VOICES 修了生の声
コースで探す
キャリアで探す
インターン先で探す
検索
2019年
三木 康裕
YASUHIRO MIKI
出身校:神田外国語大学 国際コミュニケーション学部
コース:グリフィス大学
キャリア:大学生
留学期間:2018年3月~2019年2月
インターン先:麦の穂グローバル(食品)
内定先:日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社(コンサルティング)

シンガポールのインターン先でマーケティング戦略が採用されました!

IBPプログラムを選んだ理由を教えてください。
外国語大学に通う私は英語自体を学ぶのではなく、英語でビジネスなどの科目を学ぶ学部留学を検討していました。様々な留学エージェントを回る中で学部留学はもちろんのこと、留学先の学びをIBPのビジネスプロジェクトでアウトプットできること。海外インターンという形で実践的な経験ができることからIBPを選びました。

留学前はどんな準備をしましたか?
IBPの参加基準点を満たすため大学の図書館でTOEFLの勉強をしました。 また、私の大学では認定留学という形で留学先での学びが日本の大学に単位換算できるのでその手続きも行いました。

留学先を選択した理由を教えてください。
グリフィス大学はビジネスからアートまで幅広く留学生が履修できることから魅力を感じました。新しいこと、様々なことを学びたい方にはオススメだと思います。混み合った街や寒い国ではなく自然豊かで暖かい環境で過ごせることも選択した理由です。

研修地に到着した時の街の印象はどうでしたか?
ブリスベン:想像していた以上に自然豊かでした。街中には人工ビーチや大きな公園がありゆったりとした時間が流れているのが印象的でした。自然が多いからといって不便なことはなく交通機関やショッピング街もありバランスのとれた街だと思いました。
シンガポール:大きなビルやショッピングモール、電光掲示板が立ち並びにアジアの最先端国を肌で感じました。あらゆる言語が飛び交い活発的な国という印象でした。

キャンパス内の設備など、日本の大学と比べてどう違いましたか?
パソコンやミーティング室のある図書館は広いかつ夜遅くまで開いているため勉強する環境ははるかに日本の大学より充実しています。そのほかにもカフェやレストランがあり便利です。

英語研修はどのような内容でしたか?
英語でのレポートの書き方やプレゼンテーション、ディスカッションなど学部留学するための準備という内容です。 生徒は全員、ノンネイティブですし先生も優しく教えてくれるので英語でのコミュニケーションに慣れていない方でもついていける研修だと思います。


学部授業ではどんな科目を選択しましたか?
マーケティングとアート(芸術)、組織行動学の授業を選考しました。

特に興味を持って取り組んだ授業を教えてください。
組織行動学の授業です。対個人、グループ、会社の中で人々はどうのように考え行動するかという内容です。最後の課題としてグループレポートとプレゼンがあり、私以外はオーストラリア人の5人グループで課題を行いました。初めは内容が難しいことや会話についていけないことから足を引っ張る存在でしたが、唯一の日本人であることを武器に日本の独特な「タテマエ」や「お辞儀」についてグループに説明そしてプレゼンしたことで現地の生徒、先生にも褒めてもらった思い出があります。 芸術はアートを専門とする生徒に混じって1ヶ月ごとに絵画や彫刻など様々な芸術を学び、自由なテーマで実際に課題作品を作成するという内容でした。日本の外国語大学に通う私としては美大生になった気分でした。


IBPビジネストレーニングはいかがでしたか?印象に残っている内容と感想を教えてください。
英語で実践的なビジネスノウハウを学ぶ役立つプログラムでした。 日本と海外では全く異なることが新たな学びでした。例えば履歴書は自分の自由にレイアウトが作成できること。また志望理由は履歴書に記入するのではなくカバーレターを作成すること。実際にプログラムでの学びは海外インターンや就職活動に大いに役立ちました。

留学中に参加したサークルやアクティビティはありますか?
大学内ではテコンドー教室やバスケットボール、サッカーチームに参加。 学外ではドラゴンボートレースという1つの大きなボートを約20名で漕ぐレースに日本チームとして参加。また日英のバイリンガル小学校に日本語の先生としてボランティアもしました。

