその経験が役立っています。


留学、インターンシップをどのようにアピールしましたか?

やはりビジネスで使える英語力があること、ならびに海外で日本人以外と働いていたという事実が転職での面接でも大きなメリットであったと思います。何か特別アピールをしたというよりは、現職が外資系であることから面接はすべて英語でしたが、実際問題もなく通過出来ましたし、面接の際も面接官が外国人の場合はどのようなコミュニケーションの取り方をしながらアピールすれば良いかがわかっていたため、今までの経験(前職の経験含め)をうまく伝えられました。

社会人での留学をプラスにするため、留学中どんな事を意識しましたか?

何のために留学にきたのか、理由・目的を見失わないように気をつけていました。留学生活が始まると思った以上に時間が過ぎていくのが早いです。目の前のことばかりに集中するのではなく、時には自分を振り返り、当初立てた目標を達成するために今自分はどこにいるのか、今後どう行動していくのかと自己管理していました。そうすることで、より充実した留学生活が送れたと思います。

留学をふりかえり、自分自身が変わったと思うところはありますか?

より行動的になったと思います。また今後のキャリアについても深く考えるようになりました。アメリカの就職市場を知れたことで、国際的に活躍できるようになるにはこれからどのようなスキルを身につけるべきなのかもはっきりしてきました。帰国後も現状に満足せず、さらにステップアップしていきたいです。

IBP留学を希望している人に向けて、アドバイスをお願いします。

留学をしようかどうか迷っているならば、絶対に行動するべきです。確かにお金もかかりますし、社会人の方は現職を辞めることになるのでより決断に勇気がいると思います。ですが、それらのリスクをとってでも留学はする価値があると私は思います。また、留学をすでに決断されている方は、より充実した生活が送れるよう、ぜひ目的を持って留学を楽しんでくださいね!

*体験談の内容は寄稿時の情報です。

コースで探す
キャリアで探す
インターン先で探す
検索
キャリア、ビジネス、IBPがよくわかる「GLOBAL INSIGHT」
ビジネス留学情報ブログ「GLOBAL VISION」
大変恐れ入ります。5月6日まで営業をお休みしております。ご相談をご希望の方はこちらからご予約ください。
ご予約
IBP International Business Professions