オーストラリア同窓会(オーストラリア領事館主催)に参加してきました!

オーストラリア同窓会 in 大阪

在大阪オーストラリア総領事館が主催した、オーストラリアの大学・大学院の留学経験者のための同窓会にラジオ大阪国際交流委員会のスタッフが参加してきました。

同窓会の参加条件現在社会人または大学院生で、過去に

  • オーストラリアの大学/大学院でBachelor, Honours, Master, PhD を修了した方、または
  • 交換留学/スタディアブロードプログラムで1セメスター以上留学した方、または
  • 大学/専門学校にてディプロマ以上 (Diploma, Advanced Diploma, Graduate Certificate, Graduate Diploma) の資格を取得した方。

国籍は問いません。

 というもの。オーストラリア領事館よりICC生に周知してご招待してください、という連絡が来ました。

ふむふむ、ICCから留学した上記の条件に当てはまる関西近郊に在住している方々、、、大学大学院留学、IBP留学、、、いっぱいいそうだぞ。。。

とのことで、みんなにメールを書き書き、ご招待・・・。

というところで、ふと気が付きました!あら、私も同窓生。ぜひ参加しよう!

なんと参加者140名以上!

関係者を差し引いても100名以上の同窓生が会場のリーガロイヤルホテルに集まりました。

遠方からの参加者も。。。。

関西圏にこんなにオーストラリア留学をした人がいるんだ!いえいえ実は、名古屋や台湾!からもわざわざこの同窓会のために大阪にいらした方が何人もいました!

参加者は多国籍

もちろん、日本人だけでなく、オーストラリア人も中国人も韓国人も参加していました。

世代もバラバラ

1970年代にシドニー大学へ留学されていた方から、一昨年卒業しました、なんて方まで世代もバラバラ。

留学先の大学も様々

留学先もシドニー大学、ANU、モナッシュ大学、メルボルン大学、UWA、カーティン、マードック、グリフィス、南クイーンズランド大学、キャンベラ大学、UQ、QUT、アデレード大学、フリンダース大学、UniSA、ディーキン、ニューイングランド、ウーロンゴン、マッコーリー大学、ボンド大学、UTS、各専門学校から本当に様々。

同じ大学の卒業生を探して、ウロウロ。同じ州内の卒業生を見つけて握手。

やっぱりみんなオージー気質

ほとんどの方がお一人で参加。おっかなびっくり、壁の花になることも覚悟で同窓会会場に来た方もいましたが、すっかりオージー気質が身についている同窓生たち。世代、国籍、留学先を問わず、ふつうに声を掛け合って、すぐに打ち解けます。すっかり、昔からの友達のような集団も。フェイスブックのアカウントやLINEのアカウントを交換したり、名刺を交換したり、ネットワーキング。あっという間に時間がたちます。

オーストラリアへの留学経験者は本当にオーストラリアが大好き!思い出話にも花が咲く、今のお仕事についての話にも花が咲く。会場は大賑わい。

そして、オーストラリアワインを堪能!

オーストラリア、といえばワイン!

西オーストラリア州、ビクトリア州、南オーストラリア州はワインの名産地。とてもおいしいワインが沢山ありますが、隠れた名産地はクイーンズランド州。知る人ぞ知る、クイーンズランドのワイン。

そして、なんと、ラジオ大阪国際交流委員会のスタッフ、抽選でクイーンズランド州のワインが当たりました!

オーストラリアの大学・大学院はここがすごい!

教育の質

オーストラリアの大学は教育の質が高いことでも有名です。世界大学ランキング200位以内に8校がランクイン(QS)。オーストラリア全41校のうち約20%もの大学が200位以内にランクインしています。これは世界でトップの割合。世界のTOP3% と呼ばれる500位以内には半数以上の21校、世界のTOP5%にはほとんどの大学がランクインします。

治安

治安はとても良く、日本での生活とほぼ遜色なく生活できます。

日本からの距離・時差

日本から直行便で10時間前後と近く、時差も±1時間と少ない。

と、おすすめポイントもたくさん。

でも、何よりこれだけの留学経験者が同窓会に集まったことが大学・大学院の良さを証明しています。みなさん、時がたってもオーストラリアに留学したことに満足していること!改めて、オーストラリアの大学・大学院留学の素晴らしさを実感した1日でした。

大学・大学院留学のご相談はラジオ大阪国際交流委員会まで。

 

2016-06-04 | Posted in 大学・大学院の留学No Comments » 

関連記事