課外活動から得たものは何ですか?
学内の活動は大学の友達が増えました。試合後にみんなでご飯を食べに行ったり、ホームパーティーに誘ってもらったりと楽しい思い出ばかりです。 学外では永住や駐在など様々な理由でオーストラリアにいる日本人の方とお知り合い、話す機会があり刺激的で貴重な経験を得ることができました。


コミュニケーション力向上のために努力したことは?
私が生活していた8人共同生活の寮で自分の部屋に篭らずになるべく共有スペースのリビングにいてフラットメイトと一緒に宿題やご飯を食べて過ごすようにしました。

インターンシップ先について教えてください。
シンガポールでシュークリームを商品として扱うF&Bの会社で3ヶ月間インターンをさせていただきました。オフィスにはシンガポールやマレーシア人、様々な社員さんが計20人いました。私がお仕事させていただいた会社は日系なので日本人も社長含め5人いました。 日本人は上司でしたが仕事は全て英語でした。


そこではどんな仕事を担当しましたか?
主にマーケティグのお仕事に従事。工場・店舗の研修から多額の出資で作成させていただいた新商品のPOP、ブランドのプロモーション動画など幅広く任せていただきました。 その中でも特に印象深いのがジャカルタの販売戦略を提案したことです。ビジネスを展開している国々のアンケート集計に従事していた私はインドネシア・ジャカルタでは家族ニーズがあることを数字から発見しました。そこでニーズに答えたシュークリームの10個入りボックス販売して客単価をあげるという戦略を提案して採用していただきました。

インターン中、苦労したことは?
ビジネスにおいて数字は重要であるにも関わらず、数字や経済から避けてきた私は売上などの財務の仕組みを理解するのに時間がかかりました。そしてそれらを元に物事を説明する難しさにも直面しました。苦労はしましたが数字を根拠に論理的に説明することの大切さと力が鍛えられました。

日本と現地のICCオフィスの対応について、感想を聞かせてください。
とても気さくで話しやすいです。留学前は実際にプログラムを参加した人がどんなことをしていたか教えてくれるので自分がどんな生活を送れるか想像しやすいです。現地カウンセラーは日本でもオーストラリアでも経験豊富な方なので留学中の悩みから将来のことまで相談できます。プログラムを終えた今でも人生相談に乗ってくれる大きな存在です。

留学前、留学中そして帰国後にIBPキャリアサポートをご利用された場合は、その感想を聞かせてください。
キャリアサポートの方は留学中に面談する機会があることから自分自身を知ってもらった上で自己分析から業界・会社選び、面接練習まで良い意味で厳しく見ていただけるので大変お世話になりました。

就職活動で留学での体験はプラスになりましたか?
プログラムで新たな環境、経験、人との出会いをする中で自分はどんなことをするのが好きか。また、どういう価値観で働きたいかが少しでも見えたので就職活動をする上ではプラスになりました。


留学、インターンシップをどのようにアピールしましたか?
プログラム中は毎日が新しい体験なので留学もインターンも一貫して「挑戦」というか形でアピールしました。また、インターンでは実際に提案が採用されたという実績という形で能力を証明しました。

留学をふりかえり、自分自身が変わったと思うところはありますか?
見えている世界や考え方が圧倒的に広がりました。いろんなコンプレックスを持っていたのですが人によって価値観も能力もバラバラで正解はないです。またIBP生や留学先の友達、オーストラリアで活躍する方々と出会えたことで人生にはあらゆる選択肢があることを学びました。事実、私はIT業界に進むのですがIBPプログラムに参加していなければありえなかったと思います。

IBP留学を希望している人に向けて、アドバイスをお願いします。
一歩踏み出さなければ何も始まりません。泣きたいほど辛いことや死ぬほど楽しいこともありますが結果それらは全て自分の成長や自信となります。勇気を出して挑戦して下さい。 「LIFE is about courage and going into the unknown」

*2019年10月時点での情報です
コースで探す
キャリアで探す
インターン先で探す
検索
お問い合わせ
TEL 0120-033-470